ゆるカワなイラストに心ほぐれる! 『mizutama 文房具シリーズ』、全面抗菌仕様のマルチフォルダーなど人気文具が発売

 

大人気イラストレーター・mizutamaさんが描くのほほんとしたイラストが目を惹く『mizutama 文房具シリーズ』が新発売。マスク収納に便利な「全面抗菌マルチフォルダー」、大事なポイントがひと目で分かる切り離せるふせん「ココサス」、二つ折りにしたお札が入るスクエアサイズの「ポチ袋」のラインアップ! おかっぱ頭の女の子がトレードマークのキュートなデザインはもちろん、機能性も高い3アイテムの魅力をレポートしてみた。

 

持っているだけでほっこり気分! かわいいがぎゅぎゅっと詰まった『mizutama文房具シリーズ』

株式会社ビバリー(東京都中央区)が新発売した『mizutama 文房具シリーズ』は、消しゴムはんこ作家であり、イラストレーターのmizutamaさんのかわいいイラストが入ったステーショナリーのシリーズ商品。

丸みのあるやわらかなタッチと、同じくやわらかな色合いを組み合わせたデザインが、かわいいもの好きにはたまらない。さっそく、新登場した3つの文房具を紹介していこう!

 

マスクもパスポートもチケットも! 大切なアイテムを1つに保管できる抗菌マルチフォルダー

左から:おはな、おうち、おめかし、ホリデー

『全面抗菌マルチフォルダー』 (全3種・希望小売価格 税抜480円・発売中)は、表裏に抗菌加工を施したマルチフォルダー。
長さ21cmほどのクリアファイルは、トレンドの小さめバッグにもすっきり収納できるコンパクトサイズ。抗菌加工されているので、使用前のマスクを清潔な状態で保管することができる。
外出先での食事の際に、外したマスクの一時保管にも便利だ。

マスク以外にもレシートやチケット、ICカード、パスポートの収納にも!

たっぷり入るサイズの違う4ポケットつきだから、好きなものを収納してカスタマイズして使える。レシートやチケットはペラペラしていて財布に入れると折れ曲がったり、ICカードやパスポートバッグの中で迷子になったり、と保管するのが難しいだけに、細々したものをひとつにまとめられるのはありがたい。

 

大事なのはどこだっけ? がなくなる優秀目印ふせん

左から:ホリデー、おめかし、おはな

『ココサス』(全3種・希望小売価格 税抜450円)は、切り離して使う新発想の紙ふせん。雑誌や書籍を読み返すとき、「ブックマークしたはいいけれど、どの情報が大切だったっけ?」といった経験をしたことはないだろうか。
そんなときに活躍するのが本製品。
色や形でリンクするから、大事な情報がひと目でわかるのが最大の特徴だ。
使い方はいたって簡単。
本を読んでいて気になるところにココサスを貼ったら…。
ミシン目で切り離して長い方をブックマークに!

すると、本を開いた瞬間に気になっていた箇所が一発で分かるという仕組み。
カタログ、雑誌、辞書にはもちろん、地図や教科書にも使うことができるため、旅行中や資格勉強などさまざまなシーンで記憶を呼び起こすための手助けとなってくれるはず。
 

あげて楽しいもらってうれしい! スクエアサイズのポチ袋

左上から時計回りに:おさげ、おはな、ホリデー、おうち

『ポチ袋』 (全3種・希望小売価格 税抜300円)は、お札が二つ折りで入るスクエアサイズのポチ袋。

裏面には、名前やメッセージが書けるメモ欄つき。
大切な人へ渡すときは、ちょっとしたメッセージを添えてみるといいかも。
千円札を半分に折って入れのにちょうどいいサイズ感!
お札以外にも小銭やクリップ、アクセサリーなどの保管にも最適だ。
付属のシールで封をすれば、封筒そのものがプレゼントのようなキュート仕上がりに。
身近な人にちょっとしたお礼や言葉を伝えたいとき、メッセージカードをそのまま渡すのもいいけれど、かわいいポチ袋に入れて渡せば、より特別感が出て喜ばれそう。
 

日々の生活に心温まる小物を

うっすらとした山吹色にアイスブルー、心安らぐ生成り色。mizutamaさんが描くイラストは、どれも見ているだけでほっこりとしたいい気分になれるのが不思議な魅力。

最近、多忙や疲れで表情がこわばっているかも…なんて感じているなら『mizutama 文房具シリーズ』のアイテムをバッグやデスクにしのばせて、毎日の通勤中やお仕事中に癒されてみては。

購入はオンラインショップや文具店などから。
 
公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

きたやま あさみ

きたやま あさみ

20代女性。主婦ライター。小学生の頃から趣味だったお菓子作りの経験を活かし、現在はレシピ記事も多数執筆中。インド・スイスの帰国子女。

この記者の記事一覧

photo by きたやまあさみ

トラックバック