『ミニストップ・今週の新商品』復活!揚げたてカウンターFF『ちびたこ』や、『ふわもちロール 安納芋』『手巻ベーコンエッグ』など!

ミニストップ

 

注目フードをピックアップする『ミニストップ・今週の新商品』2020年9月23日(水)時点で発売されている新商品には、食欲の秋・ボリューミーなご飯ものや、「ソフトクリーム」などで人気の高いレジカウンターで注文する「カウンターFF(ファストフード)」に『ちびたこ(マヨ&ソース)』登場!

 

ちびたこ(マヨ&ソース)198円(税込213円)


■販売地域
全国
■商品概要
かつおの風味が効いただし、キャベツ、ねぎ、紅しょうがを練り込んだ生地に、たこと、かつおと昆布の旨み豊かな関西風の甘口ソースとマヨネーズソースの2種のソースを入れて焼き、油で揚げた。注文後、店内の厨房で最終加工を行う「カウンターFF(ファストフード)」のため、揚げたてが食べられる。

 

 

ふわもちロール 安納芋 260円(税込280円)


■販売地域
全国
■商品概要
ふわもち食感のロール生地で、安納芋ホイップクリームと安納芋クリームを巻いた、季節感溢れるロールケーキ。

 

 

ねぎとろサーモンいくら丼 555円(税込599円)


■販売地域
関東・東海
■商品概要
サーモンとねぎとろの2種類の味が楽しめる。ねぎとろとサーモンスライスを5枚使ってボリュームよく仕上げ、さらに見た目も華やかないくらを、錦糸玉子の上へトッピング。

 

 

南部どり使用ミニとり飯 278円(税込300円)


■販売地域
東北・関東・東海・四国・九州
■商品概要
岩手県産「南部どり」を使用したとり飯。甘辛く煮込んだ南部どりのそぼろをふんだんに使用し、ご飯に混ぜ込み、さらにトッピング。彩りとアクセントに、錦糸玉子と野沢菜も加えた。

 

 

海老とたまごのアボカドサラダ 278円(税込300円)


■販売地域
関東・近畿・四国
■商品概要
アボカドペーストを練りこんだポテトマカロニサラダにぷりぷり食感の海老と、彩りにゆで卵をトッピング。

 

あんみつ 289円(税込302円)


■販売地域
全国
■商品概要
寒天ダイスの食感と、トッピングのホイップクリーム・白玉・絞りあん・さくらんぼ・みかん等を、別添の黒みつをかけていただく、カップあんみつ。

 

 

4種のチーズサンド 260円(税込280円)


■販売地域
全国
■商品概要
チェダーチーズ、ゴーダチーズ、クリームチーズ、マスカルポーネチーズの4種類のチーズを、ハムやたまごなど定番の具材と合わせたサンド。

 

 

彩り野菜のオムレツサンド 260円(税込280円)


■販売地域
関東・東海
■商品概要
野菜たっぷりのオムレツサンド。ポテト、ほうれん草、蓮根、人参が入ったコンソメ風オムレツに、ベーコン、香草トマトソース、ペッパーマヨネーズで味付。

 

 

オニオンソースのBIGハンバーグ弁当 460円(税込496円)


■販売地域
全国
■商品概要
ハンバーグに相性のいいオニオンソースを使用。ソースには刻んだ玉ねぎを加えて具材感のあるソースに。トッピングに炒めた玉ねぎを使用して、見た目と味のアクセントに。

 

 

スパイシーチキン(タンドリーチキン風味) 118円(税込127円)


■販売地域
関東・東海・近畿・四国
■商品概要
スパイシーなタンドリーチキン風チキンをパン生地で包み、表面にパン粉チーズをトッピングして焼きあげた。チキンとパンが相性抜群!

 

 

手巻ベーコンエッグ 100円(税込108円)


■販売地域
全国
■商品概要
ベーコンを塩・こしょう・醤油で香ばしく炒め、玉子そぼろと卵黄ソースを合わせ、程よいベーコンの塩味とたまごのまろやかさが合う具に仕立てた。

 

 

今週の総評

2012年まで発売していた一口サイズの小さな揚げたこ焼きが時をこえ、さらにおいしくなってリニューアル新発売。外側はカリッと食感、中側はくちどけよくマヨ&ソース入りなので、何もつけずに食べられる『ちびたこ(マヨ&ソース)』に要注目。また、ご飯もの『ねぎとろサーモンいくら丼』『南部どり使用ミニとり飯』もボリューミーでこだわり有り。もちろん『ふわもちロール 安納芋』などのスイーツも見逃せない。

 

あわせて読みたい:『ミニストップ・今週の新商品』秋スイーツ続々!『和栗モンブランソフト』『和栗シュークリーム』『和栗のマロンケーキタルト』など!

あわせて読みたい:【もちもちスイーツ菓子】餅とチョコ、紅茶が合体! 『もちもちショコラミルクティー味』はどんな味?

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

食レポからタバコ・コーヒーなどの体に悪い系、果てはIT、経済分野までフォローする新しもの好きライター。「わかりにくいをわかりやすく」がモットー。元「月刊歌謡曲/ゲッカヨ」編集長

この記者の記事一覧

トラックバック