大胆な破れも「貼って」瞬殺! 目立ちにくい『ボンド ストームガード® つや消し』でレイングッズを強力メンテせよ

 

いよいよ全国的に梅雨入りし、傘やレインコートが手放せない季節がやってきた。なのに、いざ使おうと思ったら、破れてた! なんて経験はないだろうか。長靴にも言えることなのだが、梅雨の季節にレイングッズに破れや劣化があってはマズい。そんなときの救世主とも言うべき強力補修テープを本記事でご紹介しよう。その名も『ボンド ストームガード® つや消し』。従来品のクリヤータイプと異なり、つや消しタイプ。マットな素材に使用したときの、目立ちにくさについてもお伝えしていきたい。

 

もう梅雨も怖くない。強力補修テープの大本命はコレ!

黄色と赤のパッケージデザインでおなじみのあの「ボンド 木工用」で有名な、コニシ株式会社(大阪市中央区)。今回ご紹介する『ボンド  ストームガード® つや消し』(希望小売価格 30mm幅・税抜620円、 50mm幅・ 税抜820円・発売中)は、そんなコニシが手掛ける、この梅雨の時期に必携の強力補修テープだ。

使用対象に合わせて30mm幅と50mm幅の2種をご用意。写真のものは50mm幅のタイプ。なんだかただのビニールテープにも見えるが、舐めてもらっては困る。とにかく耐久性に優れ、様々な対象の補修に用いることができるのだ。

梅雨時期の雨傘や長靴といったレイングッズはもちろん、アウトドア用品や自転車のサドル、トタン屋根、ガラス、浴槽など多くのものに使用可能。特殊フィルムにより耐候性・耐水性・耐熱性(-20~80℃)に優れ、劣化、黄変もなく、長持ちするのだという。さらにこちら、つや消しタイプなのでマットな素材のアイテムに特に最適である。

 

雨の日の必需品、レインコートと長靴を補修してみた!

雨の日にレインコートや長靴を使おうと思ったら破けてた…でも今使いたい! なんて経験がある人も多いのではないだろうか?

すぐに買いに行けない、そんな時に便利なのが『ボンド  ストームガード® つや消し』だ。ちなみに、レインコートなどのレイングッズはマットな素材感のものが多いので、今回のつや消しタイプの補修テープはとてもありがたい。

こちらのレインコートは写真のように破けがある。この破けた部分をさっそく『ボンド  ストームガード® つや消し』で補修してみよう。

使い方は簡単。剥離紙(台紙)のついたテープなので使用する分だけ伸ばし、あとはハサミで切って、剥離紙を剥がして貼るだけだ。

切る前に、離紙が付いたままの状態で貼りたい箇所の長さを測っておくと失敗がない。

厚みがあるのでテープ自体にしわも入らず、非常にスムーズに貼ることができた。

このようにマットな質感のアイテムに、『ボンド  ストームガード® つや消し』は自然に溶け込んでくれる。触り心地もさほど違和感がないのがすごい。

どこに貼ったのかパッと見では分からない

水漏れの気になる、別の折り畳み傘もこちらのテープで補修し、雨の夜に外に出てみたがまったく雨を通さなかった。質実剛健とはこのこと!

長靴のような生地の厚いものでも、『ボンド  ストームガード® つや消し』は余裕で破れや劣化を補修してくれる。

ツヤのある『ボンド  ストームガード® クリヤー』もあるので、素材によって使い分けても良いかもしれない。

しかもこちら、時間が経つほど粘着力がさらにアップするという。劣化するどころかパワーアップとはなんて頼もしいのだろう。

何かが破れてから買うのではちょっと遅い。破れたときのために家に必ず一つ置いておく、『ボンド  ストームガード® つや消し』はそんな心強い“家の味方”であるように思えた。ぜひこの梅雨の季節、本格的に雨が降り始める前に常備しておいてはいかがだろうか。

 

『ボンド  ストームガード® つや消し』の購入は全国のホームセンターや通販サイトにて。

 

あわせて読みたい: 雨にも熱にも負けない強力補修テープ『ボンド ストームガード クリヤー』! 何にでも貼れるから、もう破れも割れも怖くない

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

タカセ

タカセ

文系出身ライター。女性ばりに美容に関心がある。読みやすい記事を書くことがモットー。

この記者の記事一覧

photo by 尹哲郎

トラックバック