猫の日専用おやつ!? カンロ「ナッツボン」が『ニャッツボン』になって期間限定発売!

ピーナッツをふんだんに使ったキャンディ「ナッツボン」が猫パッケージで登場!

 

カンロ飴やピュレグミのカンロが、2月22日・猫の日に向けて特別な「ナッツボン」を発売! かわいらしい猫パッケージの『ニャッツボン』は、カリカリ食感が楽しい焙煎ピーナッツクランチキャンディ(人間用)。4種類のパッケージは、全て制覇したいかわいさ。可愛すぎるパッケージをさっそくチェックしてみた!

 

にゃんたるかわいさ! 猫パッケージのおやつ『ニャッツボン』が期間限定発売!

2月22日は、猫の鳴き声「ニャンニャンニャン」と数字の語呂合わせで読めることから「猫の日」として有名。今年は猫の日から始まり、令和初めての天皇誕生日(2月23日)および振替休日によって3連休になっている。猫好きさんは、猫祭りの準備をして来る日に備えてはいかが?

カンロ株式会社(東京都新宿区)が猫派のみなさんのために生み出した『ニャッツボン』(37g  1袋・参考価格 税込158円※消費税8%・2020年2月3日から全国CVS・レールチャネルで期間限定販売)は、猫の日をお祝いするための特別なおやつ! 1968年発売ロングセラー商品のピーナッツクランチキャンディ「ナッツボン」の猫の日に向けた限定パッケージ商品である。

ナッツボンといえば、50代以上の方々にとって親しみ深いクランチキャンディ。見た目は殻付きピーナッツで、噛むとローストキャラメル味のカリカリッとしたピーナッツクランチキャンディである。

あまりに独特のお菓子なので「噛むキャンディ」と表現した方がいいのか、「ピーナッツクランチ」と言った方がいいのか迷うところではあるが、「次から次へと食べたくなる」と個人的には思う。

つどえと言われると集うしかない

キャラメルの香りとまろやかな甘さがクセになるので、ナッツボンを食べたことがない人もぜひ猫の日をきっかけに『ニャッツボン』を味わってもらいたい。

 

個包装も猫ちゃんデザイン!

中身は、ローストキャラメルのナッツクランチが個包装になっている。

このひねり包装紙にも猫が隠れていて、これはニャッツボン限定パッケージだけ!

『ニャッツボン』のお味はというと、ナッツボンと同じくクランチ食感にこだわった3層構造キャンディ。

1層目は極薄のキャンディ、2層目は砕いたピーナッツを練り込んだキャンディ、3層目は砕いたピーナッツになっている。焙煎した香ばしいピーナッツを使用しているだけあり、噛んだ瞬間ピーナッツのいい香りが口の中にぶわっと広がる。

キャラメルの味がほどよい甘さで後を引く美味しさだった。コーヒーによく合い、スイーツを食べたくらいの満足感もあるから不思議!

 

『ニャッツボン』は4種類の限定パッケージで登場!

つどえ、ねこ好き。をキャッチコピーに登場した『ニャッツボン』は、今だけ4種類のパッケージを展開。かわいいを具現化したかのようなアメリカンショートヘアをはじめ、ぶでっとした貫禄ありありのにゃんこもいて猫好き心をくすぐるデザイン。これは全パッケージを揃えたい!

みんなでシェアしやすいので、オフィスや学校で配るのもおすすめ。バレンタインの友チョコ代わりにもいい。猫好きのお友達にそっとプレゼントしても喜ばれそうだ。

 

カンロ『ニャッツボン』は、今だけの期間限定発売で1袋あたり税抜147円。猫の日限定パッケージのかわいさ…!癒されること間違いなし。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

椿 景子

30代女性。年間1000点以上の菓子・ドリンク類を試食するスペシャリスト。兵庫県出身、マンション暮らし。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック