作業効率がグンとUP! キャップなしですぐ書けるノック式油性マーカー『マジックインキ マジックノック』をおためし

カチッと片手でノック!キャップなしでペン先が出し入れできる画期的な油性マーカー

 

いくらデジタル化が進み、紙やペンがいらなくなってきたと言っても、マジックの需要は無くならない。油性マーカーが必要なシーンで、両手が塞がって、マーカーのキャップが開けられない。いちいち両手でキャップを外すのが面倒…。そう感じたことはないだろうか。その煩わしさから解放される油性マーカー『マジックインキ マジックノック』が登場! 片手でワンノックするだけで使えるという新アイテムをご案内!

 

片手で使えて携帯に便利!スリム使用の『マジックインキ マジックノック』

手掛けるのは、寺西化学工業株式会社(大阪府大阪市)。学校や職場などで一度は目にしたことがあるかもしれない、「?」マークでおなじみのマジックインキを扱っている企業だ。同社は大正5年創業から、筆記用インクやクレヨンなどをメインに製造してきている。その100年以上の歴史ある文具メーカーが仕掛ける新商品は、作業効率を考えた、ノック式の油性マーカー『マジックインキ マジックノック』(太字2.5〜3mm/細字1〜1.5mm赤黒各2色・参考価格 税抜150円・2020年1月20日発売)

使用時

ボールペンやシャープペンシルのように、片手でカチッとノックしてペン先部分を出す油性マーカー。

例えば、大掃除や引っ越し作業、衣替えなど、書き込みが必要な際に、両手が使えないこともあるだろう。そんな時に、片手でノックするだけでペン先を出し入れできる油性マーカーがあれば、パッと使えて作業効率もグンと上がる。

太さは2種類。太字2.5〜3mm、細字1〜1.5mmで作業内容によって使い分けができる。色は赤と黒の2色展開だ。

クリップをノックしてもOK

油性マーカー本体には、クリップが付いているので、滑り落ちを予防できる。ちなみにクリップ部分をノックしても、ペン先の出し入れが可能。

作業の邪魔をしないスリムタイプ

携帯に便利なスリムタイプなので、胸ポケットなどのちょっとした隙間にも収納できて、邪魔にならない。

 

カートリッジ交換式で使い捨てしないエコマーカー

『マジックインキ マジックノック』は、『専用インキカートリッジ』(2本入/太字 細字 赤黒各2色・参考価格 税抜150円・発売)があるのでインク交換が可能。使い捨てしないエコ使用だ。交換用のカートリッジは2本入りで、1本の価格は税抜75円とコスパも良い。

   

『専用インキカートリッジ』の交換も簡単だ。ノック部分を反時計回りに回し、油性マーカー本体から軸を外す。次に、使用済みのカートリッジを取り出し、新しいカートリッジを差し込む。後はノック部分を時計回りに回して、本体にねじこめばOK。なんと、ものの1分で交換が完了する。これなら不器用な人でも、それ程面倒無く交換することができるだろう。

回して差し込むだけの簡単な交換手順

使いやすくコスパの良いエコアイテム、『マジックインキ マジックノック』の購入は、全国の文具店、ホームセンター、オンラインショップなどから可能。

詳細は公式サイトをチェックしてみて!

※「マジック」「マジックインキ」は、株式会社内田洋行の登録商標です。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック