太めのポテトフライにバター醤油が絡み合う!期間限定『カルビー 棒じゃがしょうゆバター味』

じゃがいもの味もしっかりと

 

手軽に食べられて人気のポテトスティック菓子に『カルビー 棒じゃがしょうゆバター味』が仲間入り! 期間限定でしか味わえないこだわりのしょうゆバター味は一体どんなテイストなのか、実際に食べて確かめてみた。

 

サクッホクッ食感と甘じょっぱいしょうゆバターがぴったりマッチ

カルビーの二大ポテトスティック菓子「じゃがりこ」&「じゃがビー」、あなたはどちらがお好みだろうか? ふかしたじゃがいもを裏ごしし、細長く成形して揚げた「じゃがりこ」はザクザクと重めのハードな食感、じゃがいもを皮つきのままカットして揚げた「じゃがビー」は「じゃがりこ」よりもソフトなサクサク感が楽しめるのが特徴で、どちらもじゃがいもの風味を活かすようにカルビー独自の製法で作られている。

記者は、初登場した1995年からポテトスティック菓子といえば必ず「じゃがりこ」というほどひたすら食べ続けていたが、最近になって「じゃがビー」のホクホク感の美味しさにも目覚めて、どちらも甲乙つけがたい状況である。

ファミリーマート『カルビー 棒じゃがしょうゆバター味』(38g・通常価格 税別141円・2019年12月17日発売)は、「じゃがビー」のように皮つきじゃがいもを使用したさっくりとした食感のポテトスティック。この時期にしか食べられない期間限定だ。

パッケージでは、コーン味ではないがかわいらしいキツネたちがなぜかじゃがいもを持ち上げている。チャック付きの袋を開けると、甘めのしょうゆバターの香りがふんわり漂って頬が緩んでくる。

 

皮つきのじゃがいもをそのままカットしたという不揃いでワイルドな棒じゃがたちは、カルビーでいうと「じゃがりこ」のようなザクザクとした固めの食感ではなく、かなり「じゃがビー」に近いサクサク感。大体4~5cmにカットされていて、子どもでもひと口で気軽に食べられそう。

食べごたえのある太めのポテトスティックに甘じょっぱいしょうゆと風味あるバターが絡み合って、一度食べだすと手が止まらなくなるようなクセのあるテイストに仕上がっている。皮つきの部分がホクホクとした食感を生み出して良いアクセントになっている。

このままでは全部食べてしまう……! という危機感のようなものがあったが、出先などでも気軽に食べられるスタンドパウチ型のパッケージになっているので、半強制的にチャックを閉めて一度に全部食べは阻止した。記者的には手に付いたしょうゆやバターの粉まで舐めたくなるほど、しっかりとした味付けのしょうゆとバターがとりこになるテイストで、期間限定といわず通年食べたいと思うほどのフレーバーだった。

やはりしょうゆ&バターの組み合わせはバツグンだと再確認させられた。ポテトフライは塩味のシンプルイズベスト派だ、という人にも、ぜひ一度食べてみてほしい美味しさであった。

数量限定でファミリーマートでしか手に入らないので、気になる人は早めにゲットすることをおすすめする。

 

あわせて読みたい:ネギたっぷり派大集合!ローソン限定『サンヨー 青ネギオイル仕立てのネギバカ にんにく塩ラーメン/三真 ポテトチップ 青ネギオイル仕立てのネギバカ 60g』

あわせて読みたい:スーパー「ライフ」限定の金色の贅沢ポテチ!『ライフプレミアム ポテトチップストリュフ塩味』を実食!

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

高橋 明日香

高橋 明日香

お菓子とネコ大好きライター。編集プロダクションにて、紙・webともに 編集者兼ライターを経験。北海道出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック