今までにない密着感!半透明なナノレベル繊維の『Gファクターフェイスマスク』はエステ級のご褒美パック

半透明なフェイスマスク!

 

女性の肌に対する悩みは尽きない。でも、ことあるごとに、エステに通うのは難しい。ならば自宅で出来るご褒美級のケアはいかがだろうか。Gファクターフェイスマスク』は、エステサロン仕様の美容液を配合したフェイスマスク。ナノレベル繊維で出来たマスクの密着感は、未体験の世界だという。未知の世界…ぜひ試してみたい!

 

1ヶ月分の美容液を1回分に閉じ込めたGファクターフェイスマスク』

『Gファクターフェイスマスク』(1枚・参考価格500円 税抜・発売中)は、「美肌は育てるもの」をコンセプトに、ツーウェイワールド株式会社(東京都渋谷区)が提案するご褒美マスク。「乾燥する」「ハリがほしい」「毛穴が気になる」等、日によって変化する肌の悩みに着目し、肌状態に合わせてケアができる製品だ。「10割(100%)の美」を目指し「十美LAB」というブランド名が付けられている。

『Gファクターフェイスマスク』は、エステサロン級の美容液を、1か月分に相当する30㎖配合した自宅ケア用のマスク。これで1回分だと言うから、なんて贅沢!それなのに、このコスパの良さには驚かされる。

 

エステサロン級の美容成分を使用したGファクターフェイスマスク』

マスクの種類は、ヒアルロン酸とビタミンC誘導体の2種類。

青のパッケージが爽やかなヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、高い保水力で乾燥から肌を守り、しっとりとした潤いをもたらす。

黄色のパッケージがフレッシュなビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は、毛穴を引き締め、ニキビを予防する。更にシワなどにも効果的な成分とされている。

どちらのマスクもヒト幹細胞培養液と3GF(EGF・FGF・KGF)を配合していて、肌のターンオーバーを助ける成分を使用。ヒト幹細胞培養液は、ヒトの脂肪から抽出したエキスのこと。ヒトの細胞に合う成分で、肌そのものを再生に導いてくれるそうだ。3GF(EGF・FGF・KGF)は、肌の再生を促す細胞成長因子であるアミノ酸のことをいう。

 

つるんと高密着!渇き知らずのマスクでぐいぐい保湿!

『Gファクターフェイスマスク』は、いつものマスクとは質感が違う。マスクには、植物由来の原料であるココナッツウォーターを元に作られた、バイオセルロースを使用。ナタデココのようにプルンとした肌触りを実現している。

見たことの無い、つるんとした半透明なマスク!

開封してみると、2枚の不織布に挟まれている。密着させる面の不織布を剥がし、肌にのせると、ぴたっと張り付いてすごい高密着!記者は自宅でパックをする際、浸透させるためにパックの上からラップで覆うことがあるが、結局あまりうまくいかないことが多い。このマスクの質感は、隙間なくぴったりと密着し、しっとりと肌を覆うことができる。

開封すると保護用の不織布で挟まれている

したたるくらい美容液がひたひた!

プルプルとした感触を想像していたが、どちらかと言うとつるりとしている。硬めの寒天のような触り心地だ。

お風呂上りに使おうと思い、あらかじめ冷蔵庫で冷やしていたので、ひんやりとしていて気持ちが良い。通常使用しているマスクとは違い、30分経過してもマスクがカピカピに乾くことはなかった。残りの美容液は、身体や顔に使用。トロリとしていて、皮膚を保護するように保湿される。

かなりの量が残るので全身に使える

しっかり吸収されるまで、少しべたつきがある。そのまま、就寝した。翌日肌がつるつるして、うすい膜で保護されているような保湿効果。

トロリとしている

全身でエステ級の美容液を体感!

とても贅沢な気分になれた。たまにはエステ級のご褒美を、自宅でゆっくりと体感してみてもいいかもしれない。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

おためし新商品ナビ編集部

おためし新商品ナビ編集部

2013年4月オープン。商品を実際に使ってみて、写真も撮り下ろすことを基本としています。情報提供はrelease@(アットマーク)shin-shouhin.com まで。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック