高純度の椿油を、髪にも全身にも使おう!ラベンダーの香り付きで、リラックス効果抜群の『保湿用オーガニック椿油「福寿」』

 

「ホホバオイル」「オリーブオイル」と並び、化粧素材の世界三大オイルと称されている「椿油」。ここ日本では、平安時代から髪や肌の手入れに使われるなど、特に馴染み深いオイルだ。とはいえ一言で「椿油」といってもピンからキリまであるが、『保湿用オーガニック椿油「福寿」』は、髪と地肌にハリと艶を与えるだけでなく、心身のコンディションを整え、リラックス効果まで発揮するという優れモノ。一般的な「椿油」と何が違うのか、その特長を早速紹介していこう。

 

使うたび心地よい香りに癒される高純度の椿油

株式会社アンティアン(東京都港区)から発売中の『保湿用オーガニック椿油「福寿」』は、日本一の椿の産地と言われる伊豆利島の樹齢30年15メートルを超える大木の実を原料に、「コールドプレス」と呼ばれる製法で 搾り出された超高純度の「椿油」。 人の皮脂に含まれるオレイン酸を85パーセント含み、酸化に強いという特徴がある。

超高純度の「椿油」で乾燥した髪や頭皮に油分を補給し、うるおいを保ってくれる。でも椿油って香りが・・・という方もいるかもしれない。これは超高純度の「椿油」に、プロバンス産有機栽培無農薬のラベンダーエッセンシャルオイルと白檀(サンダルウッド)エッセンシャルオイルを配合しており、使うたびにその心地よい香りに癒される。しかも合成界面活性剤無添加、防腐剤無添加、人工香料無添加なので、安心・安全だ。

 

ヘアケアはもちろん、フェイスケアやスキンケアにもOK!

「椿油」というとヘアケアのみに使うというイメージが強かったのだが、『保湿用オーガニック椿油「福寿」』の場合、これ1本でヘアケアはもちろん、フェイスケアやスキンケアにも使えるという特長がある。

 

フェイスケアに使用する場合は、洗顔後に化粧水で整えたあと3滴ほど「椿油」を手のひらにとり、良く伸ばしてから乾燥しがちな箇所に直接つけるだけ。あっという間にしっとりもちもちの肌を叶えてくれる。

スキンケアとして使用する場合は、濡れた状態の肌の方がより馴染みやすいので、お風呂上がりに使うのが望ましい。わずか数滴つけるだけでもラベンダーの香りが全身から立ち上り、リラックス効果も抜群! まさに就寝前の保湿ケアにうってつけといえるだろう。

 

洗い流さないタイプのヘアトリートメントとしても活用できる

ヘアケアに使う場合は、シャンプーリンス後に洗面器一杯のお湯に「椿油」を5滴ほどたらし、よく混ぜてから髪にかければOK。洗い流さないタイプのヘアトリートメントとして活用できるので、ベタつきが気になる人にはこの方法が最適だ。

また、タオルドライした濡れた髪に、手のひらに数滴とってよく伸ばして髪にもみこむように塗れば、ドライヤーの熱から髪を保護し、キューティクルを整え艶やかな髪へと導いてくれる。パサつきが気になる箇所にはもちろんスタイリング剤としても活用してもよいだろう。

瓶を逆さにして手に取ると出すぎる場合があるが、そんな時は別売りのポンプ(税抜き200円)をオススメする。

 

キャップをはずして装着すれば、ワンプッシュで適量が出せるのでより使いやすい。

『保湿用オーガニック椿油「福寿」』は、50ml入りで税抜き3,000円。「椿油」のなかでも高価な部類に入るが、少量でもヘアケア、フェイスケア、スキンケアと、多種多様な使い方ができるので、これ1本でヘアケアもスキンケアも保湿対策はバッチリ。香りも良く、品質にこだわる人なら、ぜひ一度試してみてほしい逸品だ。

 

購入はオンラインショップから。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡邊 玲子

好奇心旺盛で新しもの好き。得意ジャンルはエンタメ、ファッション、美味しいもの。東京都在住。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック