ふとした瞬間にビリビリ、ジンジン……。そんな不快な手足のしびれを原因からきちんと治せる7つの有効成分入り医薬品『アユミンS』!

手足のしびれを甘く見てはいけない!

 

手や指先がしびれて細かい家事がうまくいかない。立ち上がると足がジンジンとしびれている。夜、しびれが気になって眠れない、朝起きた時にしびれで起き出すのがひと苦労。このしびれ症状、放置すると激痛などにつながることもあるのできちんと治したい。アユミンSはそんなしびれの悩みに特化した効果の認められた医薬品だ。

 

しびれる原因は「血行の悪化」「神経の圧迫・損傷」「肩こりなどの随伴症状」の3つ

ではしびれの原因とは何なのだろう。一般的に原因とされるのは、以下の3つだ。

  1. 血行の悪化……運動不足や加齢などで、手足にまで血が行き渡らないと起こる。肩こりや腰痛などと関連が深い。
  2. 神経の圧迫・損傷……老化、肉体の酷使などで神経の通っている管が細くなったり、姿勢が崩れることによって神経が圧迫されて起きる、ピリピリした痛みを伴うしびれ。
  3. 肩こりなどの随伴症状……血行不良によって生じる肩こりや五十肩、腰痛などの関節痛が原因。

 

「まだそこまでひどくない」が危険な理由。放置することで「しびれの悪循環」が起こってしまう!?

そして「血行の悪化」「神経の圧迫」「肩こりなどの随伴症状」の三つはそれぞれ密接に関わり合っている。

例えば「血行の悪化」が起きると栄養不足が起きて「神経の圧迫・損傷」を生じてしびれ(時に痛み)が起こる。「神経の圧迫・損傷」は痛みやしびれとともに「肩こり(首痛、腰痛、関節痛)などの随伴症状」として表れる。そしてそれらの痛みは「血行の悪化」を招くのである。これが「しびれの悪循環」。

 

もちろんこの状態を放置しておけば慢性的なしびれだけでなく、耐えがたい痛みにまで発展してしまうことも、大いに考えられる。

 

 

悪化する前に医薬品でしっかり治す

こうした深刻な関節痛・神経痛につながる「手足のしびれ」は、きちんと科学的に効果・効能の認められた医薬品でしっかり治すことが肝心だ。

そこで紹介したいのが、漢方生薬研究所の第三類医薬品の『アユミンS』。7種の有効成分でしっかりしびれの緩和を行うことができる医薬品である。

 

アユミンS』は以下の3方向から「手足のしびれ」にアプローチしてくれるという。

 

「神経の痛みを緩和」
神経の圧迫にアプローチするため、末梢神経や自律神経の働きをサポートする「ピリドキシン塩酸塩」「シアノコバラミン」「ガンマ・オリザノール」の3つを国内承認品目最大量を配合して神経のしびれ・痛みを緩和する。

 

「血液循環の促進」
血行の悪化によってしびれ症状が悪化するのを、血管を拡張して血行を促進、栄養を体の隅々まで送り込んで痛みを緩和する「トコフェロールコハク酸エステルカルシウム」を配合することで解決。

 

「肩こり・関節痛の緩和」
肩こりなどの随伴症状にアプローチするのが、「ニコチン酸アミド」「フルスルチアミン塩酸塩」「パントテン酸カルシウム」の3種のビタミンB群。エネルギー代謝を促進、筋肉機能を維持することでしびれを緩和する。

 

これにより『アユミンS』は「しびれの悪循環」を根本的に解決していってくれるのだ。

 

 

実際に『アユミンS』を飲んでみる

アユミンS』は持ち運びにも便利なパウチタイプ。用法用量は1日1回2〜3錠。穏やかなイエローの小粒タイプの錠剤で、これといったニオイもないので非常に飲みやすい。

またコストパフォーマンスを考えても、1日あたり約66円というのは、お財布面でも続けやすいのではないだろうか。

 

気になる手足のしびれ、どうしようもなくなる前に『アユミンS』。早めの対策で健やかな未来へ!

今回は手足のしびれをメインに紹介したが、関節痛・神経痛・筋肉痛・腰痛、肩こり、五十肩・眼精疲労の緩和と、効果は幅広いので、それらの予防のためにも飲み続けたいと思った。

現在アユミンS』(90錠/約1ヶ月分・特別定期キャンペーンコース)は、下記公式サイトにて約72%オフの初回税込1,980円となるキャンペーンを実施中だ。2回目以降も10%OFFの6,091円(税別)でお得に購入でき、1回での休止・解約も可能なのでまずは試して自分に合った薬か確認できる。しかも今だけ注文者全員に高純度の軟骨成分サプリのグルコサミン&コンドロイチンサプリがついて送料無料のキャンペーン中!お得に始めるチャンスである。

 

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

塩田和夫

塩田和夫

東京都在住、WEBライター。フラットな視点が持ち味。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック