お待ちかね! ブームのちびだら飲みについに抹茶ラテも最適化『BEANS & ROASTERS 抹茶ラテ リキャップ缶』!

 

カフェで定番人気のドリンクメニューの一つ、抹茶ラテ。カフェではよく注文するけど、コンビニなどで買うとなるとなかなかしっくりしたものに出会えない……。なんていうこだわりアリの人にぜひ試してみて欲しいのが、人気コーヒーブランド「BEANS & ROASTERS」から新たなフレーバーとして登場した『BEANS & ROASTERS 抹茶ラテ リキャップ缶』だ。

 

ほっとする癒しのミルク感が主役で、抹茶テイストは控えめな脇役に徹しているところが心憎い

「BEANS & ROASTERS」は、癒しのカフェの味わいが楽しめるUCC上島珈琲株式会社から誕生した本格カフェブランド。このたびカフェラテやミルクティーと共に新発売されたのがUCC上島珈琲『BEANS & ROASTERS 抹茶ラテ リキャップ缶』(260g・実勢価格 税込 130円・2018年9月17日発売)だ。

「BEANS & ROASTERS」シリーズに新たな仲間が登場!

ラテと注文してカフェラテが出てくるのは、日本独自。本家イタリアで注文すると、ストレートに牛乳が出てくるんだそう。つまりラテとは単独では牛乳という意味なのだ。なので主役はコーヒー(エスプレッソ)だけではなく、紅茶でもいいし、今回のように抹茶でもいいのだ。

 

ぽてっとしたフォルムに、優しい色づかいでかわいいパッケージなので思わず手に取ってしまいそう。ボトル缶の抹茶ラテはあまり見かけないのでありがたい。なんでもこのブランドは“お持ち歩きカフェ”がテーマの一つとなっており、見た目だけでなく、それ以外にも要素が随所に。

リキャップ缶なので持ち運びが便利なのに加えて、飲み口が広いのでゴクゴク飲めるタイプ。まそれでいて260gと大容量なので、カバンに忍ばせて断続的にあちこちで一口ずつ楽しむのも、一気に飲み干すのもありというわけ。

パッケージに金色で「京都宇治抹茶使用」と書かれている。京都の抹茶と言われると、その由緒正しさに、気持ちが高まってくるのはなぜだろう。その先入観とともにキャップを開けると、期待通りの上品な抹茶の香りがする。

 

缶コーヒーなどは振ってから飲む人も多いかもしれないが、こちらは中身が噴き出してしまうことがあるようなので、振らずにいただこう。

実際飲んでみると、見た目通りミルク感がたっぷりで、まさに“ミルクリッチ”という感じ。

 

ちなみに「BEANS & ROASTERS」はコンセプトとして全ての商品に統一して濃厚さへのこだわりがある。なので味の仕立てが抹茶感とミルク感が50/50かというと、ちょっと違う。抹茶ラテなので主役は抹茶かと思いきや、どうやらミルクの方がリッチな味わいで主役級。抹茶はサラサラと薄めで、あくまで脇役に徹している。後味に多少茶葉の渋みを感じる程度なのは、抹茶ラテの抹茶が濃すぎると苦味が出すぎて飲みにくくなるという特性のためか。

抹茶好きな記者としては、もうちょっと抹茶の存在感があればいいなと思わないでもないが、抹茶風味のミルキードリンク好きな人ならこちらの方が飲みやすいと思う。いわゆる”ちびだら飲み”用にコーヒー感を抑えた薄めの味わいが全盛の今、抹茶もそのようにアレンジしたのは正解なのではないだろうか。

 

 

また「とろけるミルクのデザートラテ」と謳っているだけあって、デザート飲料としても確かに十分楽しめるミルク感の濃さ。デザートのお供にするというよりは、この抹茶ラテそのものがデザートに感じた。十分甘くて、抹茶感はライト。これぞ今どきの抹茶ラテ。三時のおやつとして『BEANS & ROASTERS 抹茶ラテ リキャップ缶』というのもリフレッシュ度が高そう。

冷たいままゴクゴク飲むも良いのだが、これからの季節は温めて味わうのもおすすめ。じんわりと抹茶とミルクの旨味が口いっぱいに広がるし、体全体が温まってくる。家でまったり、オフィスで一息どちらのお供にもピッタリだ。

 

入手は、全国のスーパーやコンビニで可能となっている。期間限定なので、早めにチェックしておこう。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

おためし新商品ナビ

おためし新商品ナビ

2013年4月オープン。商品を実際に使ってみて、写真も撮り下ろすことを基本としています。情報提供はrelease@(アットマーク)shin-shouhin.com まで。

この記者の記事一覧

photo by 髙水 弐徳

トラックバック