『猫の鎧』真田丸でおなじみの赤備えでネコ完全武装させてみた。果たしてネコの反応はいかに!?

NHK大河ドラマ『真田丸』ブームの影響で、その特徴である”赤備え”の鎧も注目を浴びている昨今。すでに経済産業省所管「The Wonder 500」の認定を得たボトルカバーや兜キャップなどの製品を発売しているSAMURAI AGE/有限会社スタッフ(福岡県福岡市)から猫を武装させる『猫の鎧』が登場。実際の猫に着せてみることにした。

猫、完全武装! 何事もなかったかのように過ごしているのだが…

当初は販売予定はなく製作されたのが『猫の鎧』(EVAフォーム製・約100g・希望小売価格 税抜13,000〜15,000円・2016年6月発売)。ところがリクエストが相次いで販売に踏み切ったという。ネコを鎧で武装させてもさして意味はないのだけれども、面白そうなので着せてみることにする。

D5A_1754
素材は皮革テイストのEVAフォームを採用。相手がネコだけに傷つきにくいのが特徴だ。

D5A_1762

そこにスタッズを配して強そうな印象を追加。

D5A_1758

脱ぎ着するためにスナップが随所にある。

D5A_1756

素材自体は軽いので、ネコの負担も少なそうだ。あまり無理な重みだと虐待になりかねないのでその点は気を遣う。

D5A_2172
それではネコに登場願おう。床に『猫の鎧』を広げて見せてみる。どうやら全然興味がない模様。まあ警戒されるのも困るので良い傾向。それでは着せてみよう。

D5A_2108
抱き上げて『猫の鎧』を体に巻きつけスナップ留めしていく。もたもたしていると嫌がりだすかもしれないので、サクサクと着用を進める。

D5A_2112
ネコ的には何のことやらわからないようだが、抵抗らしい抵抗はしない。なのであっという間に装着完了。

D5A_2120

そのまま歩かせてみると、ちょっと動きづらそう。

D5A_2124でも脱ぎたがる様子もない。しばらくうろうろしているうちに慣れてしまったのか、何事もなかったように普段通りのネコライフを展開。

D5A_2137
ソファやちゃぶ台の下など普通にうろついて生活している。

D5A_2160

D5A_2151

同居ネコも普通にスルー。

D5A_2129

エサの時間になるともう自分が武装していることなど忘れたかのように普通にゴハン。

D5A_2164
別に鎧を着たからといって、ネコも気持ちが引き締まるとかいうことはないようだ(当たり前だが)。いつも通りののんびりした顔でうろうろしている武装ネコの姿はかなりシュール。撮影してInstagramなどにアップすればいいねをたくさん貰えそう。ちなみにスナップを外すだけで脱がすのも簡単。

D5A_1735
サイズはS、M、Lの3種類で、カラーは赤、黒、金、銀の4種類。価格は赤と黒が税抜13,000円、金と銀は税抜15,000円となっている。決して安くはないが、自分のネコのかわいさをアピールしたい人ならお勧めだ。ちなみにサイズさえ合えば犬でも使用できる。

公式サイトはこちら

オススメ度:(買っても損はない)
公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

清水 りょういち

40代男性。得意ジャンルは雑貨、文具、カップ麺。日常生活をちょっと豊かにしてくれるグッズを愛する。東京都杉並区在住。

この記者の記事一覧

トラックバック