『アーモンドキャラメルポップコーン』は、レアな品種を使ったザクザク食感!これは食べなきゃソン!

うちで本格的なフレーバーポップコーンが食べられる! 3月から発売されているブルボン『アーモンドキャラメルポップコーン』は、毎日の手軽なおやつとしてアーモンドキャラメルフレーバーのポップコーンが食べられる注目の新商品。

 

ポップコーンは、バターでトウモロコシの粒を弾けさせたアメリカンなおやつ。塩味が定番だったのは昔。映画館や大型テーマパークにおいて、様々なフレーバーポップコーンが登場したことにより、、現代の子供たちの間では「アーモンドキャラメル味」はフレーバーの定番になっている。

アーモンドキャラメルポップコーンCR5_1156

とはいえ、2~3年前まではフレーバーポップコーンは一般市場では百貨店や高級ブランドの特別なおやつだった。スーパーやコンビニで、手ごろな価格のフレーバーポップコーンが並びだしたのはごく最近のこと。今ではコンビニに入ると、各社のプライベートブランドのフレーバーポップコーンまでがずらりと揃うほど。ブルボンの『アーモンドキャラメルポップコーン』も参考小売価格200円(税込216円)と、平均的なお手頃価格で登場だ。テレビCMは10代に人気のHey!Say!JUMPがイメージキャラクター。インパクトのあるダンスを披露している。

アーモンドキャラメルポップコーンCR5_1160

さっそくチャック付きの袋をオープン。キャラメルの甘い香りがする! もう香りだけでおいしい。キャラメルの飴でコーティングされたポップコーンは、コロンと丸い「マッシュルームタイプ」と呼ばれる種類。ポップコーンには豆の品種により2タイプが存在し、あまり知られていないが日本で流通しているポップコーンのほぼ100%が「バタフライタイプ」という大ぶりで花が開いたような凸凹したもの。サクサクとした軽い食感で、映画館やテーマパークで親しまれている。ではマッシュルームタイプの特長はというと、こちらは本場アメリカの定番ポップコーンで、マッシュルームみたいに丸く弾ける小ぶりのもの。ざくざく&バリバリという食べ応えがある食感が魅力。食べ比べるとわかるが、満足度は圧倒的にマッシュルームタイプの方が高い!

アーモンドキャラメルポップコーンCR5_1166

『アーモンドキャラメルポップコーン』はそのマッシュルームタイプのポップコーンに、アーモンドペーストを練りこんだキャラメルでコーティング。しかもキャラメルの中には、アーモンドペーストと刻んだカットアーモンドの2種類が使用されている。また、つくる工程にもこだわりが。なんと1釜ずつ手作業でキャラメル掛けを行っているという! これほど丁寧にキャラメル掛けをするのは、たっぷりとキャラメルをかけることもあるが、ポップコーン同士がくっつかず均一なおいしさを保るためでもある。

アーモンドキャラメルポップコーンCR5_1173

口の中にポップコーンを入れると、アーモンド風味の甘いキャラメルがすっと溶け、とても上品な甘さ! ザクザクの食感とよく合う! テーマパークの出来たてポップコーンと同じくらいおいしく、あそこまで濃い味ではないので普段のおやつにぴったり。ひとつひとつがとてもしっかりとしているので、マッシュルームタイプのボリュームを実感。

アーモンドキャラメルポップコーンCR5_1175

フレーバーポップコーンはその強烈な甘さからカロリーが高いというイメージがあったが、この『アーモンドキャラメルポップコーン』は1袋全部食べても213kcal。一般的なポテトチップスの約2/3程度で意外。これなら女子会のおやつにもおすすめ。また、保存のきくチャック付きでスマートな袋なので、子供と一緒におでかけするときも便利。

アーモンドキャラメルポップコーンCR5_1151

『アーモンドキャラメルポップコーン』は参考小売価格200円(税込216円)。全国のスーパーやコンビニ、ディスカウントストアなどで幅広く発売中。今まではちょっと手の届かなかったフレーバーポップコーンを、手軽におうちで食べられるチャンス。

オススメ度:(絶対におすすめ)
公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

椿 景子

椿 景子

30代女性。年間1000点以上の菓子・ドリンク類を試食するスペシャリスト。兵庫県出身、マンション暮らし。

この記者の記事一覧

トラックバック