世界初のハンディ洗濯機『コトン(COTON)』を使ってみた! 叩き洗いで自宅で楽々シミ抜きできる!

 

『コトン(COTON)』はとにかく「素早く落とす」ことを前提としているので、もちろんすべての汚れを落とせるわけではない。数日間、経過してしまったものは、やはり落ちにくい。

50-16

この商品は、やはりワイシャツ、ブラウスを日常的に着ている学生さん、OLさん、サラリーマン向きのアイテムであると言えよう。また、小さな子供がいる家庭でも、食べ物のシミ落としなどに使用する頻度は高いかもしれない。 プリーツスカートなど、自宅で丸洗いが難しい生地の部分洗いにも、衣類全体を濡らすことなく効果的だ。 基本的に言えるのは、ある程度の汚れや洗濯を自分でしたい、またその場で対応したい人向けアイテムであるということ。『コトン』を使いこなすにはちょっとした手先のテクニックが必要だし、汚れの種類によって落とし方は変わってくるので、その点をよく確認する必要もある。そんな一連の作業をある意味“楽しめる”人にこそ購入をオススメしたい。『コトン』はかざすだけで汚れが落ちるような、オートメーションなものではない。

生地の厚みや材質も関係してくる。ワイシャツやブラウスなどでも、生地が折り返してある部分などの叩き洗いは、それなりに時間がかかる。和服、皮製品、ゴム、アセテートの素材には使用できない。また、水で色落ちするものや、水で輪ジミになるものにも使用できない。

 

あとは、置き場所等をどうするか

ハンディサイズということで、どこでも持ち歩けるとなっているが、いつ付けてしまうか分からないシミの為に、これを常に鞄の中に入れておくのはどうだろうか……と考えてしまう。専用マットと一緒に持ち歩くなら尚更だ。家庭での収納には、困らないサイズなので良いだろう。 本体の構造・機能としては、水を少量入れて振動するだけと、とてもシンプルで使いやすい。 『コトン』は無くても困らないが、あったら便利で楽しい、そんな位置付けの、ちょっと贅沢な家電だと思う。 1万円という価格設定も絶妙。ちょっとしたギフトにも使えそうである。 欲を言えば、本体に防水性能があれば、より安心して水回りで使用できるのではないか。

50-17

本体のカラーバリエーションは3色。

チタンゴールド、スカーレットオレンジ、コーラルピンク。

希望小売価格は10,800円(税込)。

いまのところAQUAオンラインストアのみでの販売。

基本的な使い方など、動画にて公開中なので、ぜひそちらもチェックしてほしい。

 

オススメ度:(良い商品です)
公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

蘭 よう子

蘭 よう子

商品開発やレシピ開発に携わる。ライター歴10年以上。アートワークや写真、料理が得意。カメラマンも務める。文具やアートの分野でインストラクターの経験もある。千葉県出身。

この記者の記事一覧

トラックバック