『明星 バリカタ 濃厚豚骨醤油』は、熱湯60秒で本格的なバリカタ麺が味わえる!!

多ラーメンを食べたことがあるならば、一度は「バリカタ」というフレーズを耳にしたことだろう。そんなバリカタをカップ麺で再現したのが明星食品株式会社の『明星 バリカタ 濃厚豚骨醤油』(内容量103g/希望小売価格225円税別/2015年1月19日発売)だ。

IMG_3714

博多ラーメンの特徴といえば極細ストレート麺、豚骨、そして注文時に麺の硬さを指定できる点だ。茹で時間の長さで麺の硬さを調整する。サッと茹で、30秒〜60秒ほどのものをバリカタと呼ぶ店が多いそうだ。ちなみに、数秒しか茹でない「粉落し」「ハリガネ」なんて硬さを用意している店もある。

IMG_3722

『明星 バリカタ 濃厚豚骨醤油』はそのバリカタを再現しているため、茹で時間は60秒と短め。麺はきちんと極細麺。先に紹介した「じゃんがら こぼんしゃん」も同じ九州豚骨系のラーメンであり、90秒茹での細麺がかなり美味であったが、さて、『バリカタ』はどうか。

IMG_3725

カップの中は極細麺の他、かやく、粉末スープ、液体スープが入っている。かやくはチャーシュー、メンマ、ネギの3種。スープは両方後入れだ。スープを入れるのに時間がかかると、せっかくのバリカタが台無しになってしまうので、スピーディに調理したい。

IMG_3740

60秒経過して、スープを投入。

IMG_3749

手早くかきまぜると、豚骨の匂いが立ち上る。濃厚豚骨だけあって匂いは博多ラーメンそのもの。麺の見た目もお店で頼むような麺に近い。期待が膨らむ!

替え玉したバリカタ麺の味!

早速麺を口に含んで、感動。これはちゃんと「バリカタ」である! 博多ラーメンのあの特徴的な粉っぽさと小麦の香りが再現されている。そして何より食感とスープの絡み具合が、替え玉を入れた瞬間の、あのバリカタ麺にそっくりだ。麺はただ硬いだけでなく、歯切れも良い。

IMG_3757

スープは濃厚ながら、クセが少なく飲みやすい。あの豚骨特有の臭さが好きな人には物足りないかもしれないが、麺とのバランスを考えるとぴったりのスープだ。

一つ注意しなければならないのが、かやくのチャーシュー。茹で時間が60秒と短いからか、早めにチャーシューを食べるとチャーシューもバリカタだ。麺を食べ終わったあたりで食べるのが良いだろう。

IMG_3761

自前で高菜や紅ショウガを用意してトッピングしたらより本格的な博多ラーメンになりそうだ。

IMG_3717

一杯388kcal、やや麺が少なく感じるが、大盛りにしたらバリカタ麺も伸びてしまうだろうから、このボリュームもやむなしか。

IMG_3719

この味と麺の食感なら、きっと博多ラーメン好きは満足できるはず。なかなかよくできた一杯である。

オススメ度:(買っても損はない)
公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

おためし新商品ナビ

おためし新商品ナビ

2013年4月オープン。商品を実際に使ってみて、写真も撮り下ろすことを基本としています。情報提供はrelease@(アットマーク)shin-shouhin.com まで。

この記者の記事一覧

トラックバック