ガツンと濃厚なおいしさ! キッコーマン『わが家は焼肉屋さん 焦がしにんにく』で本格チャーハンを手軽に作ろう

焼肉のたれで旨チャーハンを作っちゃおう

 

焼肉のたれでおなじみのキッコーマン「わが家は焼肉屋さん」シリーズから新商品『わが家は焼肉屋さん 焦がしにんにく』が登場。こってり濃厚なその味わいは、焼肉だけでなく様々な料理にも活用できる。今回は王道のおいしさが楽しめるチャーハンを作ってみよう。

 

発売20周年のロングセラー商品「わが家は焼肉屋さん」

キッコーマン食品(東京都)が手がける「わが家は焼肉屋さん」シリーズは、「焼肉専門店のたれの味わいを家庭でも」という想いから誕生。2002年に発売し、今年で発売20周年となるロングセラー商品。

定番の甘口や中辛、さっぱり系の塩だれなどがある中、今回新たな味わいとして仲間入りしたのは食欲そそるにんにく味だ

『わが家は焼肉屋さん 焦がしにんにく』(400gボトル・希望小売価格 税込486円・発売中)は、お肉だけではなく野菜などのおいしさも引き立てるたれ。コクのあるしょうゆベースの熟成だれに焦がしにんにくとおろしにんにくを合わせ、香味野菜やごま油を加え芳醇な風味を楽しめるんだとか。焼肉はもちろんのこと、それ以外のメニューにも万能に使える。

ワンタッチで開閉できるキャップは、調理中に片手で使えて便利。

とろみのあるたれは、小皿に出すだけでもにんにくがガツンと香る。たまねぎの甘みもたっぷりで濃厚なおいしさが口に広がる。これは、焼肉との相性が抜群になること違いない!

 

焼肉のたれを使えば、本格派の一品も手軽

おいしい焼肉のたれは、他のメニューの味付けにもおすすめ。今回は簡単に作れるお手軽チャーハンを作ってみよう。参考レシピはこちら

用意した材料は

    • わが家は焼肉屋さん 焦がしにんにく
    • 焼豚
    • たまご
    • しょうゆ
    • 青ネギ
    • ごはん

フライパンに油を入れて中火で熱し、みじん切りにしたねぎを炒めて香りをだす。次に、ごはんを加えて、フライパンに焼きつけるように炒めていく。

フライパンの半分にごはんを寄せて、空いたスペースに溶き卵を流し込む。半熟状になったら、全体を炒め合わせていこう。

1cm角に切った焼豚を加え、塩で味を整えたら『わが家は焼肉屋さん 焦がしにんにく』で味付け。均一になるように混ぜ合わせてできあがり。より香ばしさを求めるなら、お好みでしょうゆを鍋肌から回し入れてみよう。お皿に盛り付けたら、お好みで小口切りにした青ねぎを散らすと彩り鮮やかだ。

 

焦がしにんにく香るチャーハン

火が入ることで、にんにくの香りがより引き立ち食欲をそそる。濃厚なたれを使ってもパラパラとした仕上がり。

用意する食材には「にんにく」がないので、調理中の手にニオイがつく心配もなし。それなのに、ガツンとにんにくが香る旨みたっぷりのチャーハンが味わえるのは焼肉のたれを使っているからこそ。

パパッと手軽に作れ、ボリューム・スタミナ共に満点なチャーハンが完成。その他にも、しっかりと濃い味で味付けをしたいタンドリーチキンや唐揚げの下味にもおすすめ。

おすすめのアレンジレシピはこちら

 

焼肉にも、アレンジレシピにも

今回ご紹介した400gボトルの他に、ひと回り小さめの『わが家は焼肉屋さん 焦がしにんにく』(210gボトル・希望小売価格 税込324円・発売中)も登場。

「わが家は焼肉屋さん」シリーズは全6種類。他に甘口、中辛、旨辛、濃厚だれ、香味野菜たっぷり塩だれがある。

今回ご紹介した『わが家は焼肉屋さん 焦がしにんにく』は全国のスーパーなどで発売中。

わが家は焼肉屋さんのブランドサイトはこちら

キッコーマン公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン/マーケティング専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。雑誌やWebメディアでの執筆・連載なども多数。調理、アートワーク制作から撮影まで、すべてをこなすマルチクリエーター。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック