100%フルーツ由来のこだわりの美味しさ! ぶどうの食感も楽しめる『サン・ダルフォー グレープ』で食卓を豊かに

こだわりの製法で作られたフルーツスプレッドを

 

砂糖は使わずに作られている「サン・ダルフォー」のフルーツスプレッド。100%フルーツ由来の原材料のみで作られており、保存料は一切使われていない。その人気のフルーツスプレッドから、新しいフレーバー『サン・ダルフォー グレープ』が登場した。

 

エヌアイエスフーズサービス(東京都)は、伊藤忠商事が世界中から発掘した最高品質の製品を全国の量販店に営業し、販売。世界の様々な輸入食品や菓子などを取り扱う。

サン・ダルフォー社は1984年に創業したフランスの会社。サン・ダルフォーが作るジャム(フルーツスプレッド)は、伝統的な製法にこだわり、原材料に砂糖を使わずフルーツ100%の美味しさを追求している。

果実の形を残して仕上げる「プリザーブドスタイル」製法で製造。人工香料・着色料・保存料は一切使わずに作られており、安心して食べられるのも魅力のひとつ。

 

フルーツ本来の美味しさと食感を

サイズは2種類

今回ご紹介するのは、新フレーバーの『サン・ダルフォー グレープ』。2020年に登場した新フレーバーで、日本では2021年からジュピターコーヒーで先行発売を開始。2022年、全国へと発売を展開する。ぶどうは、ポリフェノールも多く含まれ、アントシアニンも豊富。栄養たっぷり、砂糖を使わず作られたフルーツスプレッドの味わいをチェックしていこう。

『サン・ダルフォー グレープ』(170g・希望小売価格 税込356円・2022年3月28日発売)

『サン・ダルフォー グレープ』(284g・希望小売価格 税込540円・2022年3月28日発売)

 

製品へのこだわり、人工香料・着色料・保存料は不使用

砂糖を使わない代わりに用いられているのが「ぶどう濃縮果汁」。第二次世界大戦中、砂糖が不足しとても高価だった頃、砂糖の代わりに“ぶどう果汁”を使ってジャムを作ったのがきっかけだとか。

 

ぶどうの果実まるごとのおいしさ

ぶどうが果実感そのままに、果肉がゴロっと入っている。パンに塗ったり、ヨーグルトやパンケーキにトッピングしたり、おいしいジャムがあると食卓が華やかに。

今回は、プレーンヨーグルトとともに頂いてみよう。程よいぶどうの甘酸っぱさが口にジュワッと広がる。砂糖を使っていないので甘ったるさがなく、果実の甘さが引き立つ。

ぶどうの皮の食感と、果肉のやわらかでジューシーな食感のコントラストもあり、素材感がしっかりと感じられる一品。

プレーンヨーグルトと味わうと、マイルドな甘さと風味が楽しめる。

 

砂糖を使わないフルーツスプレッドを食卓に

瓶のフォルムはスマートで、ラベルデザインも可愛らしい。食卓に置いておくのも絵になる。アメリカで人気のフルーツスプレッドと言えば、いちごに次いでグレープがNo.2なのだとか。

開栓後は要冷蔵。保存料は使われていないので、清潔なスプーンを使い、開栓後はお早めに。

原材料にこだわり、保存料などは使わずに作られた『サン・ダルフォー グレープ』。ぶどうの芳醇な甘さと果肉を贅沢に味わってみて。

全国へ配荷拡大中!

公式通販サイトはこちらから

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン/マーケティング専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。雑誌やWebメディアでの執筆・連載なども多数。調理、アートワーク制作から撮影まで、すべてをこなすマルチクリエーター。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック