食べると マシュマロになる不思議菓子『マロッシュ グレープソーダ味/レモンスカッシュ味/りんごソーダ味』を食べ比べ!

クリームのようなフォルムがキュート

 

カンロから発売中の、食べているうちにマシュマロに変化する、不思議な食感のお菓子『マロッシュ』が話題だ。コンビニで見かけてはいるものの、実はまだ手を出していない記者。もともとカンロファンなので、気になりつつ定番のキャンディーを買ってしまっていたが、今回ついにためしてみたのでレポートしたい!

 

「優秀ヒット賞」受賞の快挙! ところでこれってマシュマロなのか?

キャンディやグミなどお菓子の製造・販売を手がけるカンロ(東京都)『マロッシュ(Marosh)』(50g・参考価格 税込151円・2021年6月発売)は、クセのあるアイコニックな形と、弾力のあるもっちり食感、爽快パウダーが特徴のヒット商品。

 

マシュマロなの? グミなの? と首を傾げる、不思議な食感がSNSで話題に。日本食糧新聞社 第40回食品ヒット大賞「優秀ヒット賞」を受賞する快挙を遂げている。

 

この賞は、1年の間に食品業界で最もヒットした製品を、全国90社からの推薦により選考・表彰して決定される。カンロの受賞は2013年のヒット商品「金のミルクキャンディ」以来なのだとか!

 

特に「グレープソーダ味」の売上は6~11月の販売計画比300%超えと大好評。フレーバーはこの他「りんごソーダ味」「レモンスカッシュ味」をラインアップする。

 

ポップなカラーとロゴと、スッキリ! “爽快系マシュマロ”のコピー。

 

名称を見るとマシュマロ。コンビニではグミのゾーンに陳列されているのでグミだと思っていた! ツノが生えたフォルムは、ホイップクリームをしぼったようで、ふわふわのイメージだがもちっと新食感らしい。不思議だ…。

 

『マロッシュ グレープソーダ味』

まずは人気の『マロッシュ グレープソーダ味』から。摘むと弾力があって、硬さはグミに近い。

 

口に入れると酸っぱ! 唾液が出る。定番の酸っぱい系グミのパウダーだ。グレープのジューシーな甘さを噛みしめるが、グニっとしたグミの噛み心地。だが噛んでいるうちに、ふわっとも、シュワっともとれる食感に…!

 

『マロッシュ りんごソーダ味』

『マロッシュ りんごソーダ味』は香りが良い! 薄い琥珀色も生リンゴのようなジューシー感を演出。

グニグニ噛めば、シュワっと甘酸っぱくソーダが弾けたように香りが広がる。すりおろしりんごのような、華やかな香りでシズル感がある。記者がマシュマロ食感を一番感じたのは、このフレーバー。

 

『マロッシュ レモンスカッシュ味』

『マロッシュ レモンスカッシュ味』は、王道のレモンフレーバー。

 

グニッと噛めば、レモン味はグミやキャンディの定番で、安定の甘酸っぱいパウダーが弾ける。一番硬さがあるように感じるのは、レモンフレーバーは酸っぱいと身構えるからだろうか。

 

さらに遊べる「マロッシュタイム」を計測してみよう!

「マロッシュタイム」とは、同社企画の“食べ始めてからマシュマロ食感になるまでの時間”のことらしい。同ブランド調べでは15秒がベスト。

 

公式サイトには、タイムを計測できるタイマーがついているので、口に放り込んで計測開始。モニュモニュとした食感を噛み締めて…ふわっと泡のような口どけになったところで、タイマーをストップ。

 

…32秒だった記者。もう一度計測してみると22秒! 口のコンディションでもタイムが変わりそう。

 

『マロッシュ』初体験だったが、遊び尽くして満足だ。不思議な食感は噛むとちょっぴり癒される。グミ好きは間違いない食感と味。

 

全国のコンビニ・スーパーなどで発売中。

 

あわせて読みたい:【10種一挙食べ比べ】コンビニで買える手のひらサイズのかわいいミニキャンディ大集合!

あわせて読みたい:免疫機能の維持をグミがサポート! 機能性表示食品『ピュレグミ iMUSE プラズマ乳酸菌』を食べてみた

公式サイトはこちら

記者

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック