腸内フローラのためには乳酸菌だけでは役不足!? 朝のすっきりのために多機能タンパク質・ラクトフェリンに注目『ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌』!

家族全員の笑顔のために始めたい新習慣!

 

最近お腹のあたりがモヤモヤ、お通じ習慣が崩れてきている…。そうした悩みは、腸内細菌叢(腸内フローラ)のバランスの悪さが原因かもしれない。近年大きな注目を浴びている腸内細菌のバランスと健康の関係。人間の腸には何と通常約50〜100兆個/500〜1000種類が存在すると言われている。鍵となるのは「善玉菌」。しかし毎日ヨーグルトを食べていても翌日のスッキリ感が訪れない…。そこで『ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌』が注目したのは「多機能たんぱく質」=ラクトフェリンだった。

 

お腹のあたりがどうにも張る。朝のすっきりが遠のいている…。それは善玉菌が少なくなっている証拠かも

ずっと快眠快便が自慢だったのに、中高年になってから不調になってしまった。お腹の健康のために毎日の食卓にヨーグルトを欠かさないようにしているのになぜなのだろう? そんな疑問が浮かんだら、もう一度腸内環境について考えてみよう。

腸内細菌はおよそ以下の3種類に分けられる。※( )内は含まれる理想のパーセンテージ

 

善玉菌(20%)……悪玉菌が増えるのを防ぐ乳酸菌や、善玉菌の99%以上を占めているというビフィズス菌が有名で、市販のヨーグルトにもよく入っている。

悪玉菌(10%)……ウェルシュ菌、ブドウ球菌、毒性大腸菌など。腸内を腐敗させ、有害物質、発がん性物質などを産生すると言われている。悪役だが、10%以内なら許容範囲。

日和見菌(70%)……この日和見(ひよりみ)菌はその名の通り、優勢な方に味方して加勢する菌。バクテロイデス、腸球菌など。一番タチが悪いような気がする……!?

理想的なバランスは上の図だが、多くの人がこうはなっていない?

上記割合なら日和見菌が善玉菌の味方につくので問題なし。しかし悪玉菌が優勢になると日和見菌は裏切って悪玉菌側に味方してしまうので、一気に腸内環境が悪化してしまうというわけだ。実際に便秘や下痢に悩んでいる人の腸内を調べると、悪玉菌だらけになっている。だから善玉菌を増やしていくことが必要なのだ。

 

善玉菌=ビフィズス菌の最大の味方が多機能たんぱく質。優れた機能で腸内の治安を改善してくれる

乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を補給するのも大事だが、食品で摂った乳酸菌は1週間程度で体外に排出されてしまう。実は、一般的な乳酸菌やビフィズス菌が、腸内まで”生きて届く”としても、そこに住み着くことはなく、追い出されてしまう「通過菌」。なんと自分の腸内細菌は生後半年で決まっていて、それ以外の乳酸菌などは通過菌として腸内にとどまらずに排出されてしまう。つまり善玉菌を優勢にするには善玉菌を取るだけでなく、腸内で増やす方法を考えないといけない。

そんな時に役立つのが多機能たんぱく質だ。中でも優秀なのが「ラクトフェリン」。腸内に入ると善玉菌を増殖させて、悪玉菌を減らすという治安を取り締まるおまわりさんのような役割を果たしてくれるというからうれしい。他にもがん細胞やウイルスを攻撃するNK細胞の活性化による免疫調節機能、インフルエンザウイルスの予防にも役立つ抗ウイルス・抗菌作用など、その効果は名前通り多岐にわたる。

 

牛乳1リットルにつきわずか200mgしか含まれないラクトフェリン

このラクトフェリン、実は生まれて間もない赤ちゃんに飲ませるお母さんの初乳にたっぷり含まれている。この歳になったら初乳は取れないので他のもので摂るしかないのだが、ラクトフェリンは殺菌処理前の牛乳=生乳1リットルにつき200mg程度しか含まれていないので、どうしても抽出するのにコストがかかってしまう。そのためラクトフェリンはどうしても高価なものになってしまいがちだった。

 

さらに熱や酸に弱いという特性からそのまま食べても胃酸で壊れてしまう。本当に効果のある形での摂取が難しいので、実は、ラクトフェリン入りのヨーグルトに頼ってもあまり意味がない。

 

しかしこの、株式会社grateful(神奈川県横浜市)によるホコニコのラクトフェリン+乳酸菌は、新鮮な牛乳から直接抽出し冷凍乾燥する独自技術で、手頃な価格帯を実現した高濃度タイプのサプリメント。それでいて熱を加えず製造、酸に耐えるカプセルの中には1日必要目安量のラクトフェリン300mgがしっかり入っているのがすごい。しかも同時に善玉菌代表のビフィズス菌や近年、死滅状態でも有効に働くことで注目を集めているフェカリス菌、善玉菌のエサとなるオリゴ糖も配合しているという。

 

『ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌』を毎日続けて朝のすっきりを取り戻す!

『ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌』、1日あたりに直すと、約160円!他社製品が1日約197〜346円のため約37円から186円もお得。腸内環境を健康に保つ為に長期にわたる日々の習慣と考えると随分と大きい金額差。これでしばらく忘れていた翌朝のスッキリ感を手に入れられるのだから実にお得だ。

朝スッキリするだけで一日の充実が違う!

「ラクトフェリンmyランキング」第1位というのもそうしたコスパの良さを含め、ユーザーの満足度が高いからこそ実現したに違いない!

 

『ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌』を飲んでみよう!

では実際に『ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌』を飲んでみよう。果たして乱れた腸内環境にどんな影響を与えてくれるのか。

朝晩に分けても1回で飲んでも構わない

携帯にも便利なパウチタイプの袋から取り出してみると、出てきたのは小さめでうっすらとピンク色をしたカプセル。鼻を近づけてみても、全くの無臭。サプリメントというと様々な添加物が含まれていることが多いけど、上述の成分以外に何も入っていない無添加タイプというのもうれしい。

1日量の目安は2粒。カプセルなので水でさっと飲めて味も感じない。これなら毎日続けられそう!

そうして『ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌』生活を続けてみたのだけれど、もう翌日から朝のすっきり感が違って、驚いた。こんなに早く結果を出してくれるならぜひ続けたい!

 

翌朝快調(腸)すっきり新習慣が、今なら毎月100名限定で77%オフ・1,780円で手に入るキャンペーン実施中!

毎日の習慣として取り入れたくなる『ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌』。もちろん自分だけでなく、家族全員のすっきり習慣のためにもなる。そんな微笑みの絶えないヘルシーライフのために続けたい新習慣が、今なら毎月100名限定で77%オフ・1,780円になるキャンペーン価格で入手可能だ。入手はホコニコオンラインショップにて。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

塩田和夫

東京都在住、WEBライター。フラットな視点が持ち味。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック