『ミニストップ・今週の新商品』人気のFFにワンハンド”ちまき”『世界のライスぼうや』4品や、冬季限定和菓子『山崎 苺大福』など!

ミニストップ

 

注目フードをピックアップする『ミニストップ・今週の新商品』2020年11月20日(金)時点で発売されている新商品には、店内調理のカウンターFF(ファストフード)商品『世界のライスぼうや カオマンガイちまき』や、『茨城県産紅はるか干しいも』など!

 

世界のライスぼうや 鶏五目ちまき 140円(税込151円)

■販売地域 全国

【カウンターFF】炊き込みご飯の人気メニュー「鶏五目ごはん」をちまきに仕上げた。大きな鶏肉と椎茸・ごぼう等風味のある野菜を一緒にもち米と一緒に炊き込み、砂糖と醤油で味付けし、旨味が感じられる商品に仕上げた。
エネルギー:171kcal

 

世界のライスぼうや カオマンガイちまき 140円(税込151円)


■販売地域 全国

【カウンターFF】タイの屋台で人気のチキンライス「カオマンガイ」をちまきに仕上げた。鶏肉の旨味がお米※ に染み込み、隠し味の生姜が味の決め手に。
※カオマンガイらしい食感を出すため、もち米と白米をブレンド
エネルギー:174kcal

 

世界のライスぼうや 豚角煮ちまき 170円(税込183円)


■販売地域 全国

【カウンターFF】中華圏の人気料理「豚の角煮」をちまきに仕上げた。大きな豚の角煮をもち米と一緒に炊き込み、味付けは砂糖と醤油の甘さを活かしている。豚の煮汁を含んだもち米が食欲をそそる。
エネルギー:208kcal

 

世界のライスぼうや しょうゆ鶏ちまき 140円(税込151円)


■販売地域 全国

【カウンターFF】点心料理で人気の中華ちまき。大きくカットした鶏肉をじっくり煮込み、旨味たっぷりの煮汁を染み込ませたもち米と共に湯葉で包み込んで蒸し上げている。
エネルギー:192kcal

 

ミニストップ 茨城県産紅はるか干しいも 228円(税込246円)


■販売地域 全国

「茨城県産のほし芋」を柔らかくスライス。紅はるか干しいもは、柔らかい食感とスイーツのような甘さが大人気。

 

抹茶わらび餅~黒蜜入り~ 240円(税込259円)


■販売地域 全国

プルプルのわらび餅と黒蜜は宇治抹茶との相性抜群!沖縄県産黒糖の黒蜜をわらび餅で包み、宇治抹茶パウダーをまぶしている。日本の良さを感じる上品な和スイーツ。

 

あご出汁香る塩ラーメン 460円(税込496円)


■販売地域 全国

旨みのあるスープの塩ラーメン。丁寧にあごからダシを取った旨みのあるスープをベースにした、飽きのこない味付けの塩ラーメン。

 

山崎 苺大福 134円(税込144円)


■販売地域 全国※東海・近畿・四国・九州は12月1日発売

苺をまるごと一粒包んだ大福!大玉でジューシーな苺をまるごと一粒と小豆風味豊かな粒あんを包んだ、冬季限定の和菓子商品。

 

1/2日分の緑黄色野菜サラダ 230円(税込248円)


■販売地域 東北・関東

人参、ブロッコリー、いんげん、かぼちゃ、コーン、パプリカ等が入ったサラダ。緑黄色野菜を茹で、すりおろしドレッシングとマヨネーズで和えて食べやすく仕上げた満足感のあるサラダ。

 

ずっしり!海老ピラフ 420円(税込453円)


■販売地域 東北・関東・東海・四国・九州

海老のうまみを加えて炊いた海老ピラフをたっぷり盛り付け、ボイルした海老をトッピング。海老もしっかり味わえる商品に仕上げたボリューム感たっぷりの海老ピラフ。

今週の総評

冬の定番「中華まん」に続く、ミニストップの新オリジナル商品は”ちまき”!「世界のライスぼうや」と命名され、11/20(金)に4品同時発売だ。ワンハンドで手軽に世界の料理を楽しめる、ちまきスタイルは、レジ横の中華まんスチーマーから提供されるぞ。

 

あわせて読みたい:『ミニストップ・今週の新商品』初の『ピスタチオソフト』『ショコラピスタチオ』などキラーFFメニューもずらり!【ピスタチオ】

あわせて読みたい:『ミニストップ・今週の新商品』一口サイズのカウンターFF『十勝ハッシュ』や、大分・中津の名店『ぶんごや監修 唐揚弁当』など!

あわせて読みたい:『ミニストップ・今週の新商品』史上最高のコクとなめらかさのFF『たっぷりプリンパフェ』とガーリック感みなぎる『バジルチキン』、『牛カレーうどん』など!

あわせて読みたい:『ミニストップ・今週の新商品』ハロウィン用『マロンモンスターケーキ』に『バケツモンブラン』、さらに「MINI SOF(ミニソフ)」情報も!

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

食レポからタバコ・コーヒーなどの体に悪い系、果てはIT、経済分野までフォローする新しもの好きライター。「わかりにくいをわかりやすく」がモットー。元「月刊歌謡曲/ゲッカヨ」編集長

この記者の記事一覧

トラックバック