累計800万本!『ギュギュッと搾ったサングリア』シリーズがさらにおいしく、大人かわいく!

目にも舌にも甘くてかわいいサングリア

 

果実感で人気の『ギュギュッと搾ったサングリア』シリーズから、人気の高い3種のフレーバーが、さらにおいしく、大人かわいいパッケージになってリニューアルした。その気になる味と、パッケージをチェックしてみたい!

 

一人でも気軽に飲めるサイズになった、人気のフレーバー3種

メルシャン『ギュギュッと搾ったサングリア』シリーズは「Happyがギュギュッと。」をテーマに、”フルーティ”で”リッチな果実感”が楽しめるサングリア。香り豊かな”混濁果汁”使用し、果実の本来のみずみずしい果汁感が特長だ。2015年3月の発売から、累計販売本数がなんと800万本。若年層を中心に人気を博している。

 

ジャケ買いする人もいそう!

今回のリニューアルでは、上品で”大人かわいい”デザインと、一人で飲む時にもちょうど良い400mlのスリムボトルに容量を変更。パッケージは、イメージカラーの大きなドットが並び、サングリアの色がすける、ポーチや文房具のような可愛いデザインになった。

 

中身は使用する”混濁果汁”を見直し、家庭で手搾りしたようなリアルな果実感を追求。フレーバーは、人気の高いオレンジとカシス、グレープフルーツとパイナップル、ピーチとマンゴーをミックスした3種類だ。どれも王道で、聞くだけで美味しそう。 

 

大人っぽくて華やか
『ギュギュッと搾ったサングリア オレンジ&カシス Mix』

『ギュギュッと搾ったサングリア オレンジ&カシス Mix』(400ml瓶・参考価格 税抜500円・2020年7月28日発売)は、赤ワインをベースにオレンジとカシスをミックスしている。

赤紫でぶどうのような色味のパッケージから、サングリアのワインレッドがすけていて、大人っぽい雰囲気だ。

 

グラスに注ぐと、濁ったワインレッドがカラーリップのようで可愛い。カシスの香りが多少するが、控えめで大人っぽい香水のような香りだ。

 

一口含むと、穏やかな甘味とカシスの華やかな風味が抜ける。程よい甘さで、スッキリしている。赤ワインの渋みが少しあり、大人向けだ。就寝前のひと時にも良さそう。

 

ファッショナブルで甘酸っぱい
『ギュギュッと搾ったサングリア グレフル&パインMix』

『ギュギュッと搾ったサングリア グレフル&パインMix』(400ml瓶・参考価格 税抜500円・2020年7月28日発売)は、白ワインをベースにグレープフルーツとパインとオレンジをミックスしている。

落ち着いたグリーンベースのパッケージから、ベージュがかったサングリアがすけて、洋服のようにファッショナブル。

 

グラスに注ぐと、甘くフレッシュなパイナップルの香りに、柑橘の香りが混ざり爽やかだ。

 

一口含むと、パイナップルの甘味と風味がいっぱいに広がる。後味は、甘酸っぱいグレープフルーツなのでくどくない。酸味は控えめなので、柑橘は酸っぱくて苦手という人でも美味しく飲めそう!

 

見た目も味も甘くキュート
『ギュギュッと搾ったサングリア ピーチ&マンゴーMix』

『ギュギュッと搾ったサングリア ピーチ&マンゴーMix』(400ml瓶・税参考価格 税抜500円円・2020年7月28日発売)は、ロゼワインをベースにピーチとマンゴーとオレンジをミックスしている。

抑えたピンク色のパッケージから、濁りのあるピンク色がすけ、キャンディーのようで可愛い。

 

グラスに注ぐ前からピーチの甘く良い香り! マンゴーの香りも後から追いかけてきた。

 

一口含むと、ピーチの香りが抜ける。ピーチを齧ったようなジューシーさだが、舌にはマンゴーが強めに残る。果実の甘味がぎゅっと濃縮されているよう。濃厚な果実味で、甘いお酒が好きな人には特にオススメ!

 

いずれも存在感抜群の果汁感で、単品でも楽しめる。記者はデザートサングリアとして、食後のおやつで飲み切ってしまった。一人で飲み切れるサイズなので、自分へのご褒美や疲れた時の癒しなど、甘いお酒が欲しい時や、オンライン女子会にも良さそう!

 

 

購入は全国の酒類取扱店やスーパーなどから。

 

あわせて読みたい: 新年第一弾はベリーでワインな飲みごたえ!数量限定『ギュギュッと搾ったサングリア トリプルベリーMix』

あわせて読みたい: 贅沢な甘さの高級果実をサングリア! 数量限定『ギュギュッと搾ったサングリア マスクメロンMix』

あわせて読みたい: 寒い冬を乗り切るご褒美カクテル『ギュギュっと搾ったサングリア ウィンタースペシャル・赤』

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック