【リモ飲み映え】米国トレンドの酸っぱいビール! 『ブルックリンベルエアサワー』っておいしいの?

スタッフも味もデザインも!個性的なサワーエール

 

新しいビールの味わいがここに。本場アメリカ・ニューヨークでトレンドとなっている”サワーエール”が、数量限定で発売された。トロピカルフルーツのような香りと爽やかな酸味の『ブルックリンベルエアサワー』は、従来のビール味の常識をくつがえす、スパークリングワインのような軽やさが特徴。その飲み口をレポートしよう!

 

海外人気の高い、酸味が特徴のビール”サワーエール”とは?

サワーエールとは、特別な発酵方法により爽やかな酸味を引き出した、海外で大きなトレンドを生んでいるビアスタイルのこと。主に乳酸菌などのアルコール発酵により造られる、酸っぱいビールだ。

 

『ブルックリンベルエアサワー』(355ml 瓶×6本セット・希望小売価格 税込2,960円・2020年3月26日キリン オンラインショップ DRINX)は、米国の代表的なクラフトビールメーカーであるブルックリン・ブルワリー社のブランドから出たサワーエール。小規模醸造所ながら個性派なブルワリーで、ミュージシャンや作家などの文化人もスタッフとして在籍している。

 

個性派が集まると聞いて頷けるのは瓶のパッケージだ。抑えたグリーンとピンクで、優しいがおしゃれで若いイメージがある。個性的で可愛らしいデザインだ。リモ飲みでも映えるのではないか。

 

特徴的なのはその香りと酸味。トロピカルフルーツを思わせる華やかな香りと、クラフトビールファンはもちろん、普段ビールが苦手な人もカクテル感覚で楽しめる。ビールといえば、ツマミには塩辛いものや脂っこいものを想像するかもしれない。『ブルックリンベルエアサワー』は、その爽やかな飲み口から、スイーツやフルーツなどの甘味との相性が良いビールだ。

 

カクテルみたい!シュワっとした酸味の『ブルックリンベルエアサワー』

栓を開けると、フルーティでやや甘い香りがふわりとした。良い香り!

 

一口飲んでみる。口に含んだ瞬間、シュワっとした酸味と炭酸が弾けた。えっ、ビール? と一瞬疑うような柑橘系の酸味。

 

表示を見返してみたが、原材料は麦芽とホップ。味わって見たら、確かに乳酸菌のように酸味が爽やかだ。酸味で炭酸が強いように錯覚したが、実はそうでもない。スパークリングのように軽く弾けるような、心地良さのある炭酸だ。

 

口に含むとパッションフルーツのような風味が鼻を抜ける。舌には、フルーティな柑橘系の後味。味わえば、麦芽やホップの香ばしさや苦味を感じないこともない。しかし舌でしっかりと味を確かめて飲むよりは、鼻で風味と一緒に酸味を楽しむ方が、美味さを引き立てる気がする。

 

強めの酸味とトロピカルな香りは、特に女性が好みそう。かく言う記者も、この爽やかな酸味は好み。アルコール分も4.5%と軽めなので、ビール感がない。普段ビールが苦手な人もこれならカクテルのように飲めそうだ。

 

ところで、ビールのおつまみと言えばこってり濃い味が好みの記者。しかし『ブルックリンベルエアサワー』は、甘味との相性も良いらしい。それならば、とドライフルーツを用意してみる。食べてみると、サワーエールのフルーティーな香りが、ドライフルーツの甘味を引き立てる。確かに合う!生のフルーツに合わせると更にフレッシュさが増しておいしそうだ。

 

『ブルックリンベルエアサワー』は、全国の取扱飲食店で飲めるほか、「キリン オンラインショップ DRINX」からも、数量限定で購入可能だ。

 

あわせて読みたい:
NYカルチャーから生まれたクセのある夏限定クラフトビール『ブルックリンサマーエール』発売記念、ブランド3種飲み比べ!

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹哲郎

トラックバック