ステラおばさんのクッキーが贈る、極上の『卵とバターにこだわったソフトシュガー』でふんわり幸せ気分

 

ステラおばさんのクッキーから、期間&数量限定のソフトクッキー『卵とバターにこだわったソフトシュガー』が新発売。大人気クッキー専門店が、素材と食感にとことんこだわったというクラシックなクッキーとは、一体どんなものなのか?

 

専門店がこだわり抜いた特別なソフトクッキー

株式会社アントステラが展開するステラおばさんのクッキーといえば、店舗で量り売りをしてくれる上質なクッキー専門店としておなじみ。

 

そんな人気ブランドが、素材に一層こだわって作ったというのが『卵とバターにこだわったソフトシュガー』(1枚・税込200円・2019年10月1日発売)。期間も数量も限定販売というから、否が応でも期待は高まる。

1枚200円と、クッキーとしては高級な部類に入るが、食べる前から値段に納得できる情報が次々と。まずは、その重さ。通年展開している量り売りクッキーが1枚約15gなのに対して、なんと『卵とバターにこだわったソフトシュガー』は約27gと、およそ2倍。

 

さらに卵は、通常のブランド卵よりコクが3倍とも言われる「ヨード・卵光」を使用。そしてバターには「カルピス㈱バター」を採用している。

ちなみに「カルピス㈱バター」は、カルピスを製造する過程でできる希少なバターで、お菓子作りが好きな人にとっては憧れともいえる高級バター。乳本来の風味と香りが特徴で、コクがあるのにあっさりとした後味が楽しめる。

 

こんな風に素材にこだわっているからこそ、賞味期限は3日間(通常の量り売りクッキーは7日間)。専用フィルムに入れて、1個ずつ販売されるリッチなクッキーだ。

 

1個のクッキーがもたらす、贅沢なひととき

フィルムを開封しただけで、フワッと伝わるバターの香り。食べる前からわかる濃厚さ……これはやはり、期待しかない!

 

コロッとした見た目がかわいらしいクッキーを一口いただくと、みるみる自分の顔がほころんでいくのがわかる。だって、それほどおいしいんだもの。

周りはサクサクしているのに、中はしっとり。ホロリとほどけていくとともに、思いっきり広がる卵のコクとバターの風味。あぁ、なんて贅沢な時間なんだ。

 

もちろん食べ応えも十分だから、た~っぷりと至福のひとときが味わえる点もポイント高し。究極のクッキーを食べたような気がして、これで200円ならまったく高くないと心から思う。

 

販売店舗・期間・数量…すべてが限定のプレミアム感

販売期間は10月1日~11月23日。1日の販売数も限られており、なくなり次第終了というまさに限定感満載の“クラシック”なクッキーは、仕事の後や子どもが寝た後のリラックスタイムなどに、ご褒美として味わうのに最適。

「甘い物で癒やされたい」、「とことんおいしいクッキーが食べたい」という人は、『卵とバターにこだわったソフトシュガー』を試してみて。この、噛むたびにふくらむ幸福感をぜひ…!

 

購入は、全国31ヵ所のステラおばさんのクッキー販売店で。

 

【展開店舗】
<北海道・東北エリア>札幌アピア店、盛岡フェザン店、秋田トピコ店、仙台パルコ店、郡山ザ・モール店、郡山エスパル店
<関東エリア>宇都宮東武店、高崎スズラン店、水戸エクセル店、柏スカイプラザ店、イケア池袋店、草加バリエ、浦和パルコ店、ペリエ稲毛店、津田沼パルコ店、新浦安アトレ店、吉祥寺パルコ店、川崎アトレ店、シャル鶴見店、横浜相鉄ジョイナス店、ジョイナステラス二俣川店
<東海エリア>静岡パルコ店、名古屋サンロード店、名古屋パルコ店、四日市近鉄店
<甲信越>新潟ココロ店
<関西エリア>阿倍野ごちそうビル店
<中国・四国エリア>広島パルコ店、高知イオン店
<九州・沖縄エリア>長崎浜屋、沖縄リウボウ

※イケア池袋店のみ、展開期間中の木曜日、金曜日の販売となります。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

中村あさか

小学生と幼稚園の息子を持つ30代。埼玉県の戸建て住まい。編集&ライター歴7年。

この記者の記事一覧

トラックバック