バルクオム『THE LIP BALM』乾燥するこの時期、男性でも持ち歩きたくなるスタイリッシュなリップバームが誕生!

 

冬のこの時期は空気が乾燥し、唇がひび割れて荒れてしまう。ところが、女性に比べて男性は唇のケアを怠りがち。しかし、口元は人と話すときに必ず目に入る場所なので、ガサガサの唇では生活感を損なって印象を悪くしてしまう。メンズスキンケアブランドのバルクオムでは、シンプルなデザインと保湿の持続力、健康なツヤ感が特徴の男性向けリップ『THE LIP BALM(ザ リップバーム)』2019年2月1日に発売する。思わず持ち歩きたくなるスタイリッシュなリップの実力は?

 

持ち歩きたくなる重厚感あふれるパッケージデザイン

メンズスキンケアブランド「BULK HOMME(バルクオム)」を展開する株式会社バルクオム(東京都渋谷区)は、リップクリームの新製品『THE LIP BALM(ザ リップバーム)』(5g・希望小売価格 税抜2,000円・2019年2月1日発売)を発表した。

あわせて読みたい:スキンケアのバルクオムがメンズヘアケア市場参入!『BULK HOMME ヘアケア3品新発売』12月3日より発売開始!

商品のコンセプトは「プロダクトとして、ただ純粋に持ち歩きたくなる」。確かに、スタイリッシュで重厚感のあるパッケージはマット調のオフホワイトで高級感がある。適度な重さが心地よく、こうした小物を持ち歩くの面倒な男性でも、毎日携帯したくなるデザインとなっている。

高級感のあるマットな手触りが心地よい

そもそもリップクリームは頻繁に買い換えるものでもなく、1シーズン通して持ち歩いて使うことが多い。そのため、バルクオムでは中身と同じくらい容器が重要な役割を担うと考え、デザインは言うまでもなく、手に取ったときの質感や重量感、握ったときのサイズ感を徹底的に検討を重ね、ポケットの中でずっと触っていたくなるような感覚のパッケージにすることに注力したという。

もちろん「THE LIP BALM」はデザイン性の高さだけが魅力ではない。リップクリームは滑らかな塗り心地で、そのあとに自然なツヤと潤いが持続していることに気づく。皮膚本来の保湿機能を補って、落ちにくいバリア膜を生み出すため、植物由来の成分をメインにデリケートな唇をケアする厳選された美容成分が配合されているからだ。

 

具体的にはセラミド3、ミツロウをはじめとした保湿成分と、唇を保護するグリチルレチン酸ステアリルの配合によって、健康的な血色と潤いを保ちつつ、何度も塗り直さなくて済むほどの保湿の持続力を兼ね備えている。

リップクリームは香りが気になるという男性も少なくない。「THE LIP BALM」はバルクオムのスキンケアラインと同様に、ブランド立ち上げ時に男性100名にブラインドテストを実施して1位になった「フローラルフルーティ」の香りを採用しており、他社製のリップクリームよりも香りを抑え、食事の邪魔をしないのが特徴。付けた瞬間ふわっと香り、そのあとは徐々に消えていくよう調香したという。

 

スマートに唇ケアするのがデキるビジネスマンだ!

唇は顔の肌に比べて角質層が薄く、しかも汗腺がなく、皮脂腺もほとんどないため、保湿機能やバリア機能が低い部位となっている。それなのに、男性は口紅も使わず、リップクリームでケアすることもしない人がほとんど。ただ、デキるビジネスマンは人と話すことを重視し、唇のケアも余念がないのだ。「THE LIP BALM」を持ち歩き、スタイリッシュに唇のケアをすればビジネスチャンスも舞い込んでくるに違いない。

なお、購入はバルクオム公式サイト、Amazon、バラエティショップ、免税店などバルクオム取扱い店舗で。店舗によって販売開始時期が異なる場合もあるので、必ず問い合わせるようにしよう。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

塩田和夫

塩田和夫

東京都在住、WEBライター。フラットな視点が持ち味。

この記者の記事一覧

photo by official images

トラックバック