穴あけ機能が付いた『パンチファイル』! 追加資料をその場でパンチして綴じ込み可能!

式会社株式会社リヒトラブ(大阪市中央区)は、二穴ファイルの表紙に簡易パンチが付いた『パンチファイル』を発売した。

パンチファイルメイン

同社の薄型ファイルの中でも書類の厚みに合わせて背幅が2段階変えられるルーパーファイルに簡易パンチを取り付けた。

パンチファイル2

表紙に簡易パンチを付けたアイデア商品で、外出先でも簡単に穴あけができ、その場で資料のファイリングが可能となっている。A4サイズのコピー用紙1枚を差し込んでパンチ中央部にある用紙センターゲージで位置合わせをしてパンチを押し込んで穴を開ける。パンチの裏側には簡易のくずストッパーが付いているので穴を開けた時に出るくずが散らばらず、パンチ本体の厚みは6ミリ、とじ具を入れても9ミリと薄く、表紙を閉じても邪魔になりにくい。

パンチファイル4

実際に使ってみると、穴を開けるのに慣れるのには結構時間がかかる。力の入れ方にもよるが、「PUSH」(押す)と書いているところを押しても最初はうまく開けられなかった。慣れてしまえば便利なのかもしれない。ただ1枚ずつしか穴を開けられない点はユーザーの評価は分かれるかもしれない。1枚ずつ開けていたら複数枚の資料をとじ込む時には結構時間がかかってしまう。

パンチファイル5

パンチ機能はあくまで緊急用と割り切れば不満もないだろう。たかが穴あけ、されど専用品とは機能性に歴然とした差がある。

値段は税抜きで290円。色は8色。コピー用紙が最大150枚まで綴じ込み可能。

[rakuten]dmc-studio:10002827[/rakuten]

オススメ度:(面白い)
公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

中原 宏実

中原 宏実

40代男性。在京大手メディアのビジネスライター。良質の雑貨や文具は日々の生活を豊かにし、仕事のクオリティ向上にもつながると信じている。

この記者の記事一覧

トラックバック