松本潤さん出演CMにくぎづけ!明治『Theチョコレート』は、チョコの甘さとカカオの風味を贅沢に楽しめる

台の上でセクシーに歌う、嵐・松本潤さんのCMで話題の明治『Theチョコレート』が話題! すでに食べてみた方も多いかもしれないが、今回は2つの味「こく苦カカオ」と「香るカカオ」を食べ比べてみよう。

明治TheチョコレートIMG_1605

プチ贅沢、自分へのご褒美など、なんだかんだでちょっと特別なものが欲しくなる今日この頃。世間の想いを察してか、今年はプレミアムブームが止まらない。とはいえ、学校や仕事、家事や育児でがんばっている自分を、上質なチョコレートで癒してあげるのもいいリフレッシュ方法だ。明治『Theチョコレート』は、パッケージからして高級感あるチョコ。「こく苦カカオ」はゴールド、「香るカカオ」はシルバーと、それぞれの上質な世界観を表現している。箱を開けると、中には1つ1つ個包装された板チョコレートが並ぶ。1箱につき7本入り。

明治TheチョコレートIMG_1607

まずは「こく苦カカオ」からいただきます。こちらはベネズエラ産のカカオを中心に使用したチョコレート。口に入れると、こく苦という名前からは予想していなかった甘さがある! 噛み続けているうちに、ナッツのような、きなこのような香りが香ばしい香りが鼻に抜ける。苦いチョコレートはあまり食べない人にも、甘さと一緒にカカオのコクがしっかり伝わる仕上がりだ。

明治TheチョコレートIMG_1596

続いて「香るカカオ」を食べてみよう。こちらはブラジル・トメアスー産のカカオ豆を使用。ひと口でカカオの香りがものすごく広がる! なるほど、香るカカオというネーミングは確かにそうだ! すごく濃厚なチョコレートだが、酸味が強いので後味がすっきりしている。大人のビターチョコという印象だ。

明治TheチョコレートIMG_1594

2つを食べ比べてみて思ったのは、「こく苦カカオ」は意外に甘さもしっかりあったので、子供も美味しく食べられる味。また、「香るカカオ」はカカオ特有の酸味とチョコの濃厚さを味わえて、他のチョコレートにはないビターさがある。冷蔵庫で冷やすとさらに香りが高まるので、冷やして食べるほうがより魅力を満喫できると感じた。

明治TheチョコレートIMG_1609

明治『Theチョコレート』は、各1箱220円(税込237円)。全国のスーパーやコンビニなどで好評発売中! ブランドサイトにアクセスすると、嵐・松本潤さんのCMを見られるほか、「大人のこだわりTheチョコレート診断」など特典いっぱい! お見逃しなく。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

椿 景子

椿 景子

30代女性。年間1000点以上の菓子・ドリンク類を試食するスペシャリスト。兵庫県出身、マンション暮らし。

この記者の記事一覧

トラックバック