温めるだけで食べたかったあの味!『Delcy彩るおかず』シリーズ「あじの南蛮漬け」は主婦の強い味方!!

 

夕飯にもう一品!という時、レンジで簡単におかずが用意できる『Delcy彩るおかず 和惣菜シリーズ』から、『あじの南蛮漬け』が新発売。あまり“チルドパウチ惣菜”のイメージがないメニューだが、果たしてそのお味とは!?

 

おいしいけど、作るのは大変……そんなメニューを手軽に!

『Delcy彩るおかず』シリーズを手掛ける株式会社日本アクセス(東京都品川区)は、昨年創立25周年を迎えた大手食品卸売企業。「心に届く、美味しさを」をスローガンに、ドライ(常温)・チルド(冷蔵)・フローズン(冷凍)の3温度帯の食品を全国のスーパーやコンビニなどに供給している。

その日本アクセスは卸売業だけでなく、自社製品(プライベートブランド)の開発にも注力しており、『Delcy彩るおかず』シリーズがまさにそれ。そのまま電子レンジでチンするだけで、食卓に一品プラスできる人気シリーズで、今回新発売となったのが、『あじの南蛮漬け』(120g・標準小売価格320円・2019年3月11日発売)だ。

 

“あじの南蛮漬け”といえば、ご飯によく合うおかずとしておなじみ。甘酸っぱい味付けは、大人はもちろん子どもにも大人気だが、いざ作るとなると手間がかかる。そんなメニューが電子レンジで温めるだけで手軽に食べられるなら、こんなにありがたいことはない。

 

柔らかあじとシャキシャキ野菜で、ご飯が進む!

それでは、調理スタート。といっても、説明書きの通りに耐熱容器の上に『あじの南蛮漬け』を置き、500Wで1分20秒温めるだけ。

調理なんて言葉を使うのはおこがましいレベルだが、袋からお皿に出せば、目の前には立派な“あじの南蛮漬け”が!

茶碗にご飯を盛り、さっそく一口……もう、これは間違いない。甘酢のしっかりしとした味付け&唐辛子のピリ辛はクセになり、ご飯が進む進む。

揚げたあじはホロホロと柔らかく、骨を感じることなく食べられる。玉ねぎやにんじんはシャキシャキ食感で、これまたご飯によく合う。

ちなみに『あじの南蛮漬け』はレンジで温めずに、そのまま食べてもOK!レンジすら使わず、袋を開けるだけで一品の完成である。

 

冷蔵庫に常備しておけば、忙しいママの心の余裕に

お酒のおつまみとしてもおすすめ

家族の食卓に小鉢として一品プラスするのはもちろん、主婦のお昼ご飯にもピッタリ。何より、これが冷蔵庫に入っているというだけで安心感が全然違ってくる。疲れている日に、「今日は『Delcy彩るおかず』がある!」と思える心強さよ。

『あじの南蛮漬け』の賞味期限は製造から30日。『Delcy彩るおかず』シリーズは、ほかにも「ポテトサラダ」や「ごぼうサラダ」といったサラダ類、「海老チリソース」や「五目あんかけ」といった中華惣菜、「肉じゃが」「豚汁」といった和総菜の定番などなど幅広くラインナップしているから、いくつか常備しておけば、より一層、心の余裕につながりそう。この春から、職場復帰したママ友にも教えてあげねば……!

 

食卓に彩りを加え、味もおいしい『Delcy彩るおかず』シリーズは、まさに主婦の味方。購入は、全国のスーパーやドラッグストアなどで。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

中村あさか

中村あさか

小学生と幼稚園の息子を持つ30代。埼玉県の戸建て住まい。編集&ライター歴7年。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック