何をやってもダメだった口臭が…歯学博士開発の”超お手軽ケア”『IKIREI』がすごかった!

歯学博士が開発した口臭ケアで、クリアな息に!

自分では気付きにくい口臭。どんなにケアをしても家族にニオイを指摘され、人と会話することすら憂うつになってしまう・・・。歯学博士が開発した『IKIREI』はニオイをごまかすわけではなく、原因にアプローチして効果を発揮すると話題の商品。それがなんと、WEBで購入できるということで早速試してみたところ手放せなくなった。

ある朝、家族に「なんか、口が生ゴミみたいなニオイ」と言われたときのショックは忘れない。デンタルケアを丁寧に行ってきたが、ドライマウスの傾向があり、どうしても口臭が出やすい。これまで口臭予防のスプレー、タブレット、サプリメント、舌みがき……などあらゆるケアをしてみたが、効果が持続するものがない。面と向かって人と話すときもどうしても息が気になってしまう。

 

いろいろと試して、そのたびに落ち込んで……を繰り返していたが、ようやく巡り合えたオーラルケアが、日本歯科総合研究所(東京都港区)の『IKIREI』(イキレイ)だ。

歯学博士が口臭予防のために開発した口臭ケアトリートメントジェルで、デンタル業界の注目を集めているという。

結論から言うと、使用して3ヶ月経った今、口臭がほとんど気にならなくなっている。記者の場合は、使ったその場で実感できただけでなく、長時間にわたって口臭を予防する効果も実感している。

 

その秘密は、口臭防止効果が認められた「CLO2」(二酸化塩素)。様々な種類の“ニオイトラブル”を一手に引き受ける成分で、実感しているとはいえ驚きを隠せない。

一般的な口臭ケアは「一時的にカバーする」という方法であるのに対し、『IKIREI』(イキレイ)の場合は、「CLO2」を配合しており、根本的な原因にアプローチするというもの。

歯学博士が開発した『IKIREI』

確かに、記者の経験上、強烈なミントや花の良い香りで口臭をごまかせても、ちょっと時間が経てばあっという間にその効果はどこかに消えている。また、歯ブラシで舌をゴシゴシと磨くと、そのときはスッキリしても余計にドライマウスが気になってしまっていた。

気になったらほんの5秒でケアが完了!

というわけで使い始めた『IKIREI』だが、使い方は簡単。

一番シンプルなのは、大豆くらいの量を指に取って口の中に含み、舌や口の中に伸ばしていく方法。

あっという間にケア完了!

ちょっと口臭が気になった時に場所を選ばずほんの数秒でケアが完了。

パッケージがとてもオシャレで、まるで化粧品のよう。フレーバーは「ミント」と「ピーチミント」の2種類だが、歯磨き粉のような消毒臭はせず、辛さもなく、マイルドでナチュラル。しかも、味が口の中に残らない。

その日の気分で「ミント」と「ピーチミント」のフレーバーを使い分け

もちろん、歯ブラシにつけて口の中に広げてもOK。そのまま歯磨き粉として活用できる。生体に優しい成分でつくられているため、口の中に入れても安心。

使ってみて感じたのが、朝起きたときの口の中のなんともいえないあのニオイも、『IKIREI』を使うとまるで口の中で不思議な化学反応が起こっているかのように口臭がおもしろいほどに発生しなくなるように思う。

さらに、1か月間継続すると、ランチ後の歯磨きをしても夕方前には口臭が気になっていたのが、今ではあまり気にならなくなっている。そう、以前より口臭が起こりにくくなっているように感じるのだ。

歯磨き粉としても優秀で、口の中だけでなく歯もすっきり。記者の場合は口臭に対する即効性も感じられたが、やはり特筆すべきは継続して使用することで、口臭を長時間にわたって予防できた点。これは、今までのオーラルケア商品にはなかった効果だ。

スリムな形状でポーチにも収納しやすい

『IKIREI』は、全国100以上のデンタルクリニックでも販売されているが、通信販売でも購入可能。

コース回数の約束はないという。解約は次回発送日10日前までに電話すればいいということなので、まずはお気軽に試してみてはどうだろうか。

 

記者は今、人と話すときに口臭を気にしなくていいのは、本当に幸せなことだと実感している。記者のように「何を使ってもダメだった」と落胆している人にこそ、おすすめの商品だ。 

 

 

 

 

 

記者

清見 なみ

フィットネスや美容の記事を数多く執筆しているライター。小学生の頃からドラッグストアコスメが大好きで、偏愛歴は長い。

この記者の記事一覧

photo by 尹哲郎