秋の初めのフルーツティーが仲間入り!キリン『午後の紅茶ティーパーラー 巨峰&マスカット』

リンの「午後の紅茶」は、ボトル入り紅茶飲料のNo.1ブランド。その本格的な味わいに対し、もう少しリラックスしたカフェ気分のデザートティーのブランドが「午後の紅茶ティーパーラー」シリーズだ。このシリーズに、8月20日に仲間入りした新フレーバーが『午後の紅茶ティーパーラー 巨峰&マスカット』だ。夏向けの期間限定商品だった「サマーミルクティー」から、いよいよ秋向け商品への切り替えである。

1

この『午後の紅茶ティーパーラー 巨峰&マスカット』は、果汁0.3%。その名の通り、使用している果汁の半分は巨峰で、半分はマスカットである。エネルギーは100mlあたり0~4kcalと、「100mlあたり5kcal未満」なので、いわゆるカロリーゼロ飲料と表示されている。

2

さっそく飲んでみる。香りのいい「午後の紅茶」をベースに、巨峰とマスカットの果汁が濃厚な味わいとさわやかな甘さが主張する。少し甘みが強い気もするが、デザートティーとして、このくらいの色濃い秋のフレーバーを打ち出してきたのだろう。とはいえ、カロリーゼロのヘルシードリンク。500ml紙パック入りで、税込105円。全国のコンビニ、スーパーで発売中。

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

複数の雑誌のデスク・編集長等を経てフリーライター/エディター。主にビジネス/経済系の著書・記事多数。一橋大学法学部卒。八ヶ岳山麓に移住して20年以上。趣味は、スキー、ゴルフ、ピアノ、焚き火、ドライブ。山と海と酒とモーツァルトを愛する。札幌生まれ。

この記者の記事一覧

トラックバック