飲んだ直後に違いがわかる!寒い季節の「美温活」には『乳酸ジンジャー』最強説を検証!

おいしくて、ポカポカ!文句なしの冬のお守り

「冷えは万病のもと」なんて言葉もあるが、冷え性の人にはつらい季節がやってきた。年々、冬を越すのがツラくなっている記者は、毎日ように冷え対策グッズを探してネット空間をさまよっている。数ある冷え対策の中でも「飲んだ直後に違いがわかる!」とリピーターが続出しているのが、株式会社ジェイイーエスの『乳酸ジンジャー』だという。
果たして、どんな飲み心地なのだろうか。

風呂上りでもすぐに冷えて眠れなかった記者が…

 

体が冷えると、眠れないし、仕事にも集中できないし、美容にも悪そう。記者はダウン入りの靴下が手放せない極度の冷え性で、1年の中でも冬は一番トラブルが生じやすい季節だ。今回は、寒い季節をできるだけ美しく乗り切りたいと心から願いながら、『乳酸ジンジャー』を試してみた。

濃厚なエキスを水で薄めて

飴色の濃厚なエキスを水で薄め、ゴクリと飲んだ直後からお腹の中で心地よい温かさを感じる。

その後、時間をかけて、お腹の中の温かさが全身に広がっていくような感じ。冷たい足の先もじわじわと温かくなってきた。

これ、スゴいかも……!

お湯で溶かしたわけではないのに、体がポカポカとしてくるという、なんとも不思議な体験。
しかも、ほどよくスパイシーでとってもおいしい。これなら毎日飲めそう。

例えば、自作のすりおろしショウガの飲み物を飲んでも、ここまでわかりやすい変化を感じたことがないのだが、『乳酸ジンジャー』はいったい何が違うのだろうか?

ただのすりおろしショウガとは違うのが『乳酸ジンジャー』

すりおろしショウガなど生のショウガに含まれるのは「ジンゲロール」という成分で、一時的に温かさを感じさせるもの。内側の熱を身体のすみずみに運ぶので、逆に体内の熱を奪ってしまって、冷えが悪化する原因になってしまうことも。

しかし、生姜を乾燥させたり、加熱した時に生まれる「ショウガオール」という成分は「体の深部からじっくり温める」ことができるという!

一般的なショウガシロップは安価な絞り汁で作られていることが多いから、体の中から温める「ショウガオール」が入っていない。しかし『乳酸ジンジャー』には、ショウガを粉末にして「ショウガオール」をぜいたくに配合。これが『乳酸ジンジャー』を飲んだ時の実感の差なのだろう!

牛乳と混ぜても美味!

『乳酸ジンジャー』は、黒糖蜜のほんのりとした甘さからショウガの刺激がクセになる味わいで、ついつい「もう1杯!」とクセになる。炭酸水で割ると、オシャレカフェで出されそうな「自家製ジンジャエール」があっという間に完成!

さらに、温かいミルクティーに大さじ1杯入れると、スパイシーな「ミルクチャイ」が完成。体の芯から温まるので、最近は帰宅後の習慣になっている。

この他にも、ヨーグルトにかけてみたり、調味料としてショウガ焼きのたれに加えてみたり、と楽しみ方は無限大。

ショウガだけじゃない!乳酸ジンジャーに詰まったこだわり成分

高知県産ショウガ使用

『乳酸ジンジャー』は、ショウガの良質な成分をたっぷり摂れるよう工夫されているが、じつは、さらなるこだわりも詰まっている。

同社が主力商品として販売するミネラル水やミネラルの運び屋と呼ばれるフルボ酸エキス成分に加え、植物性乳酸菌が5000億個も投入されている。また不足しがちな水溶性食物繊維も配合し、スッキリまでもサポートしてくれる。

素材は全て国内産。

人工甘味料、香料、着色料、保存料、無添加と、とことん女性の体に寄り添って作られている点も安心できるポイントだ。

商品開発者が「こだわりすぎて、商品化に苦労した」と語るのも納得。

記者にとっては今や『乳酸ジンジャー』は、大嫌いな冬を元気に乗り切るエキスの詰まったお守りのような存在になっている。

冬を元気に乗り切るために…

サンプルは10ml×3袋入り、思った以上にたっぷり入っている

 

ショウガをはじめとする栄養がたっぷり詰まった『乳酸ジンジャー』は通常、1本当たり4,320円のところ、なんと100円(税込・送料無料)で気軽におためしできる!

冬の冷えが気になる人や、毎日のスッキリが感じられない人は、まず『乳酸ジンジャー』の実力を知ってほしい! 

 

 

《会社概要》

《特定商取引法》

《プライバシーポリシー》

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします