赤ちゃんのカサカサ乾燥肌やかぶれに!『アトピスマイルクリーム』はお米由来の成分で皮膚水分保持能の改善を目指す保湿剤!【sponsored by 勇心酒造】

sponsored by 勇心酒造

赤ちゃんのほっぺや首、腕や足がいつの間にかカサカサに。肌荒れやおむつかぶれに始まり、皮膚炎など赤ちゃんの肌トラブルは意外に多い。勇心酒造株式会社が製造・販売するアトピスマイル®クリームは、お米由来の成分からできているステロイド・カゼイン不使用の保湿クリーム。子供の肌トラブルに悩むパパ&ママの間で話題のこの製品を、0歳7ヶ月の娘を持つ記者が実際に使ってその魅力をたしかめてみた!

 

累計販売本数50万本!「皮膚水分保持能の改善効果」で選ばれている『アトピスマイルクリーム』とは?

空気の乾燥がピークを迎える冬。水仕事であかぎれやさかむけ、かぶれなどのトラブルが常態化し、ハンドクリームや保湿剤が手放せないという人は多いのでは。大人の自分はもちろん、子供たちの肌荒れで悩んでいる親御さんは多いだろう。0歳7ヶ月の娘を持つ記者もその一人で、娘のほっぺや首、肘や足のカサカサが気になっている。

 

赤ちゃんのお肌はかぶれやすくて実は弱い。冬は乾燥対策を!

しかも赤ちゃんの肌はとても敏感で繊細。あんなにぷりぷりして見えるのに、皮膚機能が未発達なために肌の水分バランスを保つのが苦手で、すぐに水分が蒸発し乾燥しやすいという。よだれや汗による肌荒れ、おむつかぶれなどのトラブルも起きやすく、またそれによって夜泣きやご機嫌斜めにつながってしまうことも。掻きむしらないうちに、何とかお肌を保湿してあげたいと思う。

勇心酒造株式会社アトピスマイルクリーム』(25g・希望小売価格 税抜2,500円・2002年発売)は、赤ちゃんのお肌の乾燥や肌荒れが気になるパパ&ママの間で評判の保湿クリーム。累計販売本数50万本という人気製品なのだ。

 

なぜそれほど注目されているかというと、日本で唯一、「皮膚水分保持能の改善」効果が認められた医薬部外品の有効成分「ライスパワー®No.11」を配合しているから! 大人も赤ちゃんも使える点も、娘を持つ親として注目したいところだ。

 

酒造ならではの独自の発酵技術!「ライスパワー®エキス」はなぜすごい?

一般的に赤ちゃんの肌はきれいでなめらか、水分がたっぷりでぷりぷりというイメージがあるけれど、大人に比べると格段にその機能は未発達で肌トラブルを起こしやすい。しかもよだれや涙、食事の食べこぼしなど汚れてしまうことも多く、おむつかぶれに至ってはほとんどの赤ちゃんが一度は経験するもの。

ダメージを毎日受け続けた肌は、バリア機能が壊れてしまうから、毎日こまめに保湿することが大切。『アトピスマイルクリーム』はお米由来の「ライスパワーNo.11」で、赤ちゃんの肌をやさしく改善しようという保湿クリームなのだ。

※皮膚水分保持能の改善

この「ライスパワーエキス」とは、国産米を原料として、麹菌、酵母、乳酸菌などの微生物の力を借りて作られる成分。流行りのお米を原料としたコスメや米ぬかスキンケアなどとは根本的に異なり、醸造発酵という伝統技術に最新の科学を掛け合わせてつくられるものだという。

『アトピスマイルクリーム』は25gサイズと50gサイズの2種類を展開。

「ライスパワーエキス」は36種類もあり、その中でも「ライスパワーNo.11」は「皮膚水分保持能の改善」という唯一の効果を認められた医薬部外品の有効成分。肌表面がしっとりするだけの保湿に留まらず、肌そのものが水分を保てるように改善するための有効成分なのだ。

 

そういえば、ハンドクリームや保湿剤って「塗った直後しか効果がない」と思うことがある。それは表面だけの保湿だからで、自分の肌そのものは何も変わっていないからなんだと気づいた。

赤ちゃんの肌は回復力も早いはずだから、お米由来の成分で肌機能が正常に働くようにサポートしてあげたい!

アトピスマイルクリーム』を実際に使ってみた!塗るだけで本当に皮膚水分保持能が改善する?

アトピスマイルクリーム』は、一般的な保湿クリームと同じく1日数回気になるところに塗るだけでOK。便利なチューブタイプだから、気になるときにさっと指や手のひらに適量を取れるのもいい。

今の時期は特にお風呂上りや洗顔後、外出先から帰ってきたときにお肌が乾燥しやすいから、こまめに塗って保湿したい。

中身は真っ白なクリームで、無香料。ステロイド・カゼイン不使用。ほとんど無臭で、ほんのりとお米由来の香りを感じる。どことなくほっとする香りだ。

指先に取った時点で、柔らかくて伸びのいいクリームであることがわかる。娘のほっぺや首、腕や脚、背中など乾燥が気になる部分に塗り広げていくと、ミルクタイプの保湿クリームに近いくらいするすると伸びて塗りやすい。

朝の洗顔後に『アトピスマイルクリーム』を塗っておくと、お昼になっても頬がぷりぷりなことに驚いた。寒い公園におでかけして、暖房で乾燥するスーパーなどにも立ち寄ったのに、娘の肌がかさついておらず潤いをキープできていた。これはびっくり!

記者の手でためしてみたら、乾乾燥で敏感になっている肌に塗り込んでも、しっとり落ち着いた。べたつきもほとんどなく、数分もするとさらっと肌になじんでくれる。顔全体や皮膚が薄い目元・口元にも使用できるのもいい。

 

赤ちゃんではありえないガンコなカサカサの肘や膝、かかとも、使用していくたびに黒ずみが減ってきた気がする。一般的に強い薬で肌荒れが改善するのはイメージできるが、肌に優しいのに改善ケアができるというのが一番驚いた。

※皮膚水分保持能の改善

 

アトピスマイルクリーム』の公式サイトには、赤ちゃんや子供に使ってみた人たちからの声が掲載されていて、いずれも記者の娘より格段に大変な症状で、その人たちがどれほどわが子の肌のことを考えて選んだのかがよくわかる。

 

ひどい肌荒れでステロイドなどを頻繁に使っていた赤ちゃんが、平行して『アトピスマイルクリーム』を塗り続けることで肌の調子が良くなったという話は、同じような悩みを持つ親御さんにとっては見逃せない。

親ができることは、保湿クリームを塗ってあげることと爪を切ってひっかかないようにすることくらい。今回使い続けたくなる効果が実感できたので、『アトピスマイルクリーム』で子供の肌を見守っていきたいと思った。

勇心酒造株式会社『アトピスマイルクリーム(薬用No.11クリームAC)』(医薬部外品)は、25gサイズ2,500円(税込2,700円)で送料無料。50gサイズもあり。しかも無香料・無着色、ステロイド不使用、カゼイン不使用。シリーズ製品として、ボディローションや石けんなどもある。詳しくは公式サイトをチェック!

 

《公式サイトはこちら》

 

《会社概要》

オススメ度:(絶対におすすめ)
公式サイト:『アトピスマイル』シリーズ公式サイト

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします