日本初!「カツオ由来エラスチンペプチド」×「DHA&EPA」Wの成分を組み合わせた機能性表示食品『血管ストレッチ』をためしてみた

 

寒暖差の大きな冬は、血管にも大きなストレスがかかっているのをご存じだろうか。室内外や浴室と脱衣所など、気温差が大きい場所を行き来すると、血管が収縮したり血圧が変動したりして負担をかけてしまう。これに耐えるには、しなやかな血管と中性脂肪の少ない血液が必要だ。『血管ストレッチ』は、加齢とともに低下する血管のしなやかさ(※1)維持と血液中の中性脂肪低下のWの機能を持った日本初(※2)の機能性表示食品。その内容と飲みやすさをレビューしよう。

(※1)血管を締め付けた後の血管の拡張度(※2)2022年7月19日時点 消費者庁届出情報(自社調べ)、「カツオ由来エラスチンペプチド」と「DHA・EPA」の2つの機能性関与成分を配合した機能性表示食品について 

 

1日2粒目安! 普段の食事では摂りづらい成分をお手軽摂取

キューサイ(福岡県)は、1965年に創業したヘルスケア商品、スキンケア商品等の製造・販売メーカー。「まず〜い、もう一杯! 」でお馴染みの「ケール青汁」をはじめ、「コラリッチ」などの化粧品、各種サプリメントや機能性表示食品を多数取り扱っている。

今回紹介するのは、血管・血液ケア商品『血管ストレッチ』(60粒/約30日分・通常価格 税込3,800円・発売中)。「血管のしなやかさ(※1)維持」と「血液中の中性脂肪低下」の2つの機能を組み合わせたサプリメントだ。

 (※1)血管を締め付けた後の血管の拡張度

「血管のしなやかさ(※1)維持」成分には、「カツオ由来エラスチンペプチド」を配合。牛や豚の大動脈やカツオの血管、心臓など、普段の食事ではなかなか摂取できない食品に含まれている成分で、血管に直接働きかけ、しなやかさ(※1)を保つことで知られている。

(※1)血管を締め付けた後の血管の拡張度

もう1つの「血液中の中性脂肪低下」に働きかける成分として、DHAとEPAを配合。マグロやカツオなどの魚に多く含まれる必須脂肪酸で、血中の中性脂肪を低下させる機能が報告されている。ヒトの体内で作ることが難しいうえに野菜や肉にはほとんど含まれないため、効率よく食事で摂取するには毎日魚を食べなければならない。これは大変だ。

『血管ストレッチ』は、この普段の食事では摂取が難しい成分を1日2粒(目安)で取り入れられるようにしたサプリメントというわけ。寒さや食べすぎてしまうこの季節、血管や血液のケアを手軽に行っていきたい。

ソフトカプセルタイプ。DHAやEPAは魚臭いイメージがあるが、匂いはほとんどなし。

 

1日2粒を好きなタイミングで、水と一緒に摂取する。

幅12mmの若干小さめサイズ。ツルツルとしていて喉に引っかからず飲みやすい。2粒同時に飲み込んだが、味も違和感もなく飲み込めた。これなら毎日継続して続けられそう!

『血管ストレッチ』は公式オンラインショップにて発売中。

公式サイトはこちら

記者

森脇 学

20代男性。工学系出身ライター。食品・工学・アニメ・漫画と幅広い知識を活かして執筆中。関東住まい。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック