【新提案】『日清やみつきオイル 海老ラー油』でいつものメニューを生まれ変わった!【シーズニングオイル】

ちょいかけでいつものメニューが変身

 

オイルで味付けをするという新発想から生まれた『日清やみつきオイル』シリーズ。その名の通り思わずやみつきになるその味わいは、かけたり、つけたり、炒めたり、様々な使い方ができる。あらゆるシーンで活躍する万能オイルを使ってみよう。

 

万能! シーズニングオイルという新たな選択肢

日清オイリオグループ(東京都)は、油脂事業、加工食品やファインケミカル事業などを手がけている。オイルの上手な活用法や魅力を提案するとともに、新しい使い方や魅力の詰まったオイル商品も数多く発売。

(写真左から)「ごま油にんにく」「ガーリックバター風味」「アジアンパクチー」「海老ラー油」

『日清やみつきオイル』シリーズは、「調味料としてかけるオイル」をコンセプトにかかげた味付けオイル。食べてる途中で追いがけして味変を楽しんだり、炒め物など火を使う料理の味付けなど、様々な調理方法で楽しむことができる。

 

ベースとなるオイルには、にんにくやハーブ、レモングラスなど様々な風味を加えており、複雑な風味の表現もこれ1本で簡単。

 

『日清やみつきオイル 海老ラー油』を使ってみた!

今回紹介するのは、全4種の中から、最近仲間入りした『日清やみつきオイル 海老ラー油』(100g・希望小売価格 税込354円・発売中)

ワンタッチで開けられるキャップ。細い注ぎ口なので、適量を料理にプラスすることができて使い勝手もいい。

 

炒めものや焼きものはもちろんのこと、仕上げにかけたり、つけたり。いつもの料理に調味料感覚でオイルをプラス。

小皿に注いでみると、海老の濃厚な香りがふわっと漂う。さらにレモングラスの爽やかさと、花椒と唐辛子のしびれるような辛みがある。オイルならではの旨味を生かすために、砂糖や塩を使用していないのもポイント。

いつも同じ調味料を選んでしまいがち…そんな時にも。醤油をかけることが多い冷奴に「海老ラー油」をかけてみよう。サラリとしたオイルなので、素材にも馴染みやすく、口の中に味わいがサッと広がる。

 

『日清やみつきオイル 海老ラー油』が変える味の常識

ガツンと香る海老の濃厚な香りと旨み、さらにピリッと刺激的な奥深い辛さ。複雑なおいしさが豆腐と絡み合い、いつもの冷奴がまた違ったおいしさとして楽しめる。ビールやハイボールのおつまみとしてもおすすめ。

ワンタンスープの香りづけに、追いオイルをしてみよう。温かいスープに加えると、オイルの華やかな香りがより一層引き立つ。食用植物油脂には、なたね油と大豆油を使用している。

 

「海老ラー油」は、辛党さんにもおすすめの味わい。旨辛さが増すので、サラダにかけたり、チャーハンの味付けにプラスしたり。いつものメニューを刺激的なおいしさに変えてくれる。冷しゃぶ、サラダチキン、カルパッチョなど、肉や魚との相性も抜群。

常温保存が可能で、卓上に置いておきやすいコンパクトさ。調味料感覚で使える『日清やみつきオイル』でいつもの料理がワンランク上のおいしさに。クセになるこの味わいをぜひ体験してみて。

 

入手は全国のスーパーなどで可能だ。

 

あわせて読みたい:『あごだし てりたれ』なら、あご出汁の効いた美味しそうな照り照りの煮物料理があっという間にできる!

 

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン/マーケティング専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。雑誌やWebメディアでの執筆・連載多数。調理、アートワーク制作から撮影まで、すべてをこなすマルチクリエーター。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック