【ドリップバッグ】ブーケにナッツにフルーツ、チョコ、これ全部コーヒーの味! 『UCC GOLD SPECIAL PREMIUM ワンドリップコーヒー』!【全4種飲み比べ】

コーヒータイムを手軽に豊かに

 

日本人が慣れ親しんできたコーヒーの味を支えてきたUCCブランド。そのカップにセットしてお湯を注いで飲める流行のドリップバッグタイプの製品が『UCC GOLD SPECIAL PREMIUM ワンドリップコーヒー』だ。こだわりの単品焙煎が醸し出す、コーヒーを超えたコーヒーの風味とは? 4種全部おためしだ!

 

珈琲豆の実力を時間をかけて引き出した『UCC GOLD SPECIAL PREMIUM ワンドリップコーヒー フローラルダンス/フルーティウェーブ/ナッツビート/チョコレートムード』

UCC上島珈琲(兵庫県)『UCC GOLD SPECIAL PREMIUM ワンドリップコーヒー』(10g×5杯分・実勢価格 税込538円・2022年9月1日発売)は特別な器具の要らない、ドリップバッグ・タイプのコーヒー。一杯ずつ開けたて・挽き立ての風味を味わえることから、近年の宅飲みコーヒーシーンに急速に普及したタイプだ。

今回紹介する『UCC GOLD SPECIAL PREMIUM ワンドリップコーヒー』は、老舗ブランド・UCCによる、珈琲豆の実力に迫ったこだわりの「UCC GOLD SPECIAL PREMIUM」シリーズの一つだ(他に粉タイプ、豆タイプあり)。時代やトレンドに合わせて進化するドリップバランス、豆本来の特長にこだわった製品作りが特長で、産地や銘柄の違いを一緒くたにせず、時間がかかってもそれぞれ単品で焙煎しているのだという。

 

そうして引き出すのは、珈琲豆それぞれが持つ真の実力。ラインナップは「フローラルダンス」「フルーティウェーブ」「ナッツビート」「チョコレートムード」の4種類。名称からもわかる通り、それぞれ個性的なコーヒーの味をくっきり鮮やかにブレンドしたという。もちろん香料などではなく、珈琲豆そのものが持っている風味である。

 

 

『UCC GOLD SPECIAL PREMIUM ワンドリップコーヒー フローラルダンス』を淹れてみた!

 

「スイートブーケのような華やかさ」がキャッチフレーズ。花束は飲むものではないが、華やかな香りというのに期待してしまう。

 

 

実際に飲んでみると、確かに酸味の強さとともに華やかな香りが口の中一杯に広がる。ローズと言えばローズ、もう少しピーチ寄りの甘い香りだ。

 

 

フルーティーなコーヒー感はスペシャルティコーヒーに通じるものがあり、後味が甘酸っぱいというのも個性的だ。

 

ドリップの過程

ふんわりと良い香り

 

 

『UCC GOLD SPECIAL PREMIUM ワンドリップコーヒー フルーティウェーブ』を淹れてみた!

 

「完熟ベリーのような余韻のある甘さ」がキャッチフレーズ。実際に飲んでみると、しっかりと焙煎したコーヒーの香りとともに、ブラックベリーやブルーベリーのような紫が濃いタイプの、上品な果実のアロマがやってきた。口あたりは柔らかく、余韻にはっきりとわかる甘みが残っておいしい。

 

 

『UCC GOLD SPECIAL PREMIUM ワンドリップコーヒー ナッツビート』を淹れてみた!

 

「炒りたてナッツのような香ばしさ」がキャッチフレーズ。実際に飲んでみると、酸味が強めで、ほどよい苦みとともに、焙煎感を感じる香ばしさがやってきた。珈琲豆販売店でたまに置いてある焙煎カシューナッツのような風味があり、甘みが舌に残った。

 

 

 

『UCC GOLD SPECIAL PREMIUM ワンドリップコーヒー チョコレートムード』を淹れてみた!

 

「焦がしカカオのようなほろ苦さ」がキャッチフレーズ。実際に飲んでみると、さわやかなほろ苦さが、焦がしカカオやカラメルに近いというのがよくわかる。

 

 

ハイカカオ過ぎない上質なチョコレートのようなテクスチャーに、酸味と甘みが調和して、素敵な余韻を生んでくれた。

 

 

「UCC GOLD SPECIAL PREMIUM」は、他に粉タイプや豆タイプも存在する。入手は全国のスーパーマーケットやネット通販にて可能だ。

公式サイトはこちら

記者

清水 りょういち

食レポからタバコ・コーヒーなどの体に悪い系、果てはIT、経済分野までフォローする新しもの好きライター。「わかりにくいをわかりやすく」がモットー。元「月刊歌謡曲/ゲッカヨ」編集長

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック