秋の味覚を食卓に! これなら手軽に栗ごはんが楽しめる! 『だしを愉しむ 栗ごはんの素』で季節の味を堪能しよう

おうちで秋の味覚を頂こう

 

秋の味覚「栗」を使った炊き込みごはん。一から作ろうと思うと、栗の皮を剥き、あく抜きをしてから下茹で…とかなり手間がかかるけれど。『だしを愉しむ 栗ごはんの素』があれば、いつもの炊飯に加えるだけ。秋限定のおいしさを堪能してみよう。

 

鰹節専門店が作る炊き込みごはんの素

にんべん(東京都)は、300年以上続く鰹節専門店。本物の鰹節作りを追求することはもちろんのこと、鰹節を使った数々の商品も開発している。今回ご紹介するのは、にんべんの人気商品「だしを愉しむ 炊き込みご飯の素」シリーズより9月~11月限定の商品。

『だしを愉しむ 栗ごはんの素』(内容量130g・希望小売価格 税込1,080円・9~11月季節限定発売)

具材100g・調味だし30g

中に入っているのは、栗シラップ漬けと調味だし。

本枯鰹節の濃厚だしには、かつお節、そうだ鰹節をはじめ、みりんや昆布も使われている。素材のおいしさを生かすため、化学調味料や保存料は不使用。常温で保存が出来るので、ストックしておくのにも便利。

シラップ漬けということで、甘い蜜に漬けられた栗がゴロゴロ入っている。

 

簡単に料亭のような味わいを

用意するのは米2合だけ。早速、栗ごはんを作ってみよう。

作り方もとても簡単。まずはいつもと同じように洗米する。

調味だしと水を加える。調味だしは封を開けただけで、だしのいい香り。鰹節専門店だからこそ作れる上品な風味に期待が高まる。

白米2合を炊く水加減に合わせ、ゆっくりと全体を混ぜてからいつもと同じように炊飯しよう。

ごはんを炊いていると、醤油とだしの甘くいい香りがキッチンを包む。艶々の炊きあがりでこれだけでもおいしそう! 

ごはんが炊けたら、栗をシラップごと加える。軽くかき混ぜて、10分ほど蒸らそう。

 

 

ホクホク甘い栗のおいしさと、上品でまろやかな味と香り

だしを愉しむ栗ごはんのできあがり。マイルドで上品なだしの風味で、ふっくらごはんに舌鼓。鰹節の旨みはもちろんのこと、昆布のやわらかな風味もきいている。

ゴロッと存在感のある栗がホクホク甘くておいしい。これはもう子どもから大人まで好まれる味わい。いつもと同じようにごはんを炊く時に調味だしや具材を加えるだけだから誰でも簡単。食卓に季節のおいしさをプラスしたい時にも便利。

 

炊き方に記載はないが、もち米を少し混ぜて炊けば、栗おこわ風の味わいも楽しめそう。

 

食で季節を感じよう

炊き立てもおいしいが、時間が経ってからもまた味が馴染んで美味しくなる。秋の行楽弁当の一品としてもおすすめ。栗ごはんが入っていたらなんだか嬉しくなってしまうはず。

『だしを愉しむ 栗ごはんの素』は9~11月の季節限定商品。今しか味わえないこのおいしさを、ぜひ手軽に楽しんでみて。

にんべん店舗・公式オンラインショップで発売中。

 

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン/マーケティング専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。雑誌やWebメディアでの執筆・連載多数。調理、アートワーク制作から撮影まで、すべてをこなすマルチクリエーター。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック