アウトドアにもぴったり! 持ち運びもラクラクな『ザイグル・グリドル』は、IHから焚き火台まで使い勝手が超抜群だった

 

世界的卓上グリルブランド「ザイグル」シリーズに、『ザイグル・グリドル』が仲間入り! 性能にこだわりぬいたキッチンアイテムは、おうちだけでなく、アウトドアでも楽しめるのだ。高機能な使い心地をさっそくおためししてみた!

 

焼く・煮る・揚げることができる「ザイグル」シリーズのグリルパン

TUF(東京都)は、新しいジャンルの調理器「ザイグル」の日本総代理店。赤外線ヒーターで炭火焼きのようなおいしさを楽しめる卓上調理器で有名だが、シリーズには関連商品も登場している。

幅:360mm/重量:約1400g

今回ご紹介する『ザイグル・グリドル』(2サイズ・希望小売価格・税込12,800円 ・発売中)は、同シリーズのラインナップのひとつ。おうち、アウトドアとダブルで「使える」「ばえる」のグリルパンだ。

 

形状はフラットな底面形状だから、安定感は抜群! IH対応、ガスコンロ、エンクロヒーター、ラジエントヒーター、ハロゲンヒーター、キャンプでの焚火台だってOK。焼物や煮物、揚物調理もおまかせ。

附属品:収納ポーチ(左)・ウッドハンドル(右)

グリドルは5層構造によりおいしく調理ができるのがポイント! 調理中の温度ムラを抑え食材にじっくり熱を伝えることで、簡単にメインディッシュが作れちゃう。構造の中でもノンスティックコーティングは、強力なこびりつきを防いでくれるのだ。安全性も考えられ有害物質もゼロだから、環境にもやさしい。これは料理の腕も上がりそうな予感がしてきた。

 

『ザイグル・グリドル』をためしてみよう

今回はアヒージョを作りにチャレンジ! 具材はエビなどのシーフード、きのこ類などをお好みで。

見た目は細かな模様がたくさんついている。なんだか重そう… と思いきや想像以上の軽さ! 握力のない記者でも持ち運びしやすい。使用前は食器用中性洗剤でよく洗い、具材の下準備が終わったら調理をはじめよう。

フラットな形状だから食材を炒めやすい

『ザイグル・グリドル』をIHヒーターに置き中火で温める。この際、塗膜保護のため中火から弱火で使用する。表面が温まってきたら、オリーブオイル、ニンニク、鷹の爪を加えて香りを引き出す。

食欲をそそるニンニクの香りがたまらない! 次はにんじんを加えて…

そして、秋の味覚、マッシュルームやエビなどのシーフードも! グリルの表面もスルスル動くので、木べらでひと振りしただけで食材がしっかり絡み合う。全体の火の通りがすごい早い。

最後に塩を加えて完成! 調理時間は約20分と短め。鉄板にこびりつきやすいニンニクも引っ付くことなく調理できた。これはすごい!

やけどに気をつけて!

料理が完成したら、『ザイグル・グリドル』にウッドハンドルを取り付けテーブルへ。これなら、鍋つかみを用意しなくても持ち運びが楽にできる。

アヒージョを器に移し食べてみると、アッツアツ! 絶妙な火加減のおかげなのか、素材のプリッとした食感が最高。 熱伝導のバランスが良いため、火力が弱くても十分調理できる。『ザイグル・グリドル』を使うだけで省エネにもつながりそうだ。

食洗器もOK

食べ終わった後の片付け。いつも油汚れやこびりついた食材を洗うのに苦戦している記者。『ザイグル・グリドル』はノンスティック加工だから、お掃除もラクラク! やわらかいスポンジと台所用洗剤で洗うだけで、油汚れもサッと落ちた。お手入れの手軽さは魅力的だ。

 

『ザイグル・グリドル』は選べる2サイズ

今回ご紹介した36㎝タイプのほかに、ワンサイズ小さい30㎝タイプ(希望小売価格 税込9,800円)も発売中! 重さも約1kg未満なので、より軽いタイプを選びたい人はこちらを選んでみてはいかが。

30㎝タイプ(左)・36㎝タイプ(右)

しかし、どちらにするか迷う… サイズ感がわかりづらい人もいるだろう。記者基準だが、36㎝は大きめのじゃがいもが約8個、30㎝は約6個入る大きさ。普段使っているフライパンと比較してみるのもいいかもしれない。

 

インドア、アウトドアと両方便利に使いたい人にピッタリな『ザイグル・グリドル』。食欲の秋はワイワイ楽しみながら旬の食材を味わってみて。購入は公式オンラインサイトにて。

 

ザイグル・グリドル(30cm)の購入はこちらから

ザイグル・グリドル(36cm)の購入はこちらから

ザイグル・グリドル2枚セットの購入はこちらから

 

記者

ななとも

幼いころから五感で動き回るのが大好き。小さなカラダであちこち動きながら、「思い立ったら吉日」の人生を神戸の街で過ごしている。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック