こだわりのさば缶とさば缶を楽しむための日本酒がセットに『金華さば缶詰&ためのセット』で贅沢なひとときを

それぞれの食べ比べも楽しい、おいしいさば缶と日本酒のセット

 

石巻港で水揚げされた、産地でしか食べられない金華さばのおいしさを缶詰に。こだわりのさば缶と共に頂くのは、さば缶のために作られた特別な日本酒。人気のさば缶と日本酒がセットになった『金華さば缶詰&ためのセット』でおうち飲みを贅沢な時間に。

 

産地でしか味わえないおいしさを届けたい

木の屋石巻水産(宮城県)は石巻市に本社を構え、三陸の豊富で新鮮な魚介類を活かした缶詰を製造・販売している。新鮮な魚のおいしさを届けたいという想いから、保存料などの食品添加物は極力使用しないのがモットー。国産調味料を使ったシンプルな味付けで、素材の味わいを大切にした良質な缶詰が人気だ。

今回ご紹介するのは木の屋の人気商品と日本酒がセットになった『金華さば缶詰&ためのセット』(箱入り・希望小売価格 税込3,980円・発売中)

セット内容は、

  • 金華さば水煮
  • 金華さば味噌煮
  • 金華さば<彩>レモン
  • さば缶専用日本酒「ための」

 

3種の金華さば缶とさば缶専用の日本酒

それぞれ味わいが違う3種の金華さば缶詰。どれも石巻港で水揚げされた金華さばを冷凍することなく鮮魚のまま缶詰にしたもの。

アルコール分:15%

日本酒「ための」は地元の酒店「北上川」との共同開発。さばの旨みをひきたてるように優しい風味とすっきりした味わいが楽しめる。

木の屋「金華さば水煮缶」を楽しむための「ための」

 

添加物、保存料を使用しないこだわり

こちらは王道の『金華さば水煮』。

原材料はさばと食塩のみでとにかくシンプル。添加物や保存料など、余計なものが一切入っていない。

プルタブ式の缶を開けると、所狭しと肉厚のさばがぎっしり。

ふっくら、やわらかなさばの身は上品な味わい。生臭さはもちろん一切なく、骨まで食べられる柔らかさ。煮汁ごと頂くことで、さばの旨みや栄養分を余すところなく味わえる。

 

おいしいさば缶で作る絶品「さばのアヒージョ」

そのままでおいしい「金華さば水煮」を使ってアレンジレシピを楽しもう。今回作るのは、さば缶を丸ごと使った「さばのアヒージョ」。

 

  • 金華さば水煮
  • にんにく
  • マッシュルーム
  • ミニトマト
  • パセリ
  • オリーブオイル

さば缶は煮汁ごと全部使おう。スライスしたにんにく、マッシュルーム、ミニトマトと一緒に小鍋に入れ、具材が浸るようにオリーブオイルを加える。

火にかけると、いい香りが漂ってくる。具材全体に火が通ったら出来上がり。

お皿に盛り付けて、刻んだパセリを散らそう。

旨味たっぷりのさばのアヒージョ。まるで生のさばを調理したようなおいしさ。食欲をそそるにんにくやマッシュルームの香り、ミニトマトのジューシーな酸味がアクセントになり、箸が止まらない。

 

まろやかな甘口の日本酒とともにマリアージュを楽しんで

おいしい「さばのアヒージョ」とともに頂くのは、もちろんセットに入っている日本酒「ための」。

とてもやわらかな口当たり。まろやかで穏やかな甘口の日本酒は軽やかで飲みやすく、金華さばのおいしさを引き立てる。

 

さばのおいしさ引き立つ味噌煮

その他の缶詰もチェックしていこう。

金華さば味噌煮

原材料はさば(石巻港)、砂糖、味噌、でん粉、食塩のみ。

味噌煮は、地元の無添加味噌を使用。喜界島の粗糖で仕上げられており、やわらかな味わい。金華さばの旨味をよりおいしく味わうために、あえて薄味に仕上げられている。

 

爽やかさ抜群、乳酸菌配合のレモン煮

金華さば<彩>レモン

原材料はさば(石巻港)、レモン、食塩、乳酸菌乾燥粉末(殺菌)。こちらにはシールド乳酸菌を100憶個配合している。

レモンが1枚ずつ丁寧に入っており、その爽やかさが抜群。煮汁までレモンの酸味が豊かに香る。さばのクリームパスタなど、「金華さば<彩>レモン」で作れば爽やかなおいしさになりそう。

 

おうち飲み、キャンプ、ギフトに、こだわりのセットを

金華さば缶詰を楽しむための日本酒「ための」とともに、それぞれの缶詰の食べ比べも贅沢なひととき。自分へのご褒美として晩酌を楽しむのも良し、キャンプなどアウトドアシーンでみんなで楽しむのも良し。お酒好きな方へのプレゼントにも最適だ。

国産さば缶のおいしさを楽しみたい人にぜひ味わってもらいたい逸品。『金華さば缶詰&ためのセット』はオンラインショップで発売中。

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン/マーケティング専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。雑誌やWebメディアでの執筆・連載多数。調理、アートワーク制作から撮影まで、すべてをこなすマルチクリエーター。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック