WEB版『ごま油の四季』の豊富なレシピより、ひな祭りにおすすめの華やかな手まり寿司を作ろう

ごま油のおいしさをひな祭りのメニューに

 

マルホン胡麻油が手がける季刊誌『ごま油の四季』がWEB版となって登場。全国の名店や珠玉のレシピを特集している。マルホン胡麻油の魅力と共に、おいしいレシピなどの情報が満載。今回はWEB版「ごま油の四季」の豊富なレシピを参考に、ひな祭りに作りたい可愛い手まり寿司を作ってみよう。

 

季刊誌『ごま油の四季』がWEBでも読めるように

老舗ごま油メーカーである竹本油脂(愛知県)が手掛けるフリーマガジン『ごま油の四季』。1986年秋から続く季刊PR誌で、マルホン胡麻油を使う料理界の名人や食通の著名人が登場。近年の発行部数は毎号3万部ほど。主にイベントや掲載店などで配布していたが、創刊35周年を記念してこの度WEB版が登場した。

 

ホンモノのごま油とはこういうこと

マルホンの胡麻油は、圧力だけでぎゅっと搾る圧搾製法で作られている。ごま本来の旨みと雑味のない澄み切った味わいがおいしさの秘密。

 

今回は「ごま油の四季」で紹介している寿司飯の作り方を参考に、ごま油をたっぷり使った手まり寿司を作ってみたいと思う。

使用したごま油はこちらの2本。『太香胡麻油』は、すっきりとした風味のごま油。一般的なごま油よりもおだやかな焙煎感で、上品な香り立ちが特徴。

豊かなごまの香りの『圧搾純正胡麻油』は定番のおいしさ。しっかり香ってまろやかな味わい。

 

寿司飯にごま油をプラスするとまろやかに

米:1.5合

寿司飯はカンタン酢と太香胡麻油で作っていこう。炊き立てのごはんにカンタン酢大さじ4・1/2と太香胡麻油大さじ1を合わせて回しかける。シャモジで切るように混ぜて冷ますだけ。

太香胡麻油を使うことで、ほんのり甘くやさしい香りが寿司飯に加わる。いろいろな具と合う寿司飯は、手巻き寿司や太巻き、海鮮丼、ちらし寿司にももちろんおすすめ。※参考レシピはこちら

手まり寿司の土台となるように、ラップを使って等分に丸めておこう。

ごま油が入っていることで、寿司飯も扱いやすい。シャモジなどにくっつきにくく、型離れもいい。

 

ひな祭りの食卓を彩る手まり寿司を

用意した具材はこちら

  • 漬けまぐろ
  • 錦糸玉子
  • しそ大根の漬物・たくあん

漬けまぐろにもごま油を使用。醤油とともに「圧搾純正胡麻油」を加えて数時間漬けておく。臭みが抑えられるだけでなく、とろけるような食感に。

「太香胡麻油」で作ったのは錦糸玉子。薄焼き卵を作る時に、フライパンに薄くひいて焼き上げた。

彩りに「ほうれん草のナムル」も添えてみよう。茹でて水気をしっかりと切ったほうれん草に、「圧搾純正胡麻油」、白ごま、昆布だしを加えて混ぜ合わせる。

 

ひとくちサイズがかわいい

それぞれの具材を丸めた寿司飯にのせて、可愛らしい手まり寿司のプレートが完成。お酢だけでなく、ごま油を加えて作った寿司飯は、風味が良くまろやか。ごはんの甘みもより引き立ててくれるような感じがする。

お花に見立てたしそ大根とたくあんの手まり寿司は、しその香りも相まってさっぱりと頂ける1品。漬けまぐろは、ごま油の豊かな風味ととろける食感がたまらない。甘めの卵で作った錦糸玉子はやさしい味わい。ごま油が香るほうれん草のナムルは、たっぷり1束分作ってもあっという間になくなってしまうおいしさだ。

 

マルホン胡麻油をもっと知りたいあなたに

いつもの料理にマルホンの胡麻油を。WEB版『ごま油の四季』では、ごま油を使ったスイーツのレシピなども公開中。写真も美しいので眺めているだけでも楽しい。ごま油の新たなおいしさにきっと出会えるはず。

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン/マーケティング専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。雑誌やWebメディアでの執筆・連載多数。調理、アートワーク制作から撮影まで、すべてをこなすマルチクリエーター。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック