つらい寝起きにGABA&テアニンの力!製薬会社開発『めざめ爽快(R)プレミアム』で迎える爽快な朝

ぐっすり眠ってスッキリ起きる

 

「朝から機嫌悪いね」そう夫に言われて、ハッとした。心当たりがあるとすれば最近ぐっすり眠れた気がしないからだ…。そういえば、起きたときに「良く寝たなー!」と爽快感を味わったのは、いつだっただろう?
早く寝てみてもスッキリせず、毎朝夫に「眠い…」と愚痴る日々。そろそろ何とかしようと見つけたのが、ワダカルシウム製薬の『めざめ爽快(R)プレミアム』

気持ちのいい朝を迎えるためのとっておきアイテムが500円(税込)で手に入るとのことで、最近スッキリ起きられない記者が試してみた!

 

朝、目が覚めたときから不機嫌フェイス。すっきりしないこの目覚めタイムをどうにかサポートしてほしい!

起きたばかりにも関わらず、布団に戻りたくなる。やる気が起きず、些細なミスをしてしまったり、やらなくてはならないことを度忘れしてしまったりと、1日のスタートから台無し…とういう人もいるのでは?

寝たはずなのに眠い…

なんの不安もなしに外出できなくなった昨今、ストレスからなのか、よく眠れない、すっきり起きられない、朝から疲労感などの睡眠に問題を抱える人が増殖中らしい。厚生労働省の調査でも睡眠の質に問題があると答えた日本人は約7割もいるそう。

しかし睡眠薬には頼りたくない!というのが、記者を含め多くの人の本音だろう…。


そんなときに出会ったのが、”すっきりとした目覚めをサポート”してくれるというワダカルシウム製薬の機能性表示食品『めざめ爽快プレミアム』(消費者庁届出番号:F857)だ

 

カルシウム製品で愛される製薬会社の目覚めサポートサプリ。ポイントはテアニンとGABA!

『めざめ爽快プレミアム』は、100年以上にわたり健康にこだわった商品を販売する、ワダカルシウム製薬株式会社(大阪市都島区)が開発したサプリ。

睡眠に役立つ機能性が報告されているテアニンとGABA(ギャバ)という成分が含まれており、特にL-テアニンは「起床時の疲労感や眠気を軽減」してくれる機能が報告されている!

そもそもテアニンというのは、煎茶や玉露などに含まれているうま味成分。
心身のリラクゼーションに関与している食品成分で、高級なお茶ほど多く含まれているのだそう。

※引用文献
横越英彦『脳の機能と栄養』心と栄養を包括する科学(第9回学術集会 2009.09)p.6

ならお茶を飲めばいいのか!とも思うが、寝る前に飲んでしまうとカフェインの作用で目が覚めてしまうという難点が…。

しかし『めざめ爽快プレミアム』ならなんと煎茶9杯分のテアニンが1日4粒で摂取可能!

9杯はトイレも近くなりそうだし、さすがに難しいかも…

しかも、「すっきりとした目覚めをサポート」し、「精神的ストレスを緩和」「活気・活力感の低下を軽減」にも役立つことが報告されているGABAも配合。ストレスにアプローチし、睡眠の質を高めて、朝のめざめをスッキリさせてくれるというのだから、試さない手はないだろう!

 

『めざめ爽快プレミアム』を飲んでみた!

『めざめ爽快プレミアム』は、真っ白で小ぶりなタブレット型。水と一緒に1日の摂取量目安の4粒を飲んでみたが、喉に引っかかったり、いやなニオイも味もしないので、実に飲みやすい。

一過性の作業にともなうストレスをやわらげたい人は希望の時間帯に飲もう

ちなみに眠りの質を高めることを希望する人は就寝前に飲むといい。記者は就寝1時間前に飲んでみたが、翌朝、いつもよりはしかめ面をすることなく起きることができたと思う。

めざめ爽快!

そして一週間経つと、1日の始まりがすっきりとしてきた。妙な夢を見ることもなく、しっかりと眠ったという感覚が定着してきてうれしい。
当初の目的である朝の機嫌だが、気づかないうちに鼻唄が出るようになっていたので、1日のスタートがずいぶんと楽になった。

 

鼻唄の出るご機嫌モーニング!ワンコインでスッキリした朝を迎えよう!

毎日のスタートが快適だと、1日の質が変わってくる。良く寝たと思えること、スッキリ起きられることが生活の質にも繋がる。そのことに記者は改めて感動してしまった。もうあの毎朝しかめ面の日々に戻る気はないので、今後も続けていきたいと思う。


気になる価格は、通常価格が2,700円(税込) +送料。しかし定期コースを申し込むと初回500円(税込)の送料無料で手に入る!2回目以降も10%オフの2,430円(税込)となるのでお得だ。
記者のようにめざめタイムに問題を抱えているのなら、ぜひ『めざめ爽快プレミアム』を試して、爽快な朝を迎えてほしい。

《会社概要》
《特定商取引法》
《プライバシーポリシー》

記者

大前田みゆ

30代主婦。美容グッズと生活雑貨に興味アリ。都内在住。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック