【超便利】直前までオンライン注文受け付け中! 文明堂の『敬老の日カステラ』で敬老の日の贈り物は決まり!

日頃の気持ちをカステラにのせて贈る!

 

厳しい残暑が終われば敬老の日。なかなか会えずにいる大切な人へ、長寿の願いと日頃の感謝の気持ちを贈りたい。そこでうってつけなのが、文明堂の『敬老の日カステラ』と、『敬老の日特撰五三カステラ』だ。直前まで申し込めて、忙しい人にも便利! 特別な贈り物に最適な、豪華で可愛いメッセージ付きのカステラを一足お先に確かめてみよう。

 

カステラの老舗、信頼の美味しさを自宅で簡単に注文!

カステラといえば文明堂を思い浮かべる人も多いのでは。株式会社文明堂東京(東京都新宿区)では敬老の日の贈り物にぴったりの『敬老の日ギフト』を期間限定で販売する。

『敬老の日カステラ』や『敬老の日特撰五三カステラ』をはじめとした『敬老の日ギフト』は、公式オンラインショップでも購入可能。欲しい商品をクリックしてお買い物かご(カート)に入れて、配送先などを入力。簡単な操作で手軽に購入ができる。

 

老舗のブランドという信頼も、年配の方にはかなりポイントが高いらしく、記者の父もその名を聞くと、おっ! と顔をほころばせた。その信頼の美味しさをさらに詳しくチェックしてみよう!

 

『敬老の日カステラ』

爽やかな香りのオレンジ蜂蜜を使い、しっとり艶やかに焼き上げたハニーカステラ『敬老の日カステラ特2号』(222×155×81㎜・販売価格 税込2,160円・2021年7月30日11時~9月17日11時まで販売)。敬老の日にふさわしい、おめでたい鶴と亀、「いつまでもお元気で」のメッセージが華やかさを演出する。

さっそく真っ赤でおめでたいデザインの包装紙をそっと外し、箱から出すと…ポップで可愛いらしいイラストがお目見え。思わずテンションが上がる。

イラストが剥がれないように、そーっと上にかかるフィルムを剥していく。大きなカステラは、好きな大きさに切って食べれる醍醐味がある。贅沢に大きく、ちょっと食べたいなら小さく…。

柔らかくフォークが沈む。頬張るとしっとり感と同時に、ふんわりとした軽い食感を感じられる。

甘くコクのある味わいで、はちみつの風味がほんのりと香ばしい。


ひとまわり小さい『敬老の日カステラ特1号』(165×170×81㎜・販売価格 税込1,620円・2021年7月30日11時~9月17日11時まで販売)にも、同じく可愛い亀と鶴が。一人暮らしでも食べ切れる丁度良いサイズだ。

2種類の大きさが用意されているので、送り先に合わせて選べる。掛け紙にもメッセージが書かれているので、敬老の日のサプライズプレゼントにも最適だ。

 

『敬老の日特撰五三カステラ』

卵黄を増し卵白との個数比率を5:3にした「五三焼き(ごさんやき)」製法で作られた『敬老の日特撰五三カステラ』(300×111×80㎜・販売価格 税込3,240円・2021年7月30日11時~9月17日11時まで販売)は、ふっくらとした食感とコクのある風味が特徴。徳川~明治時代の文献に「五三焼」と残っているものの“製造が困難”と言われたてきた焼き方を、長年培ってきた文明堂の職人の技術で再現した特別なカステラだ…!


敬老の日限定仕様に包装された、桐箱入りのカステラは格式高く、高級感がある。贈るとかなり喜ばれるだろう。


中身は10切れに切れているので、手軽にそのまま食べられる。濃い黄色に茶色のコントラストが見た目にも美味しそうだ。

国産小麦粉や徳島県産和三盆糖など厳選素材を使った、しっとりとしたカステラにフォークを入れると程よい弾力感。口に入れると、しっとりとしてコクのある優しい甘さが感じられる。底面にはざらめが残っていて、このシャリっと感がたまらない。安定の美味しさだ!

 

敬老の日に、メッセージ入りのカステラや桐箱に入ったカステラの贈り物が届いたら…テンション上がること間違いなし。ちょっとしたサプライズに、今年の敬老の日は特別なカステラを贈ってみては? 

 

また、先日一部機能の仕様変更により、さらに便利になった公式オンラインショップは、注文方法も分かりやすく、ネットショッピングに慣れていない方でも安心。

今回ご紹介した敬老の日商品以外の通常商品にも、敬老の日用の掛け紙を指定できるので、この機会に是非活用してみて!

 

購入は公式オンラインショップから。
文明堂東京・文明堂銀座店の各店舗(※一部店舗除く)でも、9月20日まで販売予定。

公式オンラインショップはこちら

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック