【レンジで2分】あっという間に完成! 沖縄ハムの『レトルトレンチンシリーズ』が美味しすぎる!

ご飯さえあればボリューム満点ラク・ハヤ・うまっ!が完成

 

沖縄の美味しいものといえば、真っ先に豚肉を思い浮かべる人も多いのではないだろうか。沖縄ハム『レトルトレンチンシリーズ』は、豚バラ肉を使ったレトルト食品。レンチン2分でご飯にかけるだけでその日のメニューが完成する、超優秀なお惣菜だ。レトルトとは思えない美味しさを、徹底レビューしてみよう!

 

5分かからず食卓を彩る料理が並ぶ!

食肉加工品やレトルト食品などの製造販売を行う沖縄ハム総合食品株式会社(沖縄県中頭郡読谷村)は、ハムやベーコン、ソーセージ、琉球料理を中心とした惣菜を作っている。同社が販売する『レトルトレンチンシリーズ』 は、豚バラ肉をベースに、3種類の全くタイプの違う味付けでまとめたレトルト食品。

袋のまま電子レンジで2分温め、ご飯にかけるだけで料理が完成する。常温で1年間保存が可能なので、いざという時の常備食に最適!

シリーズは3種類。どれも豚バラ肉を使った沖縄ならではのご馳走だ。

  • 『らふてー丼』(200g・販売価格 税込583円・発売中)
  • 『ルーロー飯』(200g・販売価格 税込592円・発売中)
  • 『らふてーカレー』(200g・販売価格 税込529円・発売中)

さっそくその味わいを徹底レビューしてみよう!

※「らふてー」とは沖縄県の郷土料理で、皮付きの豚バラ肉に、鰹だし、泡盛、しょうゆ、黒砂糖などを加えて煮込んだもの。

 

やみつき甘ダレ! 『らふてー丼』

『らふてー丼』は、甘めに味付けした「らふてー」と、たけのこやしいたけの具材が入っている。ご飯にかければ、たちまちボリュームの一品に。

袋のまま立てて、電子レンジで温めること約2分。豚肉と醤油のいい香りがしてきた。
仕事帰りでご飯を作るのが面倒な人や、調理に時間をかけられない忙しい人にはとっても嬉しい時短ポイント!

取り出す時には、蒸気で火傷しないように注意しよう!

ご飯にかけると、とろりとしてツヤのあるタレが食欲をそそる。

大きめの具材がゴロゴロと入っていて美味しそう! 卵黄ときざみ海苔をトッピングしていただきます!

頬張ると肉の風味が広がる。「らふてー」は柔らかく、ほろほろとした食感。甘さのある脂がとろけて、タレと混ざり合い濃厚なコクと甘味。

 

噛みしめるとじゅわっと旨味が広がり、にんにくと生姜の風味が食欲を増進させる。ほかの具材たちの食感もたまらない…。
また、濃いタレと海苔の香ばしい風味に合わさった、とろけるまろやかな舌触りの卵黄がご飯によく合う! これはスプーンが止まらない美味さだ。

ボリュームも申し分なく、どんぶり飯の量でも味が行き渡る。かきこんで完食! 男性でも十分満足できる量に、大食いの記者も大満足だ。

 

エキゾチックでジューシー! 『ルーロー飯』

中華料理には欠かせない五香粉(ウーシャンフェン)がほのかに香る、台湾の定番料理『ルーロー飯』。

ゴロゴロと入った「豚バラ肉」は、噛むと柔らかく、程よく残った食感が噛みごたえある。甘めのタレがよく絡んで、噛めばジュワッと口いっぱいに、豚肉の旨味が滲み出る。野菜の食感も残っていて、食べ応えも十分!

 

人気メニュー、旨味系!『らふてーカレー』

オリジナルブレンドカレーは、つやつやとしたルーで美味しそう!

頬張ると、たっぷり入った「らふてー」がルーに溶けて、まろやかな舌触り。スパイシーなカレーというよりは旨味が強く、具材が混ざり合って美味しさを織りなしている。カレーでこのボリュームはめちゃくちゃ嬉しい!

 

どのシリーズも「豚バラ肉」と他の具材たちがたっぷり入っていた! なんといってもレンジで2分という手軽さが良い。ご飯さえあれば、メニューとして十分食卓をまかなえる。
忙しい時や、いざという時にストックしておきたい、めちゃウマアイテムだった! 

また、クックパッドにてオキハム「レトルトレンチンシリーズ」のアレンジレシピを掲載中!

らふてーカレーうどん(らふてーカレー)
https://cookpad.com/recipe/6634130

らふてー丼のだしかけご飯(らふてー丼)

https://cookpad.com/recipe/6759787

ルーロー飯ピザ(ルーロー飯)
https://cookpad.com/recipe/6615191

 

購入はオンラインショップから可能。

沖縄ハム公式オンラインショップはこちら

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック