【定番】マスク時代の下地にも! リニューアル『プリマヴィスタ スキンプロテクトベース〈皮脂くずれ防止〉』と新登場『同 トーンアップ』を使い比べ!

定番化粧下地!

 

肌のテカリが特に気になる夏。さらにマスク摩擦や蒸れもあって不快だ。そこで、人気化粧下地、Primavista(プリマヴィスタ)『スキンプロテクトベース〈皮脂くずれ防止〉』がこの春リニューアルしたり、新たに『スキンプロテクトベース〈皮脂くずれ防止〉トーンアップ』も新発売したので、その使い心地をチェックしていこう。

化粧下地と言えばプリマヴィスタ!

崩れにくい化粧下地として大人気のプリマヴィスタ(花王株式会社)が、この5月にリニューアルした。プリマヴィスタ最強下地に進化したというから試さずにはいられない!  マスク時代に大きな変化をもたらしたメイクやスキンケアのあり方。マスクによる摩擦や蒸れに悩まされる人が急増。特に夏はそこに暑さや汗が加わる。今までと同じようなケアでは、メイク崩れなどが防げなくなってきた。そんなお悩みにプリマヴィスタが立ち向かう。

人気の化粧下地『プリマヴィスタ スキンプロテクトベース〈皮脂くずれ防止〉』がリニューアル!

数々のコスメアワードも受賞している人気の化粧下地”プリマヴィスタ”が、進化を遂げてリニューアル! さらにテカりにくさを実現し、負担感のない軽いつけ心地になったという。

ピンクゴールドを基調としたパッケージデザイン

『プリマヴィスタ スキンプロテクトベース〈皮脂くずれ防止〉』(25mlプラ・希望小売価格 税込3,080円・2021年5月29日リニューアル)の技術改良のポイントは、「スキンプロテクトヴェール」にある。 

耐皮脂性のある柔らかな膜(スキンプロテクトヴェール)が肌表面にムラなく均一に密着し続けるから、「プリマヴィスタ史上最高のテカりにくさ」や「負担感のないつけ心地」までも実現。マスク擦れも防ぎ、きれいな仕上がりが続くという。

日常的な紫外線から肌を守ってくれるSPF20・PA++。カチカチと音がするまでよく振ってから使おう。音がしてから5~6回振るのが目安。

先端は細く、適量を取り出しやすい。

サラリとした軽い使い心地、それでいてかさつかない

サラリとゆるいテクスチャーで伸びがよく、べたつき感がない。乾燥肌の記者は、皮脂防止タイプのものを使うと肌がガサっとしてしまうので、苦手だった。しかしプリマヴィスタはそんな感じがなく、表面はサラリ、内側はしっとりとしている感じ。保湿成分も配合されており、塗っている圧迫感がなく使いやすい。

世界初のトリプル成分によるアプローチ「皮脂を固める粉体」×「皮脂を吸う粉体」×「皮脂をはじく油」が配合されたスキンプロテクトヴェール。あっという間に肌になじみ、ムラにならず均一に密着するから、化粧下地を塗ったあとの肌がキレイ。また皮脂をかかえこみ、広げない独自のオイルコントロール処方なので、夕方までサラりと心地よい肌をキープしてくれる。

 

新発売 『プリマヴィスタ スキンプロテクトベース〈皮脂くずれ防止〉トーンアップ』

さらに新たに登場したのがこちら! 『プリマヴィスタ スキンプロテクトベース〈皮脂くずれ防止〉トーンアップ』(25mlプラ・希望小売価格 税込3,080円・2021年7月3日発売)

先ほどはナチュラルな仕上がりだったが、こちらはトーンアップを実現する。

ピンク色の下地で、サラリとしたゆるいテクスチャで伸びが良い。

トーンアップということで、これ1本でワントーン明るい仕上がりを叶える。化粧下地を塗った時点でメイク感が出るので、肌のくすみが気になる人や時短メイクをしたい時などにもおすすめ。

どちらを選ぶ!?

2つを比べてみると、リニューアルした『スキンプロテクトベース〈皮脂くずれ防止〉』はベージュ色をしているが、色がつくという感じはしない。あくまでも自分の肌の色を生かし整えてくれるタイプ。 ベースメイクの色合いに影響させたくない人はこちらを選ぶといいかも。

 

新発売の『スキンプロテクトベース〈皮脂くずれ防止〉トーンアップ』は、より明るさを求める人に。全体的に白っぽい仕上がりにはなるので、首やデコルテにも伸ばして肌トーンのバランスを取るといいかもしれない。オフの日などはこの上から軽くパウダーで整えるだけでもきちんと感が出る。

どちらもあくまでも化粧下地なので、シミなどを目立たなくする働きはないが、肌を均一にサラリと整えてくれるので、次のステップのどんなベースメイクにも使いやすいはず。一方で日常シーン向きなので、海や山などの強い日差しに晒されるシーンには、あまり向かないかも。

 

マスク時代もやっぱりプリマヴィスタ。しかも選べるように!

マスクをするようになって、何をしてもメイクが崩れてしまうような気がしていたけれど…汗や皮脂に強いプリマヴィスタの化粧下地はやはり優秀。表面は水弾きもいいので、汗なども拭き取りやすい。メイク直しをするときは、サッとパウダーで押さえてあげると、またサラリとした状態が続く。

 

リニューアルしたプリマヴィスタと、トーンアップを叶えるプリマヴィスタ。テクスチャーや使い心地はどちらも同じなので、仕上がりの好みで選んでみるといいかも! ドラッグストアなどで発売中。

 

 

あわせて読みたい:炭配合! 真っ黒な『パーフェクトワン SPピーリングジェル』でごわつきのない肌へ

 

 

あわせて読みたい:基本ケアシリーズを全面刷新! 新生『ソフィーナボーテ』で乾燥から肌を守って徹底的に貯水する秋に!

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

蘭 よう子

デザイン専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。ライター歴14年。カメラマンも兼任。記事内の料理やアートワークの制作もすべて担当している。文具やアートの分野にて講師経験あり。千葉県出身。

この記者の記事一覧

photo by 蘭よう子/Official images

トラックバック