男のムダ毛はこれ1本! 『マルチボディシェーバー』の5枚刃+電動スキカミソリで全身こざっぱり

オールラウンダーで使える!

 

昨今の男性の間で”ムダ毛はなるべくない方向で”という決議がまとまったかのように、つるつる指向男子が増殖中。そんな流れについにシックが本格参戦。ヒゲも剃れる5枚刃+電動スキカミソリ『マルチボディシェーバー』さえあれば、気になる体毛を全部まとめて面倒見てくれるという。

 

1歩先のヒゲ・ボディグルーミング習慣をサポートする『スタイルシリーズ』第1弾!

シックの独自調査でも、7割以上の男子が体毛処理願望を多かれ少なかれ持っているのだとか。気にしている部位はお腹・へそ周り、太もも・ひざ・すね、アンダーヘア(VIO)などで非常に幅広い模様。


そんなニューノーマルの時代に、ブランド生誕100周年を迎えたシックが世に送り出したのが『スタイルシリーズ』第1弾、シック・ジャパン『マルチボディシェーバー』(刃付き+替刃1コ+乾電池/112g・実勢価格 税込1,738円・発売中)である。

 

毛をすく電動、毛を剃る5枚刃、どちらも必要な人のためのシック・ジャパン『マルチボディシェーバー』を使ってみた


『マルチボディシェーバー』の特徴は、肌にやさしくすっきり剃れることで定評のある5枚刃カミソリで、ヒゲやつるつるにしたい体毛を剃れる通常のT字カミソリ部分の他に、トリマーアタッチメント装着で4段階(0.3mm※無装着/2mm/4mm/6mm)に長さを調節できるスキ刃が付いているところ。


このスキ刃は、ほどよく濃い毛をさばいてくれるのだが、なんと電動である(単4乾電池使用)。剃る、逆さにしてボタンを押すと電動ですいてくれる。これは楽しい。


実際に使用してみると5枚刃はボディ用とのことだが、ヒゲの濃さ/ふつうの記者はなんなくすっきりシェービングができた。刃の上部に水で溶け出す摩擦軽減のスキンガード(ヒアルロン酸配合)が付いているので、シェービングジェルの用意がなくても普通に剃れる。本体が乾電池入りなので重みがあり、通常のT字カミソリよりも安定して剃れるところが気に入った。

 

腕などに使うと、あっという間につるつるに。いや、そこまでしなくてもという感じの剃り味だ。


そう、そんなときは『マルチボディシェーバー』をクルリとひっくり返して、電動スキ刃にチェンジ。アタッチメントを選んで、ほどよく濃すぎない腕毛にできた。ボタンは押している間だけ刃が振動するタイプ。また刃が直接肌に触れない設計なので、傷つきやすいデリケートな部分にも使いやすい。

アタッチメントを装着しない状態

記者のすぐ伸びるもみあげの手入れも、簡単なのに感動した。


電動ではあるが、お風呂場で使いやすいようにウォータープルーフになっているので安心。使用後はザバッとお湯をかけて洗うこともできる。これは便利。


替え刃は1枚同梱されているが、気になるのはランニングコスト。「マルチボディシェーバー 替刃ボディ用5枚刃(3コ入り)」は実勢価格で1,958円。1枚換算で約652円となる。通常のひげ剃り専用カミソリよりは、剃る部分が多くなるほど劣化も少し早めになるかもしれない。

入手は全国のドラッグストア、各オンラインストアなどで可能だ。

 

 

あわせて読みたい:T字カミソリの王道・Schickの日本最高峰モデル『極 KIWAMI / 同 敏感肌用』の”これを選んでおけば間違いない”感

あわせて読みたい:【ひと剃りサロン肌】史上初のWフィット設計ハンドル搭載『SALON+(サロンプラス)』でスキンケア・シェービング!

公式サイトはこちら

記者

清水 りょういち

食レポからタバコ・コーヒーなどの体に悪い系、果てはIT、経済分野までフォローする新しもの好きライター。「わかりにくいをわかりやすく」がモットー。元「月刊歌謡曲/ゲッカヨ」編集長

この記者の記事一覧

photo by TAKE/Official images

トラックバック