親子で作ろう簡単クッキング! 沖縄のソウルフード『クッキングハッシュ』でまぜまぜサンドイッチを作ってみた!

 

沖縄のソウルフードのひとつに「コンビーフハッシュ」がある。そのコンビーフハッシュに、新製品が登場! その名も『クッキングハッシュ』。万能食材としても人気で、味付けいらずで使える手軽さなのだとか。そんな『クッキングハッシュ』で、簡単に作れる「まぜまぜサンドイッチ」を作って、ご紹介していこう!

 

沖縄のソウルフードが実は万能食材だった!

沖縄ハム総合食品株式会社(沖縄県中頭郡)は、ハムやベーコン、ソーセージなど食肉加工品を製造。 沖縄ならではの食材に力を注ぎ、ラフティ、ミミガー、コンビーフハッシュなど 沖縄料理に欠かせない食材を多く取り扱っている。

今回ご紹介するのは『クッキングハッシュ』(65g・レトルトパウチ・希望小売価格 税込151円)。似たようなネーミングのものでは「コンビーフハッシュ」という、コンビーフにポテトを合わせた食材がある。この「コンビーフハッシュ」は、沖縄のソウルフードであり、万能食品としても人気が高い。

 

『クッキングハッシュ』は、この「コンビーフハッシュ」に、チキンを加えたもので、コンビーフハッシュよりあっさりした味わいだ。

牛、鶏、じゃがいもが入っていることで、和風・洋風・中華風・沖縄料理とバラエティ豊かなメニューに活用できる。どうやら味付けいらずに簡単にチャーハンも作れるようだ!

 

常温で保存できるからストック食材にも!

レトルトパウチなので常温保存が可能だ。台風が多い沖縄では、保存のきく常備食としても親しまれているそう。65gと1回使い切りサイズなのも便利。小さいので、ストック食材としてもコンパクトに収納できる。

ダイス状のポテトにコンビーフとチキン。なんとなくしょっぱい味わいをイメージしていたのだが、ポテトの甘みとバランスがよくこれだけでもおいしく頂ける。なにか一品を作りたい時やお弁当作りなどにちょうどいい分量。塩味が含まれるので、調理をするときには、他の調味料は少なめにしてもいいかもしれない。

 

子供たちと一緒に、親子で簡単調理を楽しもう!

『クッキングハッシュ』を使って、簡単にサンドイッチ作りをしてみよう。マヨネーズと混ぜてはさむだけだから、小さな子供でも楽しく作れるはず。お休みの日などに、親子でクッキングを楽しんでみて。

『クッキングハッシュ』にマヨネーズ(大さじ1)を加えて混ぜ合わせておく。具材の準備はたったこれだけ!

食パンを半分にカットして、真ん中に切り込みをいれてポケットを作っておく。パンをトーストしてこんがりと焼き色がついたら、チーズ、レタスをはさみ、先ほどマヨネーズと混ぜ合わせた『クッキングハッシュ』を詰めて完成!

焼き立てのパンにチーズを挟むと、余熱でとろり…。パンが袋状になっているので、作るのが楽なだけでなく食べやすい。

忙しい朝や、お弁当、在宅ワーク中のランチなどにも。パパっと作れる手軽さとおいしさ。ボリューム感もあるので、お腹を満たしてくれるはず。

炒飯の味付けも『クッキングハッシュ』だけ。これひとつで味が決まるから、他の調味料はいらない。迷わずに味付けができるので、時短調理にも。

キャベツと『クッキングハッシュ』を一緒に炒めれば、それだけでおいしい一品に! ごはんのお供にはもちろんのこと、おつまみにも。野菜と一緒に炒める料理にもぴったりだ。

沖縄のソウルフードは、沖縄料理が好きな人はもちろんのこと、簡単に味付けを決めてしまいたい人にもおすすめだ。

購入は沖縄県内のスーパーやオキハムの公式ネットショップなどで。

 

クッキングハッシュの購入はこちら

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

蘭 よう子

デザイン専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。ライター歴14年。カメラマンも兼任。記事内の料理やアートワークの制作もすべて担当している。文具やアートの分野にて講師経験あり。千葉県出身。

この記者の記事一覧

photo by 蘭よう子

トラックバック