つらい喉のイガイガに! 天然由来の『プロポリスリッチスプレー』で始める花粉対策!

 

寒さが落ち着き、気持ちよい陽気になってくると、次に悩まされるのが「花粉」。記者自身も花粉症なので、せっかくのお出かけ日和なのに花粉のせいで気分が台無しになってしまったことがよくある。携帯もできる天然由来の『プロポリスリッチスプレー』は、花粉による喉のイガイガにアプローチできるらしい……!花粉飛散量が最大になるといわれている3月後半に備えて、さっそくおためししてみよう!

 

驚きの研究結果に注目が集まる「プロポリス」をふんだんに配合

株式会社山田養蜂場(岡山県苫田郡)は、半世紀以上もの間、はちみつやプロポリス、ローヤルゼリーなどのミツバチ産品の製造を続けてきた。『プロポリスリッチスプレー』(30ml・1ml当たり3.4kcal・希望小売価格 税抜3,700円・発売中)は、従来品の「プロポリススプレー」に比べてプロポリスエキス量が120%に増量! さらにプロポリス有効成分アルテピリンCの量も従来比10倍に増量した。

ミツバチが自らの巣を守るために利用している防御壁「プロポリス」については、さまざまな研究が行われている。みつばち健康科学研究所の調査によると、プロポリスは抗ウイルス活性を示したり、腸管のバリア損傷を軽減したりと、多くの研究結果が発表されているそう。感染症対策への意識が高まってきた昨今、ますますプロポリスに対する注目度は高まりそうだ。

さらに気になるのがプロポリスは花粉への対策にも期待できるという話。このシーズンになると、「花粉がつらい」という声を街中でもよく耳にすることだろう。予防としては、花粉に近づかないことが一番ともいうが、なかなかそういうわけにもいかないものだ。

みつばち健康科学研究所の調査では、花粉症の症状の原因となるヒスタミンやロイコトリエンなどの炎症関連物質の放出を、プロポリスの飲用で抑える効果が期待できるというのだ。

そんなプロポリスに、マヌカはちみつと40種類の天然由来素材を配合した『プロポリスリッチスプレー』は、1日の摂取目安量は10~15プッシュで、1mlあたりのカロリーは3.4kcal。スプレータイプで手軽に使えるので、毎日の持ち歩きにも最適だろう。喉のケアにスプレータイプが使いやすいが、鼻のムズムズなどにはサプリなどプロポリスが高含有なものを摂取して薬に頼らないよう対策していくのもおすすめだ。

 

咳払いにも気を遣うご時世にぴったりの商品

持ち運びやすいサイズで、高級感のある上品なデザインが特徴的な『プロポリスリッチスプレー』は、かばんやポーチに入れておくと、とても便利に使えそうだ。花粉症の記者は、もう既に喉のイガイガ症状が始まっているので、ぜひとも不快感にアプローチできることを祈りたい。

透明な蓋を開けて、スプレーを喉にシュッと一吹き。喉に液体がかかると、ピリッとした刺激の後に、ポカポカと喉が熱くなるような感覚。生姜湯を飲んだときの感覚に似ているかもしれない。香りはハーブのようだが、あまり口の中には残らないので気にならない程度だった。

少しの間、喉の温かさが続いた後、なんと喉のイガイガ感はかなり軽減!記者は花粉の季節になると、いつも喉のイガイガで咳払いをしがちなのだが、最近はコロナの影響もあり、外出先で咳払いをするのは気が引けていた。そのためこのイガイガ感にアプローチできるのは、かなり嬉しい!

独特の辛みが気になる人は、少し上を向き、角度をつけた状態でスプレーすると喉に直接噴射しやすく、さらに匂いや味が気にならなくなるかもしれないので試してみてほしい。

 

毎日の生活に取り入れやすい手軽さ!

多くの有用成分に注目度が高まっている「プロポリス」。花粉が気になるこれからのシーズンには、『プロポリスリッチスプレー』が大活躍してくれそう。

花粉による喉のイガイガ感に悩む人はもちろん、健康のためにプロポリスを生活に取り入れたいと考えている人、プロポリスの効果を試してみたい人にもぴったりの商品だ。カロリーも低く、手軽に使えるので、毎日の生活には取り入れやすいタイプのプロポリスだろう。

 

購入は、公式通販サイトや全国の山田養蜂場直営店にて。

公式サイトはこちら

記者

スザクカナト

さまざまなサイトで、ファッション・メイク・恋愛などの記事を執筆しているフリーライター。料理とお酒が大好き。特に日本酒をこよなく愛す。

この記者の記事一覧

トラックバック