『アトピスマイルクリーム』はお米由来の成分で、肌本来の水分保持力※を高める!肌荒れ対策に「肌に優しい処方」「保湿以外」の方法を検証してみた!

sponsored by 勇心酒造

カサつく肌は大人でも悩ましいもの。それが子どもだと尚更だ。乾燥した肌を気にする子どもの姿に、なんとかしてあげたい!と保湿クリームやオイルを塗るも、ベタつくのを嫌がったり、遊んで汗をかいたりして、気づけば「何とかして!」と騒ぎ出す。結局カサつきが気になる度にクリームを塗り続けてはいるが子どものことを思うと、たくさん塗るのは避けたいのが本音。
そんな悩みがつきない人は「根本的な肌のケア」ができていないのかも!「オイル」「保湿」以外で記者がたどり着いた方法をお伝えしよう。

※皮膚水分保持能

シリーズ累計本数100万本!日本で唯一効果が認められた成分とは

アトピスマイルクリームCR6_2916

今回紹介するのが勇心酒造株式会社が製造・販売する『アトピスマイル®クリーム』

1日数回、乾燥やかさつきが気になる部分に塗るだけというごくごく普通のクリームだが、「肌トラブルを繰り返さないための医薬部外品クリーム」として人気が高まっている。その秘密は日本で唯一の効果「皮膚水分保持能の改善」が認められた「ライスパワーNo.11」を配合しているから!

 

繰り返す肌トラブルの悩み…大切なのは肌の水分保持力を高めること!

そもそもカサつきや肌荒れなどのトラブルはなぜ起きるのか。
健康な肌の場合、皮脂膜でコーティングされたみずみずしい角質層がバリアとなり、異物の侵入を防いでくれる。しかし肌が乾いた状態が続くと、角質層が破壊されてバリア機能が失われる。

肌のが十分に潤っていないと肌トラブルの原因に

 

肌がバリアをはるほど潤っていないと、刺激に対して無防備になるので、肌トラブルが起きやすくなると言われている。
つまり慢性的なカサつきや肌荒れは、この皮膚のバリア機能が低下が原因だと考えられる。

肌が十分潤っていることで外的乾燥から肌を守るように!

アトピスマイルに含まれる「ライスパワーNo.11」は、肌自らが潤いを保つために必要なセラミドへ働きかけ、肌本来のバリア機能をサポートしてくれる。それによって水分の蒸発を防いで乾燥しにくく、外側から外的刺激の侵入しにくい、健やかな状態へ導くのだ。

 

使い続けるうちにトラブルが起きにくい本来の肌へ導いてくれるなんて魅力的。
では、実際に使用感をレポート!

 

使い心地は? 潤いは? 実際に『アトピスマイルクリーム』を使ってみた!

IMG_6752

さらっとした肌触りに仕上がったので、子どももご機嫌で使ってくれた

中身は真っ白なクリームで、見た目はよく見かける保湿クリームと変わらない。においは、無香料で『アトピスマイルクリーム』を詳しく知っていればわかるが、ほんのりとお米由来の香りを感じ、抵抗なく塗ることができる。

顔全体や皮膚が薄い目元・口元にも使用できる

子どもはいつでも何でもベタベタ触ってしまうので、塗った手で触ったおもちゃを口に入れないか心配だったが、皮膚になじむまでの時間もあっという間。たっぷりと手に塗っても、すぐに肌に馴染んでさらさらしてくるので気兼ねなく物に触れた。

子どもに塗るついでにと自分も試してみたが、さらっとしているのに皮膚の内部にはもっちりと潤いがあるのが実感できる。特に指の節や手の甲は特に効果を実感した部分。今回試した限りでは、カサつきがあっても違和感はまったく感じなかった。

 

肌トラブルに悩む人やそのご家族に『アトピスマイルクリーム』!

IMG_6818

勇心酒造株式会社『アトピスマイルクリーム<50g>(薬用No.11クリームAC)』(医薬部外品)は、これまで25g税込2,750円(送料無料)だったのが、なんと50gで初回限定税込2,750円(送料無料)と、お値段そのままで容量アップ!

初回限定一世帯1回に限りのお申し込みだが、50gあれば全身たっぷり使えるのでこの価格はかなりお得。

2回目以降も10%オフの税込4,455円で購入でき、「○回以上続けなければならない」などの制限もない。

肌トラブルを抱える子どもや家族、または自分にも、一度試してみる価値ありだ。

同シリーズ品には、アトピスマイル薬用入浴液アトピスマイル透明石けんアトピスマイル薬用ボディローションなども揃う。  

 

詳しくは『アトピスマイルクリーム』公式サイトにアクセスしてほしい。

 

オススメ度:(絶対におすすめ)
公式サイト:『アトピスマイル』シリーズ公式サイト

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

椿 景子

30代女性。年間1000点以上の菓子・ドリンク類を試食するスペシャリスト。兵庫県出身、マンション暮らし。

この記者の記事一覧

トラックバック