【給食の味】『ミルメークコーヒーキャンディ』が懐かしおいしい!【昭和味】

昭和世代の給食で熱狂的に好かれた味

 

授業の内容は忘れても、給食のメニューを覚えている人は多いのではないだろうか。牛乳に混ぜるだけで、甘くて美味しいコーヒー牛乳ができる、学校給食でおなじみ「ミルメーク」が流行りのミニキャンディになった!学校給食のお楽しみ、懐かしの『ミルメークコーヒーキャンディ』を味わってみよう。

 

給食の牛乳をおいしくする「ミルメーク」ってなんだっけ?

給食に自分なりのアイドルを持っている人は多いはず。例えば記者なら、コッペパンや冷凍パイン。ソフト麺、そして牛乳を更に美味しく変える「ミルメーク」その名を聞いて懐かしい!と思う人も多いだろうが、人や地域によって認知度は変わってくるようだ。

全国の学校給食で親しまれている「ミルメーク」は、昭和40年代初めに発売された粉末のコーヒー牛乳の素のこと。子供たちが牛乳を残さずに、美味しく飲めるようにと開発された。以来、日本全国の小学校、中学校の給食でたちまち人気になり、現在フレーバーは8種類もあるのだとか。記者はコーヒーといちごしか知らなかったが、そんなに展開されていたとは…。

 

その懐かしい「ミルメーク」を、持ち運び便利な流行りのミニキャンディにしたのが、昭和12年創業以来キャンディ造り一筋の加藤製菓株式会社(愛知県あま市)だ。伝統の技で作り出す、のど飴や塩飴などスタンダードなものから、新しい味に挑戦した「塩とまと飴」や「ショコラオランジュ」など、様々な飴を作り続けている。

 

そんなキャンディの老舗が開発した『ミルメークコーヒーキャンディ』(1袋21g・都内ファミリーマートにて実勢価格 税込138円で購入・発売中)は、「ミルメーク」の生みの親である大島食品工業株式会社(愛知県名古屋市)が監修するという、超強力タッグで誕生した。

 

あの日あの時の思い出の味が、手のひらサイズでミニキャンディになって、手軽に持ち運べる。ドキドキしながら、早速チェックしてみよう!

 

甘くて、ほんのりコーヒーで! 童心に帰る『ミルメークコーヒーキャンディ』

パッケージには、陽気な雰囲気の牛の絵が。こんなにカラフルだったか、記憶は曖昧だ。調べてみると、どうやら家庭用の大袋のようだ。記者が知るのは、一色で印刷されたシンプルなもので、小分けされているパッケージ。
 
 
出してみるとベージュ色の、小ぶりなキャンディだ。わずかだが、ミルクの甘い香りがする。

1袋には、大人にも子供にも嬉しい栄養素、カルシウム29.8mgと、ビタミンC6.5mgが配合されている。
 
 
口に入れると、ややコーヒー風味の甘い味。結構さらりとしている。懐かしいが、こんなにさらっとしていたっけ? そそしてこんなに甘めだったかな? と意外と記憶は曖昧だ。しかし、そうそう、この味! と思わないでもない。駄菓子系の甘い味で、子供が好きそうだ。

よくある濃厚なミルクやクリーム系とは一味違う。ほんのりとしたコーヒーの風味で、さらりとしているのでクドさはない。少々甘めだが、昔懐かしい甘い思い出に、浸ってみてはいかがだろう!

『ミルメークコーヒーキャンディ』の入手は、コンビニなどから可能。詳細については公式サイトを確認してみて欲しい!

 

あわせて読みたい: 【10種一挙食べ比べ】コンビニで買える手のひらサイズのかわいいミニキャンディ大集合!

あわせて読みたい: パン屋さんでしか買えない!? 『パン好きの牛乳』『パン好きのカフェオレ』をパンと一緒に味わった

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック