自宅でサロン級のフェイスケア! 肌を引き締めて毛穴や小じわを即効ケアできると噂の『ダーマワンド』を体験!

 

スキンケアで毛穴の開きや小じわをケアしようと思うと、どうしても時間がかかってしまうもの。もっと素早く効果を実感したい! という方におすすめなのが、『DermaWand(ダーマワンド)』。無線周波数技術を使い、ゆるい肌を引き締めながらハリをもたらし、小じわや、毛穴を目立たなくしてくれるという。即効性がありながら手頃な価格&痛みがないことから世界中で300万台以上が販売されたというその実力を、実際に使って確かめてみた!

 

『DermaWand(ダーマワンド)』は小じわや毛穴を目に見えて減らしてくれる画期的な美顔器

株式会社ミリオンハピネス(東京都港区)が取り扱う『DermaWand(ダーマワンド)』(16.2g・希望小売価格 税抜19,800円・発売中)は、世界中で300万台以上の販売台数を誇る美顔器。自宅にいながら手軽にサロン級のフェイスケアが実感できると人気のアイテムだ。

その特長は、穏やかな微小電流と無線周波数技術によって目に見えて肌を引き締めながら、小じわやしわを減らしてくれること。またラジオ波によるマッサージ効果により、肌にハリが出て、目の周りなどの腫れぼったさも軽減。開いた毛穴や肌の凹凸を最小限に抑えてくれるという。

そして新鮮な血液、酸素、栄養素を肌の表面に運ぶことで、循環を改善してくれる効果もあるそう。

家庭用の美顔器で本当にそんなことが可能なのかと疑問に思ってしまうが、実際にサロンなどでも使われている技術を使用しているため、その効果には大きな期待ができる。

 

痛みや刺激がないので安心・安全! ハリのある引き締まった肌を実感

気になる『DermaWand』の使用感とその効果をさっそく試してみよう。

片手で持つのにちょうどいい大きさ。重さも気にならない。

後方に調整ダイヤルがついており、ここで1~9段階まで自分の好みの刺激を調整できる。最初はダイヤルを3にして使っていこう。

使用するタイミングは朝と夜の1日2回。洗顔後、スキンローション等を顔全体に塗ってから、安全キャップを取り外して使用。顔と首全体を3分間マッサージした後、気になる部分に個別に使用するのがおすすめとのこと。

しっかりクリームなどを塗ることで滑りが良くなる。

肌に先端部のバルブをつけると、オレンジ色の光を発しながらヂヂヂ…と音が鳴るものの、特に痛みや刺激などは感じないし、熱さも感じなかった。

音が鳴らなければ、本当に微小電流が流れているのかわからないくらいだ。ちなみにあごに使う際は、下あごの中心からあごのラインに沿って、耳たぶの下まで軽く押し上げるようにして動かす。

左右片方ずつ、それぞれ30~45秒行うのが目安だ。

続いてしわやたるみの気になる口元にも使ってみた。

あごの先の中心から唇の横の肌の上までジグザグに動かす。片方ずつ、それぞれ30秒行うのが目安。ほうれい線部分も片方ずつ、下から上までジグザグに動かしてそれぞれ30~40秒マッサージしていこう。

頬は鼻の下から耳の上部の高さまで、頬の上をくるくる円を描きながら動かす。片方30秒ずつが目安だ。

小じわが気になる目の下は、目頭の下から目尻に向かってすべらせるように動かす。片方ずつ30~40秒が目安で、ここは調節ダイヤルを3以上にしないよう注意して!

敏感な目の下に使ってみても、痛みなどの刺激はなく安心して使えた。

眉毛周辺は眉頭上部から髪の生え際までゆっくりすべらせるように動かしていく。眉頭から眉毛の中心まで繰り返した後、眉尻上部から生え際まで同様に動かすと、たるみで下がった眉毛も上がった!

実際に顔全体に試してみた結果、肌が引き締まり、ピンとハリ感が増したことを実感できた。スキンケアクリームなどよりも即効性を感じられるため、効果をより早く実感したい方におすすめだ。

毎日継続して続けることで、効果をさらにしっかり実感できる。

 

自宅でサロン級のフェイスケアができる『DermaWand』

サロンへ通う時間がない方でも、これなら自宅で手軽にサロン級のフェイスケアができるため便利!

なお持ち運びや収納に便利な専用ケースもついている。淡いピンクでかわいいのも嬉しい。

 

『DermaWand』は、Amazonや公式サイトから購入可能だ。

自分へのご褒美や親、友達などへのクリスマスプレゼントにもおすすめ!

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

ワタナベシオリ

千葉県出身。編集・ライター歴10年以上。求人広告のライターや女性向けWebメディアの編集者などを経て、フリーライターに。 猫と北欧が好き。食べ物やコスメ、ファッションはナチュラル派。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック