低代謝体質が気になり出したら、味の素㈱の『カプシEX』。年齢とともに低下する基礎代謝を細胞※から目覚めさせるカプシノイドとは?

年齢のせいとあきらめる、その前に!

※基礎代謝を高める働きがある、”褐色脂肪細胞”を活性化する機能のこと

10代をピークに減っていくのが、基礎代謝量。基礎代謝はいわば体を動かすエンジンのようなもので、そのチカラが低下すると、様々な健康不安に繋がってしまうことも。食を中心に健康までを幅広くサポートする味の素㈱によるカプシEXは、そんな基礎代謝の向上をサポートする機能性表示食品/サプリメントだ。

 

【届出表示】本品にはカプシノイドが含まれるので、基礎代謝の向上をサポートする機能があります。加齢や活動量等の減少により基礎代謝の低下が気になる方にお勧めです。

 

食品から医・健康まで幅広く展開する味の素㈱が、低代謝にアプローチするために選んだ”カプシノイド”

最近代謝が落ちてきた?

基礎代謝とは、呼吸をしたり、血液を身体に巡らせたり、内臓や脳を動かすなど、人間の生命活動を支えるために最低限消費しているエネルギーのこと。しかしこの基礎代謝は10代をピークに下がっていってしまう。10代の頃にやたらと満ちあふれていた元気・健康に対する自信は、こうした若い頃の基礎代謝がベースにあったからかも…。

こうした年齢とともに減少していく基礎代謝量が様々な健康不安の原因にも…

 

この基礎代謝が問題になるのは、1日の消費エネルギーの約60〜70%という大きな割合を占めているから。生命活動のため消費するエネルギー量が減っていってしまうと、様々な健康不安の原因に繋がってしまうことも。単純に最近元気がないなと思ったら、まずそうした基礎代謝が落ちているせいかもしれない…。

代謝を上げようと運動してみるものの…

そこで食と健康を100年以上研究してきた味の素㈱が、基礎代謝にアプローチできないかと注目したのがカプシノイドという成分。なんとエネルギーを消費する細胞にアプローチして、基礎代謝を向上させる成分だという。

細胞レベルから変えて基礎代謝を向上

※基礎代謝を高める働きがある、”褐色脂肪細胞”を活性化する機能のこと

味の素㈱が、まず注目したのが”褐色脂肪細胞”だ。脂肪というと貯め込んだ贅肉を思い浮かべてしまうが、それは白色脂肪細胞と呼ばれるもの。”褐色脂肪細胞”は逆に、エネルギーを消費するための脂肪のこと。

 

その”褐色脂肪細胞”を活発化させることができれば、人間の基礎代謝をアップすることができる。様々な研究の結果、味の素㈱がたどり着いたのが、“カプシノイド”。トウガラシから抽出される”カプシノイド“という希少成分が、褐色脂肪細胞を活性化することを、味の素㈱は突き止めた。

エネルギー代謝量が増加!

カプシノイド摂取で”褐色脂肪細胞”の活性が増加!

カプシノイドの摂取で”褐色脂肪細胞”を目覚めさせ、活性化したことがわかる。また、別の試験では継続摂取することによって、”褐色脂肪細胞”を維持する役目も果たしてくれることが確認されている。

カプシノイドで活性化した”BAT=褐色脂肪細胞”。肩甲骨付近で増加しているのがよくわかる

 

基礎代謝の向上はデータで実証済! 機能性表示食品『カプシEX』

 

そのカプシノイドを主成分とした機能性表示食品が『カプシEX』。口に入れるものだけあって、安全性が非常に気になる。その点では味の素㈱独自の厳しい品質管理基準で、原料の栽培、成分抽出、製品化までを管理しているので安心だ。またカプシノイドの機能性はヒト試験で実証済み。そして基礎代謝の向上は機能性表示食品として消費者庁に届出済だ。

カプシEX』のカプセルは植物性、透明感のある淡黄色がきれいな粒は小粒で飲みやすく、1日量目安の2粒も、水と一緒に簡単に飲むことができる。これといったニオイもないので、日々の習慣にしやすいのが特徴だ。

 

500円(送料・税込)※で手に入るおためしキャンペーン!(初めての方・1世帯1個限り)

基礎代謝が衰えてきたなと感じる局面が多い人におすすめしたいのが、この『カプシEX』。約30日分で通常価格が税込2,052円とは、続けやすいうれしい価格設定だ。しかもメーカーはあの味の素株式会社。さらに、初めての人限定、一世帯1回限りで約30日分が500円(送料・税込)※となり、1日あたり約17円で始められる。いつまでも健康な代謝を続けるために、早めに試したい!

※60粒入り袋(約30日分)が400円(税込)、送料が100円(税込)で合計500円(税込)です。 

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

塩田和夫

塩田和夫

東京都在住、WEBライター。フラットな視点が持ち味。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎