手間暇かけて作られた『kahogo soap』で、心と肌を癒しながらアートの刺激を楽しめる!

アート作品と上質な石鹸が一度に楽しめる!

 

商品のパッケージに一目ぼれして“パケ買い”してしまった経験を持つ方は少なくないだろう。とはいえ、どんなに心ひかれるデザインに出会っても、中身にはイマイチ満足できなかったり、誰がデザインしたのかを知らずに過ごしたりしてしまうことが多いのではないだろうか。今回ご紹介する『kahogo soap(カホゴソープ)はプロアマ問わず多くのクリエイターが参加した“映えるパッケージから選ぶ楽しさがあり、“パケ買い”だとしても満足感が得られる。その上中身も「枠練り石鹸」という高品質。そんな『kahogo soap』について詳しく紹介していきたい。

 

熟練の職人による枠練り製法でつくる特別な石鹸

化粧品企画発売などを行うボルゴ・トレード株式会社(東京都練馬区)から発売中の『kahogo soap』(80g・税込1,980円・発売中)は、自然の恵みをたっぷり含んだ枠練り石鹸。

「枠練り石鹸」とは、ベース作りから型抜き、乾燥などを何度も行い仕上げまで90日間かけて、石鹸を作る製法。ひとつひとつ丁寧にみがき、キズひとつない見た目にも美しい石鹸に仕上げる。

これは、機械による大量生産ではなく熟練の職人による枠練り製法だからこそできる品質で、石鹸の成分以外に美容成分を多く配合することができるのだそう。『kahogo soap』には、オリーブ果実油やローズマリー葉エキス、ヒアルロン酸Naといった成分をはじめ、様々な植物エキスが豊富に配合されている。

箱を開けると、複数のハーブがブレンドされたような繊細な香りが優しく広がる。そして、特に目をひくのがパッケージのデザインだ。

kahogo originalと柴 愛実さんのデザインパッケージ

じつは、『kahogo soap』の特徴は、石鹸のクオリティだけでなく、そのパッケージにも隠されている。販売元のボルゴ・トレードは、石鹸のパッケージ(天面)をキャンパスとしてクリエイターに提供し、webギャラリーや直営店舗でクリエイターのプロフィールを含めて広く紹介する「kahogo project」を展開している。

第1弾のデザイン発表ではプロアマを問わず20名のクリエイターとコラボ、ブランドロゴを合わせた21種を発売し大変な好評を博した。そして嬉しいことに、第2弾も進行中だという。

kahogo soapパッケージギャラリー

『kahogo soap』の直営店「リルワゴン」では、写真のように陳列されており、まるでギャラリーのような雰囲気。

情報化社会が進み、誰もが発信者、表現者を名乗ることができる時代にある中、豊かな才能を持ったクリエイターが埋もれることなく、多くの人の目に触れ、評価を受けることができる。また、クリエイターがリスクを負わず、自分の作品が商品として世の中に出回るというメリットもある、とても画期的なプロジェクトだといえる。

 

泡立ち豊かで洗いあがりはしっとり!じっくり作られた「肌を育てる石鹸」

続いて、肝心の石鹸の使い心地を検証していこう。

ずっしりと大きめの石鹸

手に取ると思いのほか大きめで、存在感がある。水分を加えて泡立ててみると、豊かできめ細やかな泡が作れた。汚れの落ちがいいのに、洗いあがりはとてもしっとり。これひとつで顔も身体も洗える。

泡立ちはきめ細やかでもっちり

うるおい成分がたっぷり含まれているので、時間が経ってもつっぱらず、肌質問わず使えそうだ。90日間じっくり時間をかけて作り上げた石鹸は、自然の恵みをそのままギュッと固めたような仕上がりになっている。しかも、お風呂場に置いておいても溶けにくい処方なのが嬉しい。

お風呂場で溶けにくいのも枠練り石鹸ならではの嬉しいポイント

 

パッケージは捨てずに活用!ケースはアレンジ自在!

ちなみに、石鹸を取り出した後のケースの使い方は自由自在。

作品の印刷されている天面は2枚構造になっており、手で簡単に外すことができる。「Kahogo.」と印刷された面がいずれの商品にもついているため、アートが印刷された面だけ外してフレームに入れたり、壁掛けディスプレイしたりするのもかわいい。

また、ケース自体も、綿棒入れ・スポンジを入れてアクセサリー入れ・ポプリ入れなどとして、しっかりと活用できる。内側にほんのりと石鹸の香りが付いており、癒される。

記者の子どもが「その箱ちょうだい」と駄々をこねるので譲ったのだが、アートデザインが施された容器を開けみるとどんぐりが詰まっていて、なんとも言えないようなほっこりした気持ちになった。

晩秋は、「芸術に触れたい」という欲求がうずきだす季節。また、肌の乾燥も少しずつ気になってくる時期だ。そんな季節の変わり目には『kahogo soap』が心豊かな夜長を提供してくれること間違いなしだ。「肌もクリエイターも大切に育てて行こう」という気概が感じられる良質な石鹸を試すべく、お気に入りのパッケージを探してみてはいかがだろうか。

直営店の下北沢「リルワゴン」や、公式ネットショップで販売中。

下北沢「リルワゴン」は香水、サロン専売品・歯科専売品を取り扱う雑貨店で、kahogo soapの実物も見ることができるので、こちらもチェックしてみて。

 

kahogo soap公式サイトはこちら

リルワゴン公式SNS:FacebookTwitterInstagram

リルワゴン所在地:〒155-0031 東京都世田谷区北沢2丁目12−2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清見 なみ

フィットネスや美容の記事を数多く執筆しているライター。小学生の頃からドラッグストアコスメが大好きで、偏愛歴は長い。

この記者の記事一覧

photo by 尹哲郎

トラックバック