毎日使うからこそキレイをキープしたい!『システムガスマットFlat!』でコンロ周りのお悩み解決!

もうコンロのコゲつき、ベタつきには悩まない!

 

コンロ天板のお掃除後の清潔感をキープしたい。油を使った調理をよくするから後片付けが大変。キッチンをゴチャゴチャさせたくない…そんなガスコンロ周りのお悩みに、使い捨て出来て汚れを防げる『システムガスマットFlat!』を使ってみよう。

 

お手入れが楽になれば、コンロの汚れにイライラしなくなるはず!

東洋アルミエコープロダクツ株式会社(大阪府大阪市)が発売する『システムガスマットFlat!』は、コンロ周りのコゲつき、ふきこぼれ、べたべた対策など、キッチン周りの綺麗をキープしてくれるアイテム。コンロにぴったりとフィットするから取り付けも簡単。コンロの全面を汚れからガードしてくれる。いつものお手入れが楽になること間違いなし!

今回使うのは『幅60cm用システムガスマットFlat! シックブラック 』(2枚入・税込521円)

適合サイズが書かれているので、確認してから使おう。

タテ42.5cm×ヨコ60.4cm

シートにはあらかじめ、3口の穴が開いている。

材質は、表面加工アルミニウムはく・不燃紙・アルミニウムはく。お好みでシルバー面を上にして取り付ける事も可能だが、汚れが拭き取りやすい表面加工は施してあるのは、ブラック面のみ。

プラスチック製ナイフが付属しているので、これでサイズを調整していく。

 

取り付け簡単!このひと手間で汚れを防げるのがいい!

ビルトインガスコンロ用(個別ごとくタイプ)60㎝幅 汁受け皿なし

まずは、ごとくを取り外して、天板の汚れを拭き取っておこう。

コンロ天板の上にシートをのせる。

バーナーリングに重なっている部分を指でなぞって型をつけた後、プラスチック製ナイフでバーナーリングに添って製品を切り取っていく。ハサミを使ってももちろんOK。

ごとくを元の位置に戻して、上からしっかりと押さえる。

端の部分は、コンロのフチに沿わせるように折っておこう。

シートの取り付けが完成!特に粘着面などはないので、シートをごとくで押さえているだけではあるが問題なく使える。

拭き取りやすい表面加工が施されているから、汚れを落とすのも楽々。熱に強い素材なので耐熱温度は約660℃(アルミニウムはくが溶ける温度)まで大丈夫。ガスの炎が直接触れると、燃えたり、溶けたりするので注意を。また、製品表面を金属たわしや合成洗剤、クレンザー、洗剤付きウェットティッシュ等を使用して拭いたりすると、加工面が変色したりはがれることがあるので注意しよう。

その他に、2口ガステーブル用『レンジトップカバーFlat! シックブラック』、2口ガステーブル用で隙間まで全面ガードしてくれる『レンジトップカバーFlat! PLUS シックブラック』、ビルトイン3口幅75㎝タイプ『幅75cm用システムガスマットFlat! シックブラック』がある。それぞれの家庭にあるタイプに合わせて選んでみて。

2枚入りなので、シートの汚れや傷みが気になってきたら、サッと取り換えられるのも便利。揚げ物や焼き物での油の飛び跳ねが気になる時や、年末年始の大掃除にも。コンロの掃除の仕上げは、次の汚れ防ぐところまでやっていこう。メーカー直営オンラインショップをはじめ、全国のホームセンターなどで購入出来る。

家の機器に合うのがどれか迷う方はこちら

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

蘭 よう子

蘭 よう子

商品開発やレシピ開発に携わる。ライター歴14年。カメラマンも兼任。アートワークや料理が得意。文具やアート、デザインの分野にてインストラクター経験もある。千葉県出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎・蘭 よう子

トラックバック